Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

Firebaseコンソールを使用してiOSアプリをテスターに​​配布する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

チームのテスターを管理し、Firebase コンソールを使用してビルドを配布できます。

アプリをテスターに​​配布するには、Firebase コンソールを使用して IPA ファイルをアップロードします。

  1. Firebase コンソールのApp Distribution ページを開きます。プロンプトが表示されたら、Firebase プロジェクトを選択します。

  2. [リリース] ページで、配布するアプリをドロップダウン メニューから選択します。

  3. アプリの IPA ファイルをコンソールにドラッグしてアップロードします。

  4. アップロードが完了したら、ビルドを受け取るテスター グループと個々のテスターを指定します。次に、ビルドのリリース ノートを追加します。

    テスター グループの作成の詳細については、テスターの管理を参照してください。

  5. [配布]をクリックして、テスターがビルドを利用できるようにします。

  6. 特定のリリースへのリンクを、それらのリリースにアクセスできるテスターと共有するには、[リンク] アイコンをクリックして、リリース リンクをクリップボードにコピーします。

ビルドを配布すると、Firebase コンソールの App Distribution ダッシュボードで 150 日間 (5 か月) 利用できるようになります。ビルドの有効期限が切れてから 30 日になると、Firebase コンソールとテスターのテスト デバイス上のビルドのリストの両方に有効期限の通知が表示されます。

アプリのテストに招待されていないテスターは、開始するための電子メールの招待状を受け取り、既存のテスターは、新しいビルドをテストする準備ができたことを知らせる電子メール通知を受け取ります。テスト アプリをインストールする方法については、「テスターとしてセットアップする」を参照してください。 Firebase コンソールで、各テスターのステータス (招待を受け入れたかどうか、アプリをダウンロードしたかどうか) を監視できます。

テスターは、アプリの有効期限が切れる前に、アプリをテストするための招待を 30 日間受け入れる必要があります。招待の有効期限が切れてから 5 日になると、リリースのテスターの横にある Firebase コンソールに有効期限通知が表示されます。招待状は、テスター行のドロップダウン メニューを使用して再送信することで更新できます。

次のステップ