日常的に使うアプリ
作成したアプリを進化させることで、複雑な課題も解決できます。
効果的なオンボーディング フローを作成

Firebase Authentication で、すばやく直感的なログイン処理を提供。ユーザーは Facebook、Twitter、Google、または Github のアカウントでアプリにログインできます。処理には 5 分とかかりません。

オンボーディング フローの各ステップを追跡して、ユーザー体験を改善。Firebase Analytics を使えばオンボーディング フローのステップごとにイベントを記録し、目標到達プロセスを作成してユーザーの離脱箇所を確認できます。改善点がわかったら Remote Config でアプリに変更を加え、コンバージョンへの影響をチェックしましょう。

gmp_analytics
Analytics
gmp_config
Remote Config
gmp_auth
認証

ユーザー定着率は、通常のユーザーよりもオンボーディング フローをカスタマイズしたユーザーの方が 2 倍高いことがわかりました。さらに、カスタマイズしたオンボーディング画面の導入にかかった日数はたったの 1 日でした。 —Sami Ben Hassine 氏、The Fabulous 社、共同設立者兼 CEO

端末間のユーザー ジャーニーをフォロー

今やユーザーは当たり前のように複数の端末でアプリを使用します。たとえば 1 人のユーザーがモバイル端末でアプリを確認し、その後ノートパソコンでアクセスして、さらにタブレットでもう一度見ることもありますが、こうしたアクティビティは基本分析では 3 人の異なるユーザーと解釈され、チャーンレート増加の原因となります。

ユーザーの情報を端末をまたいで詳細に把握。Firebase Analytics では、モバイルアプリのデータ(iOS と Android)を BigQuery にエクスポートし、UserID で検索することで、アプリのエンゲージメントを複数のチャネルや端末をまたいで確認し、全体像を把握できます。

gmp_analytics
Analytics
BigQuery
新機能を段階的に公開

リスクを最小限に抑えて新機能をリリース。新機能をリリースする最も良い方法は、まず少数のユーザーを対象に動作テストと反応のチェックをすることです。問題がなければ、他のユーザーにも公開します。なんらかの理由で機能を停止しなければならなくなっても、新しいアプリを公開してユーザーが更新するのを待つ必要はありません。

少数のユーザーを対象にテストを実施。まず、Firebase Analytics と Remote Config を使用して、新機能のテスターとするユーザー グループを選びます。次に、Notifications でそのユーザーに招待を送付します。テストの結果は Firebase Analytics で追跡し、Crash Reporting を使用して安定性を確認します。問題がなければ、他のすべてのユーザーに公開します。修正が必要なら、Firebase console から瞬時にロールバックできます。

gmp_analytics
Analytics
gmp_config
Remote Config
gmp_cloud_messaging
Cloud Messaging
gmp_crash
Crash Reporting

Firebase のテスト機能のおかげで、日々のユーザー エンゲージメントを 5% 向上させることができました。 —Maxime Blanc-Strauss 氏、Onefootball 社、製品担当責任者

「おかえりなさい」画面をカスタマイズ

カスタマイズで個々のユーザーに最適な体験を提供。ユーザーの使用履歴、場所、言語に基づいて初期画面をカスタマイズし、アプリを起動したユーザーに嬉しい驚きを提供しましょう。

ユーザー行動などの Analytics の変数に基づいてユーザーを定義。Firebase Remote Config を使用すれば、定義された個々のユーザーに合ったコンテンツを表示します。コンテンツやカスタム オーディエンスは、アプリ自体を更新することなく、Firebase console から直接制御できます。

gmp_analytics
Analytics
gmp_config
Remote Config
アプリにチャット機能を追加

アプリを終了せずにユーザー同士でチャット。アプリ内チャットは、エンゲージメントを向上させる効果的な方法です。ただし、ユーザーが使いやすいチャット機能の実装は必ずしも簡単ではありません。

Firebase Realtime Database で数百万人のユーザーのチャット メッセージを同期。Firebase Authentication でシームレスに認証を行い、Realtime Database でチャットルームを設定します。チャット メッセージはすべてのユーザーの端末でリアルタイムに表示されます。Firebase Cloud Messaging で通知を送信すれば、別のアプリを使用していても新しいメッセージを受信できます。

gmp_database
Realtime Database
gmp_cloud_messaging
Cloud Messaging
gmp_auth
認証
ユーザー行動に基づいて広告を最適化

ユーザーごとに異なる柔軟な収益化戦略。ユーザー属性や行動に基づいてカスタムのオーディエンス リストを作成し、購入見込みの低いユーザーと高いユーザーに分けます。Firebase プロジェクトと AdMob を連携させれば、個々のユーザーの価値を可視化できます。

ユーザーに合わせた適切な広告表示。カスタマイズしたオーディエンス リストと Firebase Remote Config を組み合わせると、提供アプリ内で表示する広告の量を調整できます。Firebase プロジェクトを AdMob と連係させれば、個人向けにカスタマイズした広告エクスペリエンスがオーディエンスのライフタイム バリューに与える影響を測定できます。

gmp_analytics
Analytics
gmp_config
Remote Config
gmp_admob
AdMob

Firebase によって、エンジニアはキャンペーン インフラストラクチャの管理から完全に解放され、チームの作業効率やキャンペーンの実績が向上しました。これは当社にとって大きな収穫です。 —Eran Orlev 氏、Playbuzz 社、モバイル製品担当責任者

ユーザーが写真の共有やサイズ変更をできるようにする

ピアツーピアの共有でアプリのエンゲージメントを強化。Firebase Storage を使ってユーザーの写真をクラウドで安全に保管し、ファイルパスを Realtime Database に記録すれば、ユーザー同士での写真の共有が可能です。

意図したユーザーのみに写真の表示を許可。Firebase のセキュリティ ルールは Realtime Database と連係しているため、写真は共有相手のユーザーのみが表示できます。

アップロードされた画像のサイズを自動的に変更。Firebase Cloud Functions では元画像のディテールを保ったままサイズが調整されるので、ユーザーは重いオリジナル サイズの写真をダウンロードする必要はありません。Cloud Functions は Google Cloud Platform 上で実行されるため、サーバーの管理は不要です。

gmp_storage
ストレージ
gmp_database
Realtime Database
gmp_functions
Cloud Functions
サーバーを使用せずに、サードパーティの支払いを処理

アプリ内購入でユーザーが期待するのは、スピードと安全性。複雑な手順を省いて支払い処理を完了できるサードパーティのサービスは数多く存在します。Firebase ではそれらの支払い API を安全に呼び出せるため、支払いをさらに効率化できます。しかも、自前のサーバーを立てる必要はありません。

ユーザーの支払い処理を瞬時に完了。ユーザーがアプリの支払い画面に遷移したら、アプリでそのユーザーの最新の支払情報を収集し、Firebase Cloud Functions に渡します。続いて、HTTPS 経由でサードパーティの支払い API にリクエストを送信し、注文を Realtime Database に書き込んで、処理が完了したらユーザーに確認メッセージを送信します。すべての処理はセキュリティで保護され、サーバーの管理も必要ありません。

gmp_database
Realtime Database
gmp_functions
Firebase Cloud Functions
Google のすぐに使える優れたツールをご確認ください。
プロダクトを表示

フィードバックを送信...