プロジェクト データを BigQuery にエクスポートする

Firebase では、プロジェクトの履歴データを調べたり分析したりすることができるツールが Firebase コンソールに用意されています。これらのツールは、アプリの利用状況に関するさまざまな質問に対して回答を与えてくれます。しかし、独自の質問に対する回答を得るために独自のクエリを作成したい場合もあります。

これを行うには、Firebase から BigQuery にプロジェクト データをエクスポートします。BigQuery を使用すると、BigQuery SQL でデータを分析したり、データをエクスポートして独自のツールで使用したりできます。

Firebase は以下の機能のデータをエクスポートします。

  • アナリティクス
  • Crashlytics
  • Cloud Messaging
  • Predictions

BigQuery Export の有効化

まず、Firebase コンソールの [統合] セクションで Firebase プロジェクトを BigQuery にリンクします。

プロジェクトをリンクすると、Firebase はデータのコピーを BigQuery にエクスポートします。これ以降、Firebase プロジェクトのデータが BigQuery に定期的に同期されるようになります。

BigQuery Export を無効にするには、Firebase コンソールでプロジェクトのリンクを解除します。また、BigQuery から Firebase データセットを削除する必要があります。データセットの管理をご覧ください。

料金と BigQuery サンドボックス

Firebase プロジェクトが無料の Spark プランに属する場合は、Crashlytics、Cloud Messaging、Predictions を BigQuery サンドボックスにリンクして、BigQuery に無料でアクセスできます。BigQuery サンドボックスの機能については、BigQuery サンドボックスの使用をご覧ください。

Firebase プロジェクトが有料プランに属する場合は、アナリティクス、Crashlytics、Cloud Messaging、Predictions を BigQuery にリンクできます。BigQuery の使用には通常の BigQuery の料金が適用されますが、制限付きの無料使用枠も含まれています。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。