オーナー、編集者、閲覧者のロール

基本のロール(オーナー、編集者、閲覧者)は IAM の基本的なロールであり、すべての Firebase プロダクトとサービスに関するさまざまなレベルのアクセス権限が含まれます。

次の表は、それぞれのロールに含まれる権限をまとめたものです。基本ロールの詳細については、Google Cloud Platform(GCP)のドキュメントをご覧ください。

Firebase コンソールを使用して、以下のロールをメンバーに割り当てます。

役割 権限
閲覧者
roles/viewer
既存のリソースやデータの表示(ただし変更は不可能)など、読み取り専用アクションに必要な権限。
編集者
roles/editor
閲覧者のロールのすべての権限に加えて、状態を変更するアクション(既存のリソースの変更など)に必要な権限。
オーナー
roles/owner
編集者のロールのすべての権限に加えて、以下のアクションを実行するために必要な権限。
  • プロジェクトおよびプロジェクト内のすべてのリソースの権限とロールを管理する。
  • プロジェクトの課金情報を設定する。
  • プロジェクトを削除または復元する。