Catch up on everything announced at Firebase Summit, and learn how Firebase can help you accelerate app development and run your app with confidence. Learn More

追加のUnityインストールオプション

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

.NET 3.X と .NET 4.X の両方の.unitypackageファイルをすべて含む大きな.zipファイルをダウンロードする代わりに、 Google APIs for Unity サイトから個々のパッケージをダウンロードできます。

このサイトは以下を提供します:

  • アセット パッケージとしてインポートする個々の .NET 4.X .unitypackageファイル。
  • Unity Package Manager を使用してインポートする個々の.tgzアーカイブ。

これは、アプリが 1 つの Firebase プロダクトを使用する場合に特に便利です。個々の.unitypackageファイルには必要なすべての依存関係が含まれており、 .tgzファイルは依存する関連する.tgzファイルと一緒にリストされているためです。

このページでは、Unity Package Manager に関する手順を説明しているため、 Unity のドキュメントからツールについて学習することをお勧めします。

Firebase パッケージをアセットとしてインポートする

Google APIs for Unity サイトからダウンロードした.unitypackageファイルから Firebase 製品をインポートする場合は、次の点に注意してください。

  • プロジェクトで複数の Firebase 製品を使用している場合は、すべての Firebase 製品をダウンロードして同じバージョンにアップグレードする必要があります。

  • 1 つのプロジェクトにインポート方法を混在させないでください。つまり、アセット パッケージ フローと Unity Package Manager フローを使用して Firebase 製品をインポートしないでください。

ダウンロード後、インポートするには:

  1. 開いている Unity プロジェクトで、 Assets > Import Package > Custom Packageに移動します。

  2. [Unity パッケージのインポート]ウィンドウで、 [インポート]をクリックします。

Unity Package Manager を使用して Firebase パッケージをインポートする

Google APIs for Unity アーカイブからダウンロードした.tgzファイルから Firebase 製品をインポートする場合は、次の点に注意してください。

  • このメソッドは、2018.3 以降でのみ使用できます。

  • プロジェクトで複数の Firebase 製品を使用している場合は、すべての Firebase 製品をダウンロードして同じバージョンにアップグレードする必要があります。

  • 1 つのプロジェクトにインポート方法を混在させないでください。つまり、アセット パッケージ フローと Unity Package Manager フローを使用して Firebase 製品をインポートしないでください。

  • 各製品の.tgzファイルの依存関係は、独自の.tgzファイル内でリンクされています。製品の.tgzファイルと依存関係の.tgzファイルを正しい順序でダウンロードしてインポートする必要があります。

    1. 外部依存関係マネージャー ( com.google.external-dependency-manager )
    2. Firebase コア ( com.google.firebase.app )
    3. プロジェクトで使用される Firebase プロダクト。 Realtime Database または Cloud Storage を使用する場合は、最初に Authentication ( com.google.firebase.auth ) をインポートします。

ダウンロード後、次のいずれかの方法を使用して、 .tgzファイルをプロジェクトにインポートします。

パッケージ マネージャー UI

  1. Unity の Package Manager ウィンドウを開きます。
  2. [Package Manager] ウィンドウの左上隅にある+アイコンをクリックし、 Add package from tarballを選択してファイル ブラウザーを開きます。
  3. ファイル ブラウザで目的の tarball を選択します。

Unity 2019 の古いバージョンの中には、tarball の直接追加をサポートしていないものがあります。この場合、次のことを行う必要があります。

  1. .tgzファイルを解凍します。
  2. [パッケージ マネージャー] ウィンドウの左上隅にある+アイコンをクリックし、 Add package from diskを選択してファイル ブラウザーを開きます。
  3. ファイルブラウザで解凍したフォルダを選択します。

マニフェスト.json

  1. プロジェクトのPackagesフォルダーの横に新しいフォルダーを作成し、 GooglePackagesという名前を付けます。
  2. .tgzファイルをそのフォルダーに配置します。
  3. テキスト エディターを使用して、Unity プロジェクト フォルダーの下にあるPackages/manifest.jsonを開きます。
  4. インポートするパッケージごとにエントリを追加し、パッケージ名をディスク上の場所にマッピングします。必ずfile: .tgzファイル パスに追加してください。たとえば、 com.google.firebase.storageとその依存関係をインポートする場合、 manifest.jsonは次のようになります。

    {
      "dependencies": {
        "com.google.external-dependency-manager": "file:../GooglePackages/com.google.external-dependency-manager-1.2.164.tgz",
        "com.google.firebase.app": "file:../GooglePackages/com.google.firebase.app-7.1.0.tgz",
        "com.google.firebase.auth": "file:../GooglePackages/com.google.firebase.auth-7.1.0.tgz",
        "com.google.firebase.storage": "file:../GooglePackages/com.google.firebase.storage-7.1.0.tgz",
        // com.unity package entries...
      }
    }
    
  5. manifest.jsonファイルを保存します。

  6. Unity がフォーカスを取り戻すと、 manifest.jsonがリロードされ、新しく追加されたパッケージがインポートされます。

Unity の一部の古いバージョンでは、 manifest.json内の.tgzファイルがサポートされていません。この場合、次のことを行う必要があります。

  1. .tgzファイルを解凍します。
  2. 次のように、 manifest.json編集して、 .tgzファイルではなく、抽出したフォルダーへのパスを使用します。

    {
      "dependencies": {
        "com.google.external-dependency-manager": "file:../GooglePackages/com.google.external-dependency-manager-1.2.164",
        "com.google.firebase.app": "file:../GooglePackages/com.google.firebase.app-7.1.0",
        "com.google.firebase.auth": "file:../GooglePackages/com.google.firebase.auth-7.1.0",
        "com.google.firebase.storage": "file:../GooglePackages/com.google.firebase.storage-7.1.0",
        // com.unity package entries...
      }
    }
    

Unity Package Manager からアセット パッケージに移行する

場合によっては、Unity Package Manager を使用して Firebase 製品を追跡することから、 Assetsフォルダーの下に製品をインポートすることに切り替えることができます。

使用しているインポート方法がわからない場合は、Unity プロジェクト フォルダーでPackages/manifest.jsonファイルを開きます。ファイルにcom.google.firebaseで始まるエントリが含まれている場合、プロジェクトはインポートに Unity Package Manager を使用しました。

アセット パッケージに移行するには:

  1. プロジェクト内の現在の Firebase パッケージ バージョンをメモして、それらを削除します。

    1. [ウィンドウ]メニューから[パッケージ マネージャー]を選択します。 [パッケージ マネージャー]ウィンドウで、[パッケージ: プロジェクト内] が選択されていることを確認します。
    2. インポートされた Firebase パッケージのバージョンに注意してください。
    3. 各パッケージ名をクリックし、 [削除]をクリックします。 External Dependency Manager パッケージ ( .com.google.external-dependency-manager ) と Firebase パッケージを必ず削除してください。
  2. 代替の.unitypackageファイルをダウンロードしてインポートします。次の 2 つのオプションがあります。

    • 各パッケージの最新バージョンにアップグレードできる場合は、Firebase Unity SDK zip ファイルをダウンロードし、 Firebase を Unity プロジェクトに追加するの説明に従ってインポートします。
    • 現在の.unitypackageバージョンを保持する必要がある場合は、このページで前述したように、個々のパッケージをダウンロードしてインポートできます。

アセット パッケージから Unity Package Manager に移行する

場合によっては、 Assetsフォルダーの下の製品のインポートから、Unity Package Manager を使用した製品のインポートと追跡に切り替えたい場合があります。

使用しているインポート方法がわからない場合は、Unity プロジェクト フォルダーでPackages/manifest.jsonファイルを開きます。ファイルにcom.google.firebaseで始まるエントリが含まれている場合、プロジェクトは既にインポートに Unity Package Manager を使用しています。

Unity Package Manager に移行するには:

  1. 次のいずれかの方法を使用して、すべての Firebase パッケージと External Dependency Manager パッケージがAssetsフォルダーから削除されていることを確認します。

    パッケージ マネージャー UI

    1. 開いている Unity プロジェクトで、 Assets > External Dependency Manager > Version Handler > Uninstall Managed Packagesに移動します。
    2. すべての Firebase パッケージと External Dependency Manager を選択します。
    3. [選択したパッケージをアンインストール]をクリックします。

    手動削除

    ファイル システム ツールを使用して、次のフォルダーを手動で削除します。

    • Assets/Editor Default Resources/Firebase
    • Assets/ExternalDependencyManager
    • Assets/Firebase
    • Assets/Parse
    • Assets/Plugins/iOS/Firebase
  2. このページで前述したように、Unity Package Manager を使用してパッケージをインポートします。