Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

iOS プロジェクトで AdMob を使ってみる

このクイックスタート ガイドは、Firebase で構築されたアプリを収益化するために AdMob を使用するパブリッシャーおよびデベロッパーを対象としています。Firebase をアプリに組み込む予定がない場合は、スタンドアロンの AdMob ガイドをご覧ください。

AdMob、Firebase、Google アナリティクスを併用するメリットについては、こちらをご覧ください。

始める前に

  • Firebase プロジェクトと Firebase アプリがまだない場合は、Firebase スタートガイドの iOS プロジェクトに Firebase を追加するをご覧ください。

  • Firebase プロジェクトで Google アナリティクスが有効になっていることを確認します。

    • 新しい Firebase プロジェクトを作成する場合は、プロジェクトの作成ワークフロー中に Google アナリティクスを有効にします。

    • Google アナリティクスが有効になっていない既存の Firebase プロジェクトがある場合は、 > [プロジェクトの設定] の [統合] タブで Google アナリティクスを有効にできます。

      2019 年 7 月 31 日より前に作成された Firebase プロジェクトに関しても、[統合] タブから Google アナリティクスのすべての機能を利用できるようにアップグレードできます。このアップグレードは任意ですが、行うことをおすすめします。

ステップ 1: AdMob アカウントでアプリを設定する

  1. アプリを AdMob アプリとして登録します。

    1. AdMob アカウントにログインまたは登録します。

    2. AdMob にアプリを登録します。この手順では、ガイドの後半で必要になる固有の AdMob アプリ ID を使用して、AdMob アプリを作成します。

    Mobile Ads SDK をアプリに追加するよう求められます。このタスクの詳細な手順については、このガイドの後半をご覧ください。

  2. AdMob アプリを Firebase アプリにリンクします。

    このステップは省略可能ですが、行っていただくことを強くおすすめします。ユーザーに関する指標を有効にし、AdMob アプリを Firebase にリンクするメリットについては、こちらをご確認ください。

    AdMob アカウントの [アプリ] ダッシュボードで次の 2 つのステップを行います。

    1. ユーザーに関する指標を有効にして、AdMob が AdMob アカウントのキュレートされた分析データを処理、表示できるようにします。また、AdMob アプリを Firebase にリンクするために必須の設定でもあります。

    2. 既存の Firebase プロジェクトと Firebase アプリに AdMob アプリをリンクします。

      Firebase アプリに入力したものと同じバンドル ID を入力してください。Firebase アプリのバンドル ID は、 > [プロジェクト設定] の [アプリ] カードで確認できます。

ステップ 2: AdMob アプリ ID を Info.plist ファイルに追加する

アプリの Info.plist ファイルに、GADApplicationIdentifier キーと AdMob App ID の文字列値を追加します。

この変更は、次のようにプログラムで行うことができます。

<!-- Sample AdMob App ID: ca-app-pub-3940256099942544~1458002511 -->
<key>GADApplicationIdentifier</key>
<string>ADMOB_APP_ID</string>

または、プロパティ リストエディタで編集することもできます。

プロパティ リストエディタ

ステップ 3: Mobile Ads SDK を追加して初期化する

  1. Google Mobile Ads SDK の依存関係をプロジェクトの Podfile に追加します。

    pod 'Google-Mobile-Ads-SDK'
    
  2. 広告を読み込む前に、GADMobileAds.sharedInstancestartWithCompletionHandler: メソッドを呼び出します。

    この呼び出しは SDK を初期化し、初期化の完了後(または 30 秒のタイムアウト後)に完了ハンドラをコールバックします。このメソッドの呼び出しはできるだけ早い段階で 1 度だけ行います。できればアプリの起動時、かつ Firebase の初期化後に呼び出してください。

    AppDelegatestartWithCompletionHandler: メソッドを呼び出す方法の例を次に示します。

    Swift

    import Firebase
    import GoogleMobileAds
    ...
    
    @UIApplicationMain
    class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate {
    
      var window: UIWindow?
    
      func application(_ application: UIApplication,
          didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplicationLaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
    
        // Use Firebase library to configure APIs.
        FirebaseApp.configure()
    
        // Initialize the Google Mobile Ads SDK.
        GADMobileAds.sharedInstance().start(completionHandler: nil)
    
        return true
      }
    
    }
    

    Objective-C

    @import Firebase;
    @import GoogleMobileAds;
    ...
    
    @implementation AppDelegate
    
    - (BOOL)application:(UIApplication *)application
        didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {
      // Use Firebase library to configure APIs.
      [FIRApp configure];
      // Initialize the Google Mobile Ads SDK.
      [[GADMobileAds sharedInstance] startWithCompletionHandler:nil];
      return YES;
    }
    
    @end
    

ステップ 4: ユーザーに関する指標とアナリティクス データを表示する

Mobile Ads SDK が初期化されると、アプリからのアナリティクス イベントユーザー プロパティのロギングが自動的に開始されます。このデータは、アプリへコードを追加することや広告を実装することなく表示できます。アナリティクス データが確認できる場所は、次のとおりです。

ARPU および ARPPU 指標の精度を高めるには、これらの指標の収益計算に ecommerce_purchase というアナリティクス カスタム イベントのデータを含めることをおすすめします(詳細)。

ステップ 5: (省略可)Google アナリティクスと Firebase のその他の機能を使用する

アプリの収益性とユーザー エンゲージメントを向上させるため、より多くの機能を活用します。

  • Google アナリティクス用の Firebase SDK を追加して使用する

  • アプリで他の Firebase プロダクトを使用する

    Google アナリティクス用の Firebase SDK を追加したら、他の Firebase プロダクトを使用してアプリ内の広告を最適化します。

    • Remote Config を使用すると、アプリのアップデートを公開しなくても、アプリの動作と外観を変更できます。費用はかからず、1 日あたりのアクティブ ユーザー数に制限はありません。

    • A/B Testing では、アプリの UI、機能、エンゲージメント キャンペーンに関する変更点をテストすることで、変更を広範囲にロールアウトする前に、主な指標(収益や定着率など)に影響があるかどうかを確認できます。

    • Predictions は、アナリティクス データに機械学習を適用し、予測された行動に基づいて動的にユーザー セグメントを作成します。これらの予測は、他の Firebase プロダクトで使用できます。

まずは、AdMob アプリで Google アナリティクスと Firebase を使用するためのガイドをご覧ください。

ステップ 6: アプリに実装する広告フォーマットを選択する

AdMob にはさまざまな広告フォーマットが用意されており、アプリのユーザー エクスペリエンスに合わせて最適なフォーマットを選択できます。AdMob のドキュメントで広告フォーマットのボタンをクリックすると、詳しい実装手順が表示されます。

デバイス画面の上部か下部に表示される長方形の広告です。

ユーザーがアプリを操作している間は画面に残り、一定の時間が経過すると自動的に更新されます。モバイル広告を初めて利用する場合、この広告から開始するのが最適です。

バナー広告を実装する

インタースティシャル

ユーザーが閉じるまでアプリのインターフェース上に全画面表示される広告です。

ゲームでレベルが切り替わるときやタスクの完了直後など、アプリの実行フローの合間に使用するのが最適です。

インタースティシャル広告を実装する

ネイティブ

アプリの外観に合わせてカスタマイズできる広告です。

ネイティブ広告はコンポーネントベースの広告フォーマットで、レイアウトがアプリのデザインと一致するように、配置方法と配置場所を決定できます。フォント、色、その他の詳細を選択して、コンテンツの邪魔にならないように広告を表示し、ユーザー エクスペリエンスを向上させることができます。

ネイティブ アドバンス広告を実装する

リワード

短い動画を視聴し、体験プレイ広告やアンケートを操作したユーザーに特典を進呈する広告です。

リワード(または「リワードベース」)広告は、無料ユーザーの収益化に効果的です。

リワード広告を実装する リワード広告を実装する(新しい API)