App Indexing SDK を追加する

CocoaPods を使用する

App Indexing では、CocoaPods を使用して依存関係のインストールと管理を行います。 CocoaPods をインストールする方法についてはこちらをご覧ください

CocoaPods を初めて使用する場合は、ターミナル ウィンドウを開いてアプリの Xcode プロジェクトの場所に移動し、次のコマンドを実行します。

pod init

既に CocoaPods を使用している場合は、次のコマンドを実行して、必ず最新バージョンを使用するようにします。

sudo gem update cocoapods

App Indexing を追加する

Podfile に次の行を追加します。

pod 'Firebase/AppIndexing'

このステートメントによって CocoaPods レポジトリから App Indexing の依存関係が取り出されます。

保存してインストールする

pod install

最初にこのコマンドを実行すると、App Indexing 用に設定するアプリケーションの .xcworkspace ファイルが作成されます。その後のすべてのプロジェクト開発でこのファイルを使用します。また、このコマンドはワークスペースを更新する際に繰り返し使用します。

FirebaseAppIndexing をインポートする

新しいワークスペースから Firebase モジュールを AppDelegate クラスにインポートします。

@import Firebase;

システムにアプリを登録する

application:didFinishLaunchingWithOptions: メソッドで registerApp: メソッドを呼び出します。

[[FIRAppIndexing sharedInstance] registerApp:your Apple ID from iTunes Connect];
  

これで設定は完了です。関連付けファイルで指定した URL を Google のクローラが検出すると、アプリの既存の HTTP URL または新規の HTTP URL が自動的にインデックス登録されるようになります。

次の手順: 実装状況を確認する

フィードバックを送信...