Firebase を iOS プロジェクトに追加する

事前準備

事前に次の環境を準備しておく必要があります。

  • Xcode 7.0 以降
  • iOS 7 以降をターゲットにした Xcode プロジェクト
  • アプリのバンドル識別子
  • CocoaPods 1.0.0 以降
  • Cloud Messaging の場合:
    • 物理 iOS 端末
    • プッシュ通知を有効にした APNs 証明書
    • Xcode において [アプリケーション] > [機能] でプッシュ通知を有効にする

Xcode プロジェクトをまだ用意していない場合に Firebase 機能を試すだけであれば、クイックスタート サンプルをダウンロードしてご利用いただけます。クイックスタートを使用する場合は、バンドル識別子が次のステップで必要になるため、プロジェクト設定からバンドル識別子を忘れずに取得してください。

アプリに Firebase を追加する

Firebase をアプリに追加するには、Firebase プロジェクトと、アプリ用の Firebase 設定ファイルが必要です。

  1. Firebase プロジェクトをまだ用意していない場合は、Firebase console で Firebase プロジェクトを作成します。モバイルアプリと関連付けられた既存の Google プロジェクトがある場合は、[Google プロジェクトをインポート] をクリックします。それ以外の場合は、[新規プロジェクトを作成] をクリックします。
  2. [iOS アプリに Firebase を追加] をクリックして設定手順に沿って操作します。既存の Google プロジェクトをインポートする場合、このステップは自動的に実行されることがあります。その場合は、設定ファイルをダウンロードするだけでかまいません。
  3. 求められたら、アプリのバンドル ID を入力してください(必ずアプリで使用しているバンドル ID を入力してください)。バンドル ID を設定できるのは、アプリを Firebase プロジェクトに追加するときだけです。
  4. GoogleService-Info.plist ファイルをダウンロードします。このファイルはいつでももう一度ダウンロードできます。
  5. このファイルを Xcode プロジェクトのルートにコピーしていない場合はコピーします。

SDK を追加する

新しいプロジェクトを設定する場合は、SDK をインストールする必要があります。 この操作は、Firebase プロジェクトの作成の一環として完了済みの場合があります。

ライブラリをインストールするときは CocoaPods を使用することをおすすめします。インストール手順に沿って CocoaPods をインストールしてください。CocoaPods を使用しない場合は、以下の手順に沿って SDK フレームワークを直接統合する方法もあります。

クイックスタート サンプルをダウンロードしていずれかのプログラムを実行する場合、Xcode プロジェクトと Podfile がすでに存在していても、ポッドをインストールして GoogleService-Info.plist ファイルをダウンロードする必要があります。Firebase ライブラリをプロジェクトに統合する場合は、使用するライブラリ用のポッドを追加する必要があります。

  1. Xcode プロジェクトをまだ用意していない場合は作成します。

  2. Podfile がない場合は作成します。

    $ cd your-project directory
    $ pod init
    
  3. インストールするポッドを追加します。次のようにして Podfile にポッドを含めます。

    pod 'Firebase/Core'
    
    

    iOS アプリで Firebase を稼動させるために必要な必須のライブラリが、Firebase Analytics とともに追加されます。現在使用可能なポッドとサブスペックのリストを以下に示します。機能固有の設定ガイドへのリンクもあります。

  4. ポッドをインストールし、.xcworkspace ファイルを開いて Xcode でプロジェクトを確認します。

    $ pod install
    $ open your-project.xcworkspace
    
  5. Firebase console で GoogleService-Info.plist ファイルをダウンロードし、アプリに含めます。

アプリで Firebase を初期化する

最後に、アプリケーションに初期化コードを追加します。この手順は、アプリに Firebase を追加するときにすでに完了している可能性があります。クイックスタートを使用した場合は自動で完了しています。

  1. Firebase モジュールを UIApplicationDelegate サブクラスにインポートします。

    Swift

    import Firebase
    

    Objective-C

    @import Firebase;
    
  2. FIRApp 共有インスタンスを設定します。通常はアプリケーションの application:didFinishLaunchingWithOptions: メソッドを使用します。

    Swift

    // Use Firebase library to configure APIs
    FIRApp.configure()
    

    Objective-C

    // Use Firebase library to configure APIs
    [FIRApp configure];
    

使用可能なポッド

さまざまな Firebase 機能に使用できるポッドは次のとおりです。

ポッド サービス
pod 'Firebase/Core' 必須のライブラリと Analytics
pod 'Firebase/AdMob' AdMob
pod 'Firebase/Messaging' Cloud Messaging / Notifications
pod 'Firebase/Database' Realtime Database
pod 'Firebase/Invites' Invites
pod 'Firebase/DynamicLinks' Dynamic Links
pod 'Firebase/Crash' Crash Reporting
pod 'Firebase/RemoteConfig' Remote Config
pod 'Firebase/Auth' 認証
pod 'Firebase/Storage' Storage

CocoaPods を使用せずに統合する

CocoaPods を使用しない場合でも、次の手順でフレームワークを直接インポートすることで Firebase SDK を利用できます。

  1. フレームワーク SDK の zip ファイルをダウンロードします(100 MB 程度のファイルのため、しばらく時間がかかることがあります)。
  2. 解凍し、プロジェクトに含めるフレームワークの README ファイルを確認します。
  3. ターゲットのビルド設定で Other Linker SettingsObjC リンカーフラグ を追加します。

次のステップ

以下で Firebase の詳細を確認します。

Firebase 機能をアプリに追加します。

  • Analytics を使用してユーザー行動を把握する。
  • Authentication を使用してユーザー認証をセットアップする。
  • Realtime Database でユーザー情報を保存するか、Cloud Storage で blob データのユーザー情報を保存する。
  • Cloud Messaging を使用してユーザーに通知を送信する。
  • Crash Reporting を使用してアプリがクラッシュする場所と理由を確認します。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。