Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Firebase の事前定義ロール

Firebase の事前定義ロールは、基本ロール(旧称「基本(primitive)ロール」)よりも詳細にアクセス権を制御できる、Firebase に固有のキュレートされたロールです。各メンバーに複数のロールを割り当てることができます。

事前定義ロールを使用すると、さまざまなアクセスレベル(管理者または閲覧者)とアクセスの範囲(個々のプロダクトとプロダクト グループ)を付与できます。

  • Firebase レベルのロール: すべての Firebase プロダクトに対する完全な読み取り / 書き込みアクセスまたは読み取り専用アクセスを付与するロール。
    Firebase コンソールを使用して、Firebase レベルのロールを割り当てることができます。

  • プロダクト カテゴリのロール: プロダクト グループへの完全な読み取り / 書き込みアクセスまたは読み取り専用アクセスを付与するロール。これらは Google アナリティクスや一般的なプロダクト カテゴリを中心に構成されています。
    Firebase コンソールを使用して、Firebase のプロダクト カテゴリのロールを割り当てることができます。

  • プロダクト レベルのロール: 特定の Firebase プロダクトへの完全な読み取り / 書き込みアクセスまたは読み取り専用アクセスを付与するロール。
    Firebase プロダクト レベルのロールは、Google Cloud Console を使用して割り当てることができます。

必要に応じて、事前定義ロールに以下の権限が自動的に含まれる場合があります。