iOS で使ってみる

Firebase Storage では、ユーザーが生成した画像や動画などのコンテンツをアップロードして共有できるため、リッチメディア コンテンツをアプリ内に構築することができます。Firebase Storage はこのデータを Google Cloud Storage バケットに格納します。これはペタバイト スケールのオブジェクト ストレージ ソリューションで、高い可用性とグローバルな冗長性を備えます。Firebase Storage を使うと、モバイル端末やウェブブラウザから直接ファイルを安全にアップロードすることができ、不安定なネットワークからでも簡単に操作できます。

事前準備

  1. Firebase SDK をインストールします。
  2. Firebase console でアプリを Firebase プロジェクトに追加します。

アプリに Firebase Storage を追加する

プロジェクトの Podfile に次の依存関係があることを確認します。

pod 'Firebase/Storage'

pod install を実行して、作成した .xcworkspace ファイルを開きます。

Firebase Storage を設定する

Firebase アプリの参照を作成または使用する前に、Firebase Storage を初期化する必要があります。他の Firebase 機能ですでに初期化を行っている場合は、この手順をスキップできます。

  1. Firebase モジュールを UIApplicationDelegate サブクラスにインポートします。

    Objective-C

    @import Firebase;
    

    Swift

    import Firebase
    
  2. FIRApp 共有インスタンスを設定します。通常はアプリケーションの application:didFinishLaunchingWithOptions: メソッドを使用します。

    Objective-C

     verbatim f4837415eb98478ae53b9bc9796b0226 // Use Firebase library to configure APIs
    [FIRApp configure]; endverbatim f4837415eb98478ae53b9bc9796b0226 
    

    Swift

     verbatim 2ac23ab3ab1009da8a019fb5469208e7 // Use Firebase library to configure APIs
    FIRApp.configure() endverbatim 2ac23ab3ab1009da8a019fb5469208e7 
    
  3. デフォルトの Firebase アプリを使用して、ストレージ サービスへの参照を取得します。

    Objective-C

    FIRStorage *storage = [FIRStorage storage];
    

    Swift

    let storage = FIRStorage.storage()
    

これで Firebase Storage を使えるようになりました。最初に、Firebase Storage の参照を作成する方法を学習しましょう。

フィードバックを送信...