5 月 10 日開催の Google I/O で Firebase の最新情報をお届けします。今すぐ登録

他の iOS デバイスを登録する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

App Distribution を使用してアドホック iOS ビルドを配布する場合は、このガイドに沿ってテスターのデバイスを登録する必要があります。アドホック ビルドとは、Enterprise プロファイルで署名されていないビルドです。デバイスは、ビルドのプロビジョニング プロファイルにデバイスの一意のデバイス識別子(UDID)が含まれている場合にのみ、アドホック ビルドをインストールできます。

テスターがアプリのテストへの招待を承諾すると、App Distribution はテスターのデバイス ID をデベロッパーと共有するための権限をリクエストします。App Distribution は、アドホック ビルドをダウンロードする前にデバイスを登録するようテスターに要求します。テスターがデバイスを登録すると、App Distribution がデバイスから UDID を収集し、その UDID をメールで通知します。

UDID が記述されたメールを受信したら、その UDID を使用してプロビジョニング プロファイルを更新し、テスターに新しいビルドを配布します。UDID は、Firebase コンソールまたは Firebase CLI を使用して手動でエクスポートすることも、fastlane を使用してプログラマティックにエクスポートすることもできます。

UDID を手動でエクスポートする

  1. デバイスを Apple デベロッパー ポータルに追加します。
    • オプション 1: デバイスの UDID を CSV ファイルとしてインポートします。

      App Distribution ダッシュボードの [テスターとグループ] タブで、[すべてのテスター] を選択し、[Export Apple UDIDs] をクリックして、CSV ファイルをダウンロードします。次に、[Register Multiple Devices] オプションを使用して、Apple デベロッパー アカウントにファイルをインポートします。詳しくは、登録済みデバイスにアプリを配信するをご覧ください。

      Apple デベロッパー アカウントで 1 年間にインポートできるデバイスの数は制限されている場合があります。

    • オプション 2: UDID をメールで収集して入力します。

      Apple Developer ポータルの [Add Devices] ページで、受信したメールに記載されている新しい UDID を登録します。

  2. 登録済みのデバイスをプロビジョニング プロファイルに追加します。
  3. プロビジョニング プロファイルをダウンロードし、このプロファイルでアプリを再ビルドします。登録済みデバイスの更新だけを目的に再ビルドする場合は、ビルド番号またはバージョンを更新しないでください。
  4. Firebase コンソールまたは CLI からアプリを再配布します。バージョン、ビルド番号、またはアプリのコードを変更しない場合、App Distribution は新しいリリースを作成せず、テスターに通知しません。同じビルド番号とバージョンのビルドをすでに配布している場合は、新しく登録されたデバイスのユーザーだけに通知メールが届きます。

fastlane を使用して UDID をプログラマティックにエクスポートする

  1. すべてのテスター デバイスの UDID を fastlane から CSV ファイルとしてエクスポートします。たとえば、新しい download_udids レーンを作成して実行します。

    lane :download_udids do
        firebase_app_distribution_get_udids(
            app: "<your Firebase app ID>",
            output_file: "<path to output file>",
        )
    end
    
  2. [Register Multiple Devices] オプションを使用して、UDID を Apple デベロッパー アカウントにインポートします。詳細については、Apple のドキュメントをご覧ください。Apple デベロッパー アカウントで 1 年間にインポートできるデバイスの数は制限される場合があります。

  3. 登録済みのデバイスをプロビジョニング プロファイルに追加します。

  4. プロビジョニング プロファイルをダウンロードし、このプロファイルでアプリを再ビルドします。登録済みデバイスの更新だけを目的に再ビルドする場合は、ビルド番号またはバージョンを更新しないでください。

  5. アプリを再配布します。バージョン、ビルド番号、またはアプリのコードを変更しない場合、App Distribution は新しいリリースを作成せず、テスターに通知しません。同じビルド番号とバージョンのビルドをすでに配布している場合は、新しく登録されたデバイスのユーザーだけに通知メールが届きます。

アラートを受信する

デフォルトのアラートを受信する

デフォルトでは、Firebase は新しい iOS デバイスの登録に関する App Distribution のアラートをメールで送信できます。

このデフォルトのメカニズムを使用して App Distribution のアラートを受信するには、firebase.projects.update 権限が必要です。この必要な権限はデフォルトで次のロールに含まれています。Firebase 管理者、プロジェクトのオーナーまたは編集者

デフォルトでは、新しい iOS デバイスが登録されると、アラートを受信するために必要な権限を持つすべてのプロジェクト メンバーがメールを受け取ります。

自分のアカウントのアラートをオンまたはオフにする

自分のアカウントにおける App Distribution のアラートのオンとオフの切り替えは、他のプロジェクト メンバーに影響を与えずに行うことができます。この切り替えにおいても、アラートを受信するための権限が必要になります。

App Distribution のアラートをオンまたはオフにする手順は次のとおりです。

  1. Firebase コンソールの右上にある [Firebase アラート] を選択します。
  2. 次に [設定] を選択し、自分のアカウントでの App Distribution のアラートに関する設定を行います。

サードパーティ サービスへの高度なアラートを設定する

Cloud Functions for Firebase を使用して、App-Distribution のアラートを独自の通知チャネルに送信することもできます。たとえば、関数を作成して、その関数で新しい iOS デバイスの登録に関するアラート イベントをキャプチャし、アラート情報を Discord、Slack、Jira などのサードパーティ サービスに送信するようなことができます。

新しい iOS テスターのオンボーディングを完全に自動化するには、関数を作成し、その関数の中で新しい iOS デバイスの UDID をアプリのプロビジョニング プロファイルに追加し、アプリを再ビルドし、更新されたプロビジョニング プロファイルとともにアプリを再配布します。

Cloud Functions for Firebase を使用して高度なアラート機能を設定するには、次の手順を行います。

  1. Cloud Functions for Firebase を設定します。これには、次のタスクが含まれます。

    1. Node.js と npm をダウンロードします。
    2. Firebase CLI をインストールしてログインします。
    3. Firebase CLI を使用して Cloud Functions for Firebase を初期化します。
  2. App Distribution からアラート イベントをキャプチャし、イベントのペイロードを処理する(たとえば Discord のメッセージにアラート情報を投稿する)関数を記述してデプロイします。

キャプチャできるすべてのアラート イベントについては、App Distribution のアラートのリファレンス ドキュメントをご覧ください。

次のステップ