FCM での APNs の設定

Firebase Cloud Messaging APNs インターフェースは、Apple Push Notification サービス(APNs)を使用して iOS アプリ(バックグラウンドで動作しているときを含む)に最大 2 KB サイズのメッセージを送信します。

APNs によるプッシュ通知の送信を有効にするには、次の準備が必要になります。

  • Apple Developer アカウントの Apple Push Notification Authentication Key。Firebase Cloud Messaging はこのトークンを使用して、アプリ ID で識別されるアプリケーションにプッシュ通知を送信します。
  • アプリ ID のプロビジョニング プロファイル。

どちらも Apple Developer Member Center で作成します。

認証キーを作成する

このセクションでは、プッシュ通知に使用できるアプリ ID の認証キーを生成する方法について説明します。既存のキーがある場合は、新しいキーを生成する代わりにそのキーを使用できます。

認証キーを作成するには:

  1. デベロッパー アカウントで [Certificates, Identifiers & Profiles] に移動し、[Certificates] の下の [APNs Auth Key] を選択します。

  2. 右上隅にある [Add] ボタン(+)をクリックします。

  3. [Production] の下の [Apple Push Notification Authentication Key (Sandbox & Production)] を選択し、[Continue] をクリックします。

  4. [Download] をクリックします。キーを安全な場所に保存します。このダウンロードは一回限りであり、後でキーを取得することはできません。

アプリ ID を作成する

アプリ ID はアプリを一意に特定する識別子です。慣例的に、アプリ ID はドメインを反転させて表記されます(例: com.google.samples.firebaseexample)。

  1. Apple Developer Member Center に移動してログインします。
  2. [Certificates, Identifiers and Profiles] に移動します。
  3. 左上のプルダウン メニューで、[iOS, tvOS, watchOS] が選択されていない場合はそれを選択し、次に [Identifiers] > [App IDs] に移動します。
  4. [+] ボタンをクリックして新しいアプリ ID を作成します。
  5. 新しいアプリ ID を作成するには:
    1. [Name] にアプリ ID の名前を入力します(例: Firebase Sample App)。
    2. [App ID Prefix] を選択します(デフォルトのままで問題ありません)。
    3. [App ID Suffix] セクションで、[Explicit App ID] を選択してから、[Bundle ID] に独自のバンドル ID(例: com.google.samples.firebaseexample)を入力します。バンドル ID の値は、アプリの Info.plist で使用している値と、FCM の設定を取得するために使用している値に一致させる必要があります。
    4. [App Services] セクションで [Push Notifications] がオンになっていることを確認します。
  6. [Continue] をクリックして、入力内容に間違いがないことを確認します。
    1. [Identifier] の値は、アプリ ID 接頭辞の値とバンドル ID の値を繋げたものに一致している必要があります。
    2. [Push Notifications] は [Configurable] になっている必要があります。
  7. [Register] をクリックしてアプリ ID を作成します。

プロビジョニング プロファイルを作成する

開発中にアプリをテストする場合、App Store にまだ公開されていないアプリを端末で実行する権限を与えるため、開発用のプロビジョニング プロファイルが必要になります。

  1. Apple Developer Member Center に移動してログインします。
  2. [Certificates, Identifiers and Profiles] に移動します。
  3. 左上のプルダウン メニューで、[iOS, tvOS, watchOS] が選択されていない場合はそれを選択し、次に [Provisioning Profiles] > [All] に移動します。
  4. [+] ボタンをクリックして、新しいプロビジョニング プロファイルを作成します。
  5. プロビジョニング プロファイルの種類として [iOS App Development] を選択し、[Continue] をクリックします。
  6. プルダウン メニューで、使用するアプリ ID を選択し、[Continue] をクリックします。
  7. 前の手順で選択したアプリ ID の iOS 開発用証明書を選択し、[Continue] をクリックします。
  8. プロビジョニング プロファイルに含める iOS 端末を選択し、[Continue] をクリックします。テストに使用する端末をすべて選択するようにしてください。
  9. このプロビジョニング プロファイルの名前(例: Firebase Sample App Development Profile)を入力して [Generate] をクリックします。
  10. [Download] をクリックして、プロビジョニング プロファイルを Mac に保存します。
  11. プロビジョニング プロファイルをダブルクリックしてインストールします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。