Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

アプリの起動、アプリインフォアグラウンド、アプリインバックグラウンドのパフォーマンスデータについて学ぶ(iOSおよびAndroidアプリ)

Performance Monitoringは、トレースを使用して、アプリ内の監視対象プロセスに関するデータを収集します。トレースは、アプリの2つの時点の間にキャプチャされたデータを含むレポートです。

iOSおよびAndroidアプリの場合、パフォーマンスモニタリングは、アプリのライフサイクルに関連するいくつかのトレースを自動的に収集します。これらのトレースはすべて、プロセスの実行にかかる時間(「期間」)を測定するため、タイマーのようなものです。

これらのトレースのデータをFirebaseコンソールの[デバイス上]タブで表示します(詳細については、このページで後述します)。これらのトレースはメトリック「期間」のみを収集するため、「期間トレース」と呼ばれることもあることに注意してください。また、Firebaseコンソール([デバイス上]タブ)では、これらのトレースは[期間]というラベルの付いたテーブルの下にグループ化されています。

各トレースの定義

Performance Monitoringは、アプリのメソッド呼び出しと通知を使用して、各タイプのトレースがいつ開始および停止するかを決定します。これらのトレースはすべて、プロセスの実行にかかる時間を測定するため、タイマーのようなものです。

アプリ開始トレース

このトレースは、ユーザーがアプリを開いてからアプリが応答するまでの時間を測定します。コンソールでは、トレースの名前は_app_startです。このトレースで収集されるメトリックは「期間」です。

  • アプリケーションが最初のObjectをメモリにロードしたときに開始します。

  • アプリケーションがUIApplicationDidBecomeActiveNotification通知を受信した後に発生する、最初の正常な実行ループの後で停止します。

App-in-foregroundトレース

このトレースは、アプリがフォアグラウンドで実行され、ユーザーが利用できる時間を測定します。コンソールでは、トレースの名前は_app_in_foregroundです。このトレースで収集されるメトリックは「期間」です。

  • アプリケーションがUIApplicationDidBecomeActiveNotification通知を受信すると開始します。

  • UIApplicationWillResignActiveNotification通知を受信すると停止します。

アプリインバックグラウンドトレース

このトレースは、アプリがバックグラウンドで実行されている時間を測定します。コンソールでは、トレースの名前は_app_in_backgroundです。このトレースについて報告されるメトリックは「期間」です。

  • アプリケーションがUIApplicationWillResignActiveNotification通知を受信すると開始します。

  • UIApplicationDidBecomeActiveNotification通知を受信すると停止します。

これらのトレースによって収集されたメトリック

これらのトレースはすぐに使用できるトレースであるため、カスタムメトリックまたはカスタム属性を追加することはできません。

これらのトレースはすべて、監視対象のプロセスの実行にかかる時間を測定するため、タイマーのようなものです。この収集されたメトリックの名前は「期間」と呼ばれます。

パフォーマンスデータの追跡、表示、およびフィルタリング

ダッシュボードで主要な指標を追跡する

主要な指標をダッシュ​​ボードに追加して、それらの傾向を確認します。週ごとの変更を確認するか、コードの最近の変更によってパフォーマンスが向上していることを確認することで、リグレッションをすばやく特定できます。

Firebase PerformanceMonitoringメトリクスダッシュボードの画像

ダッシュボードに指標を追加するには、Firebaseコンソールの[パフォーマンス]ダッシュボードに移動し、[ダッシュボード]タブをクリックします。空のメトリックカードをクリックしてから、ダッシュボードに追加する既存のメトリックを選択します。メトリックの置換や削除などのオプションについては、入力されたメトリックカードのをクリックしてください。

ダッシュボードには、収集されたメトリックデータが、グラフ形式と数値のパーセンテージ変化の両方で表示されます。

ダッシュボードの使用の詳細をご覧ください。

すべてのトレースとそのデータを表示する

これらのトレースを表示するには、Firebaseコンソールのパフォーマンスダッシュボードに移動し、[デバイス上]タブをクリックします。

[デバイス上]タブから、さまざまな画面をクリックしてトレースを探索し、関心のある指標にドリルダウンできます。ほとんどのページでは、[ フィルター]ボタン(画面の左上)を使用して、属性でデータをフィルター処理できます。次に例を示します。

属性でフィルタリングされているFirebasePerformanceMonitoringデータの画像
  • アプリのバージョンでフィルタリングして、過去のリリースまたは最新のリリースに関するデータを表示します
  • デバイスでフィルタリングして、古いデバイスがアプリをどのように処理するかを確認します
  • 国でフィルタリングして、データベースの場所が特定の地域に影響を与えていないことを確認します

トレースのデータの表示の詳細をご覧ください

次のステップ