カスタム属性のモニタリング

Performance Monitoring では、属性を使用してパフォーマンス データをセグメント化し、さまざまなシナリオにおけるアプリのパフォーマンスに焦点を当てることができます。

Performance Monitoring にはさまざまなデフォルト属性が用意されています。

  • iOS アプリと Android アプリの場合、デフォルト属性にはアプリのバージョン、国、オペレーティング システム情報、デバイス、無線通信、携帯通信会社などがあります。

  • ウェブアプリの場合、デフォルト属性にはブラウザ、国、効果的な接続タイプ、ページ URL、Service Worker のステータス、表示状態などがあります。

デフォルト属性に加えて、カスタム トレースではカスタム属性を作成して、アプリ固有のカテゴリ別にデータをセグメント化できます。たとえば、ゲームの場合、ゲームレベルでデータをセグメント化できます。

ユーザーデータの収集

カスタム属性の作成

カスタム属性は、個別のトレースで使用できます。このため、Firebase コンソールでは、カスタム属性をパフォーマンス データのフィルタとして使用できます。

カスタム属性を使用するには、属性を定義して特定のトレースに適用するコードをアプリに追加します。カスタム属性は、トレースの開始から停止までの間のどの時点にも設定できます。

ポイント:

  • カスタム属性の数はトレースあたり 5 個までに制限されています。

  • カスタム属性の名前は、先頭や末尾に空白がなく、先頭に下線(_)が付いていない 32 文字以下の名前にする必要があります。

Swift

var trace = Performance.sharedInstance().trace(name:"myTrace")
trace.setValue("A", forAttribute: "experiment")

// Update scenario.
trace.setValue("B", forAttribute: "experiment")

// Reading scenario.
let experimentValue:String? = trace.valueForAttribute("experiment")

// Delete scenario.
trace.removeAttribute("experiment")

// Read attributes.
let attributes:[String, String] = trace.attributes;

Objective-C

FIRTrace *trace = [[FIRPerformance sharedInstance] traceWithName:@"myTrace"];
[trace setValue:@"A" forAttribute:@"experiment"];

// Update scenario.
[trace setValue:@"B" forAttribute:@"experiment"];

// Reading scenario.
NSString *experimentValue = [trace valueForAttribute:@"experiment"];

// Delete scenario.
[trace removeAttribute:@"experiment"];

// Read attributes.
NSDictionary <NSString *, NSString *> *attributes = [trace attributes];

Java

Trace trace = FirebasePerformance.getInstance().newTrace("test_trace");

// Update scenario.
trace.putAttribute("experiment", "A");

// Reading scenario.
String experimentValue = trace.getAttribute("experiment");

// Delete scenario.
trace.removeAttribute("experiment");

// Read attributes.
Map<String, String> traceAttributes = trace.getAttributes();

Kotlin

val trace = FirebasePerformance.getInstance().newTrace("test_trace")

// Update scenario.
trace.putAttribute("experiment", "A")

// Reading scenario.
val experimentValue = trace.getAttribute("experiment")

// Delete scenario.
trace.removeAttribute("experiment")

// Read attributes.
val traceAttributes = trace.attributes

ウェブ

const trace = performance.trace('test_trace');
trace.putAttribute('experiment', 'A');

// Update scenario
trace.putAttribute('experiment', 'B');

// Reading scenario
const experimentValue = trace.getAttribute('experiment');

// Delete scenario
trace.removeAttribute('experiment');

// Read attributes
const traceAttributes = trace.getAttributes();

カスタム属性のモニタリング

  1. Firebase コンソールで [Performance] ダッシュボードに移動します。

  2. [トレース] タブをクリックします。

  3. それぞれのカスタム属性に対して、そのセグメントのパフォーマンス データを表示するカードがあります。カスタム属性でフィルタリングすることもできます。