コンソールへ移動

ユーザー プロパティを設定する

ユーザー プロパティとは、ユーザー層を示す属性のことを言います。たとえば、言語や地域などがあり、自由に定義できます。

アナリティクスは一部のユーザー プロパティに関するログを自動で記録します。それらのログを有効化するためのコードを追加する必要はありません。それ以外のデータを収集する必要がある場合は、アナリティクスのユーザー プロパティをプロジェクトごとに最大 25 個まで設定できます。ユーザー プロパティ名では大文字と小文字が区別されます。そのため、大文字と小文字の使い方だけが異なっている同じ名前の 2 つのユーザー プロパティは、2 つの別個のユーザー プロパティとしてログに記録されます。

はじめに

プロジェクトを設定し、Analytics for Android を使ってみるの説明に従って、Analytics にアクセスできることを確認します。

ユーザー プロパティを設定する

アプリのユーザー層を示す、アナリティクスのユーザー プロパティを設定することができます。設定したプロパティはフィルタとしてレポートに適用し、さまざまなユーザー セグメントの行動分析に利用することができます。

ユーザー プロパティを設定するには、次のように操作します。

  1. Firebase コンソールの [アナリティクス] ページで、プロパティを登録します。

  2. setUserProperty() メソッドを使用してアナリティクスのユーザー プロパティを設定するコードを追加します。

次の例では、好きな食べ物に関する架空のプロパティを追加します。このプロパティは、アクティブなユーザーの mFavoriteFood に値を割り当てます。

Java

mFirebaseAnalytics.setUserProperty("favorite_food", mFavoriteFood);

Kotlin

firebaseAnalytics.setUserProperty("favorite_food", food)

このデータにアクセスするには、次のように操作します。

  1. Firebase コンソールでプロジェクトを開きます。
  2. メニューで [アナリティクス] を選択し、アナリティクスのレポート ダッシュボードを表示します。

[ユーザー プロパティ] タブに、アプリで定義したユーザー プロパティのリストが表示されます。これらのプロパティは、Google アナリティクスで作成できるレポートの多くでフィルタとして使用できます。アナリティクスのレポート ダッシュボードについて詳しくは、Firebase ヘルプセンターをご覧ください。