Firebase App Distributionplat_iosplat_android

Firebase App Distribution を使用すると、Trusted Tester(テスター)にアプリを簡単に配布できます。アプリをテスターのデバイスに迅速に配布できるので、早い段階からフィードバックを得ることができます。アプリで Crashlytics を使用すると、すべてのビルドで安定性の指標を自動的に取得できます。

準備ができたら

iOS アプリの配布方法を学習する:

Firebase コンソール Firebase CLI

Android アプリの配布方法を学習する:

Firebase コンソール Firebase CLI Gradle

主な機能

クロス プラットフォーム iOS と Android のプレリリース版を同じ場所で管理できます。
迅速な配布 早期リリースをテスターに迅速に配布できます。オンボーディングが速く、SDK のインストールが不要なため、アプリをすぐに配布できます。
ワークフローに適応 Firebase コンソール、Firebase コマンドライン インターフェース(CLI)ツールまたは Gradle(Android)を使用してビルドを配布します。CLI を CI ジョブに統合し、配布を自動的に行います。
テスターの管理 テストチームをグループにまとめて管理します。オンボーディング プロセスを案内する招待メールを使用して、新しいテスターを簡単に追加できます。アプリの特定のバージョンについて、各テスターの状況を確認できます。また、テストの招待を受け入れ、アプリをダウンロードしたユーザーを確認できます。
Crashlytics との連携 Crashlytics と連携することで、アプリの安定性に関する分析情報を取得できます。

実装パスの例

最新のプレリリース ビルドをアップロードする まず、Firebase コンソール、Gradle または CLI ツールを使用して、最新の APK または IPA を App Distribution にアップロードします。
テスターを招待する 次に、アプリをテストするテスターを追加します。テスターには、オンボーディング プロセスを案内するメールを送信します。
フィードバックを取得する テスターからフィードバックを取得して、安定性をモニタリングし、アプリのテストを繰り返します。
新しいベータ版ビルドをリリースする テスト用の新しいビルドが用意できたら、App Distribution にアップロードします。これにより、新しいビルドの準備ができたことがテスターに通知されます。

次のステップ

iOS アプリの配布方法を学習する:

Firebase コンソール Firebase CLI

Android アプリの配布方法を学習する:

Firebase コンソール Firebase CLI Gradle