Firebase を使用してゲームを開発する

Firebase では、iOS や Android のモバイルゲームにバックエンド サービスと分析機能を簡単に追加できます。C++ および Unity 向けの Firebase SDK を使用すれば、Java コードや Swift(または Objective-C)コードを記述しなくても C++ コードと Unity コード内から Firebase サービスに直接アクセスできます。

C++ を使ってみる

Unity を使ってみる


Firebase のゲームのページで、ゲームのパワーアップの方法をご覧ください。

サポートされている機能

C++ および Unity 向けの Firebase SDK では次の Firebase 機能がサポートされています。

機能 C++ Unity
AdMob
アナリティクス
Authentication
Realtime Database
Dynamic Links
Invites
Cloud Messaging
Remote Config
Cloud Storage

導入事例

モバイルゲームでは、次のように Firebase を活用できます。

  • アナリティクスを使用して、プレーヤーのゲーム体験を把握する(ゲームのプレイ時間、レベルのクリアにかかった時間、購入したアプリ内コンテンツなど)。
  • Remote Config を使用して、ゲームプレイの設定(敵の数、パワーアップの頻度などの管理したい項目)を調整する。
  • Dynamic Links を使用して、カスタムレベル、ゲーム内アイテム、ゲームへの招待状などのコンテンツをユーザー間で共有する。
  • Realtime Database を使用して、カスタムマップなどのユーザー生成コンテンツをクラウドに安全に保存する。
  • Cloud Messaging を使用して、新しいコンテンツをリリースしたり、ゲームで提供されるコンテンツをクリアしたプレーヤーにプッシュ通知を送信したりする。
  • Cloud Storage を使用して、ダウンロード可能なコンテンツをプレーヤーに安全に配信する。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。