APNs の SSL 証明書のプロビジョニング

Firebase Cloud Messaging APNs インターフェースは、Apple Push Notification サービス(APNs)を使用して、バックグラウンド動作時を含め iOS アプリへ最大 2 KB サイズのメッセージを送信します。

APNs によるプッシュ通知の送信を有効にするために、次の準備が必要になります。

  • プッシュ通知用に設定されたアプリ ID に関連付けられている SSL 証明書。
  • そのアプリ ID のプロビジョニング プロファイル。

どちらも Apple Developer Member Center で作成します。

SSL 証明書を作成する

このセクションでは、プッシュ通知が有効になっているアプリ ID の SSL 証明書を生成する方法について説明します。Firebase Cloud Messaging は、この証明書を使用して、アプリ ID で識別されるアプリケーションにプッシュ通知を送信します。

証明書署名要求ファイルを生成する

SSL 証明書の作成を認証するには、証明書署名要求ファイルが必要です。

  1. Mac 上でキーチェーン アクセスを開きます(Finder で [移動] メニュー、[ユーティリティ] の順に選択すると表示されます)。
  2. キーチェーン アクセス アプリのメニューで、[キーチェーン アクセス]、[証明書アシスタント]、[認証局に証明書を要求...] の順に移動します。
  3. メールアドレスと名前を入力します。
  4. [要求の処理] で [ディスクに保存] を選択し、[続ける] をクリックして .certSigningRequest ファイルを Mac に保存します。

アプリ ID を作成する

アプリ ID はアプリを一意に特定する識別子です。慣例的に、アプリ ID はドメインを反転させて表記されます(例: com.google.samples.firebaseexample)。

  1. Apple Developer Member Center に移動してログインします。
  2. [Certificates, Identifiers and Profiles] に移動します。
  3. 左上のプルダウン メニューで、[iOS, tvOS, watchOS] が選択されていない場合はそれを選択し、次に [Identifiers] > [App IDs] に移動します。
  4. [+] ボタンをクリックして新しいアプリ ID を作成します。
  5. 新しいアプリ ID を作成するには、次の操作を実行します。
    1. [Name] にアプリ ID の名前を入力します(例: Firebase Sample App)。
    2. [App ID Prefix] を選択します(既定の選択肢で問題ありません)。
    3. [App ID Suffix] セクションで、[Explicit App ID] を選択してから、[Bundle ID] に独自のバンドル ID(例: com.google.samples.firebaseexample)を入力します。バンドル ID の値は、お使いのアプリの Info.plist で使用している値と、FCM の設定を取得するために使用している値に一致させる必要があります。
    4. [App Services] セクションで [Push Notifications] がオンになっていることを確認します。
  6. [Continue] をクリックして、入力内容に間違いがないことを確認します。
    1. [Identifier] の値は、アプリ ID 接頭辞の値とバンドル ID の値を繋げたものに一致している必要があります。
    2. [Push Notifications] は [Configurable] になっている必要があります。
  7. [Register] をクリックしてアプリ ID を作成します。

プッシュ通知用にアプリ ID を設定する

iOS アプリにプッシュ通知を送信するには、その機能を有効にするようにアプリ ID を設定する必要があります。

  1. iOS アプリ ID のリストから使用する ID を選択し、[Edit] をクリックします。
  2. [Push Notifications] セクションで、開発環境または本番環境用のクライアント SSL 証明書を作成できます。[Development SSL Certificate] セクションで [Create Certificate...] をクリックして、開発用の証明書を作成します。
  3. 次に [About Creating a Certificate Signing Request (CSR)] というセクションが表示され、CSR の作成に関する情報が示されます。[Continue] をクリックします。
  4. フローの [Generate] セクションが表示されるので、[Choose File...] をクリックします。前に作成した .certSigningRequest ファイルを選択し、続いて [Generate] がアクティブになったらこのボタンをクリックします。
  5. SSL 証明書が準備できたら、[Download] をクリックして Mac に保存し、[Done] をクリックして証明書作成フローを閉じます。
  6. Mac 上でダウンロードした SSL 証明書を探し、これをダブルクリックしてキーチェーンにインストールします。
  7. Mac 上でキーチェーン アクセスを開きます。[My Certificates] の下で、追加した証明書を探します。これには Apple Development IOS Push Services: your.bundle.id という名前が付けられています。
  8. 矢印を展開し、右クリックして、秘密鍵を .p12 ファイルとしてエクスポートします。必要に応じて、エクスポートした証明書を保護するためのパスワードを入力します。証明書を .p12 ファイルとしてエクスポートするオプションが表示されない場合は、左側の列で [My Certificates] を選択しているか確認してください。

これで、アプリはプッシュ通知の開発環境を使用できるようになります。 アプリをリリースする準備ができたら、プッシュ通知の本番環境を使用できるようにアプリを設定する必要があります。手順は開発環境の場合と同じですが、[Development SSL Certificate] セクションではなく、[Production SSL Certificate] の下の [Create Certificate] をクリックします。

プロビジョニング プロファイルを作成する

開発中にアプリをテストする場合、App Store にまだ公開されていないアプリを端末で実行する権限を与えるため、開発用のプロビジョニング プロファイルが必要になります。

  1. Apple Developer Member Center に移動してログインします。
  2. [Certificates, Identifiers and Profiles] に移動します。
  3. 左上のプルダウン メニューで、[iOS, tvOS, watchOS] が選択されていない場合はそれを選択し、次に [Provisioning Profiles] > [All] に移動します。
  4. [+] ボタンをクリックして、新しいプロビジョニング プロファイルを作成します。
  5. プロビジョニング プロファイルの種類として [iOS App Development] を選択し、[Continue] をクリックします。
  6. プルダウン メニューで、使用するアプリ ID を選択し、[Continue] をクリックします。
  7. 前の手順で選択したアプリ ID の iOS 開発用証明書を選択し、[Continue] をクリックします。
  8. プロビジョニング プロファイルに含める iOS 端末を選択し、[Continue] をクリックします。テストに使用する端末をすべて選択するようにしてください。
  9. このプロビジョニング プロファイルの名前(例: Firebase Sample App Development Profile)を入力し[Generate] をクリックします。
  10. [Download] をクリックして、プロビジョニング プロファイルを Mac に保存します。
  11. プロビジョニング プロファイルをダブルクリックしてインストールします。

フィードバックを送信...