iOS でのインストールと設定

Firebase Realtime Database はクラウドにホストされたデータベースです。データは JSON として保存され、接続されているすべてのクライアントとリアルタイムに同期されます。Android、iOS、JavaScript SDK を使用してクロスプラットフォーム アプリを構築すると、すべてのクライアントによって 1 つの Realtime Database インスタンスが共有され、最新のデータによる更新が自動的に受信されます。

事前準備

  1. Firebase SDK をインストールします
  2. Firebase コンソールでアプリを Firebase プロジェクトに追加します。

アプリに Firebase Realtime Database を追加する

プロジェクトの Podfile に次の依存関係があることを確認します。

pod 'Firebase/Database'

pod install を実行して、作成した .xcworkspace ファイルを開きます。

Firebase Database ルールを設定する

Realtime Database には宣言型のルール言語が用意されているため、データの構造化方法、インデックスの作成方法、データの書き込みと読み取りのタイミングを定義できます。認証ユーザーのみがデータの読み取りと書き込みができるように、データベースへの読み書きアクセスはデフォルトで制限されます。認証を設定せずに開始するには、公衆アクセスルールを設定します。この場合、アプリを使用しない人を含むあらゆる人々にデータベースが公開されるので、認証の設定時には、データベースのアクセスを必ず制限してください。

Firebase Realtime Database を設定する

Firebase アプリの参照を作成または使用する前に、Firebase を初期化する必要があります。他の Firebase 機能で既に初期化を行っている場合は、この手順をスキップできます。

  1. Firebase モジュールをインポートします。

    Objective-C

    @import Firebase;
    

    Swift

    import Firebase
    
  2. FIRApp 共有インスタンスを設定します。通常はアプリケーションの application:didFinishLaunchingWithOptions: メソッドを使用します。

    Objective-C

    // Use Firebase library to configure APIs
    [FIRApp configure];
    

    Swift

    // Use Firebase library to configure APIs
    FIRApp.configure()
    

Firebase Realtime Database を初期化したら、次のようにデータベースへの参照を作成します。

Objective-C

self.ref = [[FIRDatabase database] reference];

Swift

self.ref = FIRDatabase.database().reference()

起動準備

アプリを起動する前に、起動チェックリストに沿って、アプリの準備が整っていることを確認することをおすすめします。

次のステップ

フィードバックを送信...