Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Firebase Performance Monitoring

アプリのパフォーマンス上の問題を分析します。

Firebase Performance Monitoring サービスを使用すると、iOS アプリ、Android アプリ、ウェブアプリのパフォーマンス特性を把握できます。

Performance Monitoring SDK を使用してアプリからパフォーマンス データを収集し、Firebase コンソールでデータのレビューと分析を行います。これにより、アプリのパフォーマンスをいつどこで改善できるかがわかり、その情報を使用してパフォーマンスの問題を解決できます。

iOS Android ウェブ

主な機能

アプリの起動時間や HTTP ネットワーク リクエストなどを自動的に測定する Performance Monitoring SDK をアプリに統合すると、アプリのパフォーマンスの重要な指標をモニタリングするためのコードを作成する必要がなくなります。
ネイティブ アプリの場合、起動時間、画面ごとのレンダリング データ、フォアグラウンドでのアクティビティ、バックグラウンドでのアクティビティといった指標が SDK でロギングされます。ウェブアプリの場合、First Contentful Paint や、ユーザーがアプリと対話できるかどうかなどについて、SDK によってロギングされます。
アプリのパフォーマンスの改善が見込める状況を見抜く ユーザーの期待に応えられていない理由が正確にわからないと、アプリのパフォーマンスを最適化するのは困難です。これに対応できるように、Performance Monitoring ではパフォーマンス指標を国、デバイス、アプリのバージョン、OS レベルなどの属性別に分析して確認できます。
アプリのモニタリングをカスタマイズする カスタムコード トレースを設定して、新しい画面を読み込む、または新しいインタラクティブ機能を表示する場合など、特定の状況におけるアプリのパフォーマンスをキャプチャできます。また、カスタムコード トレースにカスタム指標を作成して、トレース時に定義したイベント(キャッシュ ヒットなど)をカウントすることもできます。

仕組み

Performance Monitoring SDK を追加すると、Firebase はアプリ内のいくつかの一般的なプロセスに関するデータの収集を自動的に開始します。次に例を示します。

Performance Monitoring は、トレースを使用して、これらのプロセスに関するデータを収集します。トレースは、アプリ内の 2 つの時点の間でキャプチャされたデータを含むレポートです。

各トレースで収集されたパフォーマンス データは指標と呼ばれ、トレースの種類によって異なります。たとえば、アプリのインスタンスがネットワーク リクエストを発行すると、トレースでは、レスポンス時間やペイロード サイズなど、ネットワーク リクエストのモニタリングにとって重要な指標が収集されます。

アプリのインスタンスがモニタリング対象プロセスを実行するたびに、関連するトレースもアプリ インスタンスの属性データを自動的に収集します。たとえば、Android アプリがネットワーク リクエストを発行する場合、トレースはその特定のアプリ インスタンスのデバイス、アプリのバージョンなどの属性を収集します。これらの属性を使用して、パフォーマンス データをフィルタリングし、特定のユーザー セグメントで問題が発生しているかどうかを確認できます。

Performance Monitoring の事前構成済みのトレースを使用してアプリのモニタリングを開始できますが、特定のタスクまたはフローのパフォーマンスを確認するには、アプリでコードの独自のカスタム トレースのインストゥルメント化を試みてください。

実装パス

アプリに Performance Monitoring SDK を追加する アプリで使用する他の Firebase プロダクトとともに Performance Monitoring SDK をアプリに追加できます。
iOS | Android | ウェブ
(省略可)
カスタムコード トレースとカスタム指標をアプリに設定する
Performance Monitoring SDK を使用して、アプリのパフォーマンスを特定の側面から測定するカスタムコード トレースとカスタム指標を設定できます。
コンソールでパフォーマンス データをモニタリングする Firebase コンソールを使用すると、ユーザーのパフォーマンス データをモニタリングし、アプリにパフォーマンスを改善する余地がある特定の状況を検出できます。また、そのデータをアプリのバージョン、国、デバイス、OS などの属性で分析することもできます。

ユーザーデータ

Performance Monitoring が個人を特定できる情報(名前、メールアドレス、電話番号など)を永続的に保存することはありません。HTTP ネットワーク リクエストをモニタリングするにあたり、Performance Monitoring は URL(URL パラメータは含まない)をもとに集約された匿名の URL パターンを構築します。このパターンが最終的に保存され、Firebase コンソールに表示されます。

詳細については、Performance Monitoring によって収集される情報の例をご覧ください。

次のステップ