Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Google アナリティクスを使ってみる

このクイックスタートでは、アプリに Google アナリティクスを追加し、イベントのロギングを始める方法について説明します。

Google アナリティクスは、アプリの使用状況や動作に関するデータを収集します。この SDK は主に次の 2 種類の情報を記録します。

  • イベント: ユーザーの操作、システム イベント、エラーなど、アプリで起こっていること。
  • ユーザー プロパティ: 言語や地域など、ユーザー層を示す属性。自由に定義できます。

アナリティクスでは、一部のイベントユーザー プロパティが自動的にログに記録されます。これらのログ記録を有効にするコードを追加する必要はありません。

始める前に

まだ追加していない場合は、Android プロジェクトに Firebase を追加し、Firebase プロジェクトで Google アナリティクスが有効になっていることを確認します。

  • 新しい Firebase プロジェクトを作成する場合は、プロジェクトの作成ワークフローで Google アナリティクスを有効にします。

  • Google アナリティクスが有効になっていない既存の Firebase プロジェクトがある場合は、[] > [プロジェクトの設定] の [統合] タブで Google アナリティクスを有効にできます。

プロジェクトで Google アナリティクスを有効にすると、Firebase アプリが Google アナリティクスのデータ ストリームにリンクされます。

アプリにアナリティクス SDK を追加する

  1. Firebase Android BoM を使用して、モジュール(アプリレベル)の Gradle ファイル(通常は app/build.gradle)でアナリティクス Android ライブラリの依存関係を宣言します。

    Java

    dependencies {
        // Import the BoM for the Firebase platform
        implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:26.2.0')
    
        // Declare the dependency for the Analytics library
        // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics'
    }
    

    Firebase Android BoM を使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

    (別の方法)BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を宣言する

    Firebase BoM を使用しない場合は、依存関係の行でそれぞれの Firebase ライブラリのバージョンを指定する必要があります。

    アプリで複数の Firebase ライブラリを使用する場合は、すべてのバージョンの互換性を確保するため、ライブラリのバージョンの管理に BoM を使用することを強くおすすめします。

    dependencies {
        // Declare the dependency for the Analytics library
        // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics:18.0.0'
    }
    

    Kotlin+KTX

    dependencies {
        // Import the BoM for the Firebase platform
        implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:26.2.0')
    
        // Declare the dependency for the Analytics library
        // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics-ktx'
    }
    

    Firebase Android BoM を使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

    (別の方法)BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を宣言する

    Firebase BoM を使用しない場合は、依存関係の行でそれぞれの Firebase ライブラリのバージョンを指定する必要があります。

    アプリで複数の Firebase ライブラリを使用する場合は、すべてのバージョンの互換性を確保するため、BoM を使用してライブラリのバージョンを管理することを強くおすすめします。

    dependencies {
        // Declare the dependency for the Analytics library
        // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
        implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics-ktx:18.0.0'
    }
    

  2. アクティビティの最上位で com.google.firebase.analytics.FirebaseAnalytics オブジェクトを宣言します。

    Java

    private FirebaseAnalytics mFirebaseAnalytics;

    Kotlin+KTX

    private lateinit var firebaseAnalytics: FirebaseAnalytics
  3. onCreate() メソッドで初期化します。

    Java

    // Obtain the FirebaseAnalytics instance.
    mFirebaseAnalytics = FirebaseAnalytics.getInstance(this);

    Kotlin+KTX

    // Obtain the FirebaseAnalytics instance.
    firebaseAnalytics = Firebase.analytics

イベントのロギングを開始する

FirebaseAnalytics インスタンスを作成した後、logEvent() メソッドでイベント ロギングを開始できます。

イベントには、すべてのアプリで推奨されるイベントと、特定のビジネスや業種で推奨されるイベントがあります。推奨イベントとパラメータを一緒に送信することで、レポートに詳しい情報を表示できます。また、リリースされる最新の機能や統合を活用することもできます。このセクションでは、あらかじめ定義されているイベントのロギングについて説明します。イベント ロギングの詳細については、イベントをロギングするを参照してください。

次のコードは、ユーザーがアプリ内の特定の要素をクリックしたときに SELECT_CONTENT イベントをログに記録します。

Java

Bundle bundle = new Bundle();
bundle.putString(FirebaseAnalytics.Param.ITEM_ID, id);
bundle.putString(FirebaseAnalytics.Param.ITEM_NAME, name);
bundle.putString(FirebaseAnalytics.Param.CONTENT_TYPE, "image");
mFirebaseAnalytics.logEvent(FirebaseAnalytics.Event.SELECT_CONTENT, bundle);

Kotlin+KTX

firebaseAnalytics.logEvent(FirebaseAnalytics.Event.SELECT_ITEM) {
    param(FirebaseAnalytics.Param.ITEM_ID, id)
    param(FirebaseAnalytics.Param.ITEM_NAME, name)
    param(FirebaseAnalytics.Param.CONTENT_TYPE, "image")
}

詳細ログを有効にして SDK によるイベントのログ記録をモニタリングし、イベントが正しく記録されているかどうかを確認できます。対象となるのは、自動で記録されるイベントと手動で記録されるイベントの両方です。

詳細ロギングを有効にするには、次の一連の adb コマンドを入力します。

adb shell setprop log.tag.FA VERBOSE
adb shell setprop log.tag.FA-SVC VERBOSE
adb logcat -v time -s FA FA-SVC

このコマンドを入力すると Android Studio の logcat にイベントが表示され、イベントが送信されているかどうかを即座に確認できます。

次のステップ