5 月 10 日開催の Google I/O で Firebase の最新情報をお届けします。今すぐ登録

ユーザー プロパティを設定する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ユーザー プロパティとは、ユーザーベースの特定部分を表す属性(言語設定、地理的位置など)であり、自由に定義できます。

アナリティクスは一部のユーザー プロパティを自動的にロギングします。それらのログを有効にするコードを追加する必要はありません。それ以外のデータをアプリで収集する必要がある場合は、最大 25 個までアナリティクスのユーザー プロパティをアプリに設定できます。

始める前に

Google アナリティクスを使用するには、あらかじめ次の作業が必要です。

  • Firebase を使用するように Unity プロジェクトを登録して構成する。

    • Unity プロジェクトですでに Firebase を使用している場合、この登録と構成はすでに行われています。

    • Unity プロジェクトがない場合は、サンプルアプリをダウンロードできます。

  • Unity プロジェクトに Firebase Unity SDK(具体的には FirebaseAnalytics.unitypackage)を追加する。

Firebase を Unity プロジェクトに追加するには、Firebase コンソールと開いている Unity プロジェクトの両方でタスクを行う必要があります(コンソールから Firebase 構成ファイルをダウンロードし、それを Unity プロジェクトに移動するなど)。

ユーザー プロパティを設定する

アプリのユーザー層を説明するために、アナリティクスのユーザー プロパティを設定できます。設定したプロパティはフィルタとしてレポートに適用し、さまざまなユーザー セグメントの行動分析に利用できます。

ユーザー プロパティを設定するには、次のように操作します。

  1. Firebase コンソールの [アナリティクス] タブで、プロパティを登録します。

  2. SetUserProperty() メソッドを使用してアナリティクスのユーザー プロパティを設定するコードを追加します。各プロパティの名前と値は自由に設定できます。

次の例では、好きな食べ物に関する架空のプロパティを追加します。このプロパティは、アクティブ ユーザーの mFavoriteFood に値を割り当てます。

Firebase.Analytics.FirebaseAnalytics.SetUserProperty("favorite_food", "ice cream");

このデータにアクセスするには、次のように操作します。

  1. Firebase コンソールでプロジェクトを開きます。
  2. メニューで [アナリティクス] を選択し、アナリティクスのレポート ダッシュボードを表示します。

[ユーザー プロパティ] タブには、アプリに定義したユーザー プロパティのリストが表示されます。こうしたプロパティは、Google アナリティクスで利用できるレポートの多くでフィルタとして使用できます。アナリティクスのレポート ダッシュボードについて詳しくは、Firebase ヘルプセンターをご覧ください。