Firebase を使用してゲームを開発する

Firebase では、iOS や Android のモバイルゲームにバックエンド サービスと分析機能を簡単に追加できます。C++ および Unity 向けの Firebase SDK を使用すれば、Swift / Objective-C や Java / Kotlin コードを記述しなくても C++ コードと Unity コード内から Firebase サービスに直接アクセスできます。

C++ で使ってみる

Unity で使ってみる


Firebase でゲームをパワーアップする方法の詳細については、Firebase のゲームのページをご覧ください。

ゲームでの Firebase の使用事例

  • アナリティクス - ゲームのプレイ時間、レベルのクリアにかかった時間、アプリ内コンテンツの購入金額と購入回数、ゲームのプレイ頻度など、プレーヤーがゲームにどのようにかかわっているかがわかります。

  • Authentication - プレーヤーにスムーズなログイン エクスペリエンスを提供し、安全かつ確実なアカウント管理を可能にします。

  • Realtime Database - カスタムマップなどのユーザー生成コンテンツをクラウドに安全に保存します。

  • Cloud Storage - アバター、ゲームのプレイスルー、スクリーンショットなど、プレーヤーが生成したコンテンツを信頼性の高い方法で安全に保存して提供します。

  • Cloud Functions - 他の Firebase サービスやクライアント リクエストによってトリガーされたイベントに応答して、安全な環境でバックエンド コードを実行します。

  • Crashlytics - クラッシュを検出する時間が短縮され、修正に費やせる時間が増えます。詳細で実用的な分析情報によって、さらに安定したゲームを開発できます。

  • Cloud Messaging - 新しいコンテンツやレベルについてプレーヤーに通知したり、ゲームの既存のコンテンツをクリアしたプレーヤーにプッシュ通知を送信したりします。

  • Remote Config - コードをデプロイせずにゲームの要素を変更します。敵の密度やパワーアップ頻度などの設定を変更できます。

  • Dynamic Links - カスタムレベル、ゲーム内アイテム、ゲームへの招待状などのコンテンツをプレーヤー間で共有します。

  • Invites - カスタマイズした招待状を友人や家族に送信することにより、他のプレーヤーを募ります。プレーヤーは SMS、メール、またはソーシャル メディアを通じて招待状を送信できます。Firebase 向け Google アナリティクスを合わせて使用することによって、参照元インストールをモニタリングできます。

  • AdMob - バナー広告、インタースティシャル、動画リワード広告を使用してゲーム内で収入を得ることができます。Firebase 向け Google アナリティクスを合わせて使用することによって、広告のパフォーマンスを追跡できます。

サポートされている機能

C++ および Unity 向けの Firebase SDK では次の Firebase サービスが直接サポートされます。また、デスクトップ ワークフロー(ベータ版)実装のサービスセットのサブセットもサポートされます。

Firebase サービス C++ Unity デスクトップ(ベータ版)
アナリティクス
Authentication
Realtime Database
Cloud Storage
Cloud Functions
Crashlytics (ベータ版)
Cloud Messaging
Remote Config
Dynamic Links
Invites
AdMob

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。