Firebase を使用してゲームを開発する

Firebase では、iOS や Android のモバイルゲームにバックエンド サービスと分析機能を簡単に追加できます。C++ および Unity 向けの Firebase SDK を使用すれば、Java コードや Swift(または Objective-C)コードを記述しなくても C++ コードと Unity コード内から Firebase サービスに直接アクセスできます。

C++ を使ってみる

Unity を使ってみる


Firebase でゲームをパワーアップする方法の詳細については、Firebase のゲームページをご覧ください。

サポートされている機能

C++ および Unity 向けの Firebase SDK では次の Firebase 機能が直接サポートされます。また、デスクトップ ワークフロー(ベータ版)実装の機能セットのサブセットもサポートされます。

機能 C++ Unity デスクトップ
AdMob
アナリティクス
Authentication
Realtime Database
Dynamic Links
Invites
Cloud Messaging
Remote Config
Cloud Storage

(注: デスクトップ ワークフローは、便宜上、すべての未サポート機能をスタブ(非機能的)実装で置き換えます)

サンプル ユースケース

モバイルゲームでは、次のように Firebase を活用できます。

  • アナリティクスを使用して、プレーヤーがゲームにどのようにかかわっているか(プレイ時間、頻繁に行うアプリ内購入、プレイ頻度など)を知る。
  • Remote Config を使用して、敵の密度やパワーアップ頻度などの設定を含め、コードをデプロイせずにゲームの要素をすばやく変更する。
  • Dynamic Links を使用して、カスタムレベル、ゲーム内アイテム、ゲームへの招待状などのコンテンツをユーザー間で共有する。
  • Authentication は、プレーヤーにスムーズなログイン エクスペリエンスを提供し、安全かつ確実なアカウント管理も可能にする。
  • Realtime Database を使用して、カスタムマップなどのユーザー生成コンテンツをクラウドに安全に保存する。
  • Cloud Messaging を使用して、新しいコンテンツやレベルがゲームで利用可能なことをプッシュ通知でプレーヤーに知らせる。
  • Cloud Storage を使用して、プレーヤーが生成したコンテンツを安全かつ確実に保存して提供する。コンテンツには、アバター、ゲーム プレイスルー、スクリーンショットなどがある。
  • AdMob を使用すると、バナー広告、インタースティシャル、動画リワード広告を使用してゲーム内で収入を得ることができる。アナリティクスで広告のパフォーマンスを追跡できる。
  • Invites を使用して、プレーヤーはSMS、メール、またはソーシャル メディアを経由して、カスタマイズした招待状を友人や家族に送信することにより他のプレーヤーを募ることができる。アナリティクスを介して参照元インストールをモニタリングする。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。