AppDistributionでテスターとして設定する

FirebaseコンソールまたはCLIツール( Firebase CLIfastlane)を使用してアプリを最初に配布すると、App Distributionは、ビルドのインストールとテストの方法を説明した招待状をテスターに​​メールで送信します。

このガイドでは、テスターの観点から、アプリ配布を通じて配布される新しいアプリをインストールしてテストする方法について説明します。よくある質問への回答やトラブルシューティングのヘルプについては、トラブルシューティングガイドをお読みください。

ステップ1 :Googleにログインして、招待を受け入れます

  1. iOSデバイスで、Safariで招待メールを開きます。 Firebaseプロファイルを正しくインストールし、手順2でデバイスを登録するには、招待メールを開く必要があります。

  2. プロンプトが表示されたら、Googleでログインし、アプリをテストするための招待を受け入れます。

招待を受け入れると、テストアプリをインストールするためのアクセス権が付与されます。また、アプリの開発者が新しいビルドを配布し、テスターとしてあなたを含めると、Firebaseからビルド通知メールが届きます。

手順2 :Firebaseプロファイルをインストールする

アドホックディストリビューション

  1. テストアプリのページで、[デバイスの登録]をタップします。
  2. プロンプトが表示されたら、Firebaseプロファイルをダウンロードしてから、設定アプリにプロファイルをインストールします。

プロファイルをインストールすると、Firebaseに次の権限が付与されます。

  • デバイスの一意のデバイスID(UDID)を収集して、テストデバイスを登録します。アドホックディストリビューションをテストしている場合、Firebaseは、Firebaseプロジェクトのすべての所有者と編集者に、テストデバイスのUDIDを含むメールと、ビルドをテストできるようにアプリのプロビジョニングプロファイルにデバイスを含める方法の説明を送信します。お使いのデバイスで。
  • Firebase AppDistributionWebクリップをテストデバイスのホーム画面にインストールします。 Webクリップを使用すると、すべてのテストアプリをインストールしてアクセスできます。

エンタープライズディストリビューション

この手順はオプションですが、エンタープライズ署名付きディストリビューションのテストに推奨されます。プロファイルをインストールすると、Firebase App Distribution Webクリップがデバイスのホーム画面に追加されるため、すべてのテストアプリをインストールしてアクセスできます。プロファイルを手動でインストールするには:

  1. [アプリのテスト]で、テストするアプリを選択します。

  2. アプリのページの右上にあるをタップします。

  3. 表示される手順に従って、Firebaseプロファイルをインストールします。

ステップ3 :ビルドをインストールしてテストする

アドホックディストリビューション

デバイスを登録した後、開発者はプロビジョニングプロファイルをデバイスのUDIDで更新し、デバイスで実行するように構成されたビルドを再配布する必要があります。ビルドがインストール可能になると、Firebaseから通知がメールで送信されます。

Firebase App Distribution Webクリップの[アプリのテスト]セクションで、新しいビルドをインストールするアプリを選択し、[ダウンロード]をタップします。ビルドはデバイスのホーム画面にダウンロードされるため、すぐにテストを開始できます。

エンタープライズディストリビューション

  1. Firebase App Distribution Webクリップの[アプリのテスト]セクションで、新しいビルドをインストールするアプリを選択し、[ダウンロード]をタップします。ビルドはデバイスのホーム画面にダウンロードされるため、すぐにテストを開始できます。
  2. [設定]アプリ>[プロファイルとデバイス管理]画面で、アプリの開発者名を選択して信頼します。

Firebase App Distribution Webクリップがない場合は、[Firebaseからの新しいビルド通知メールで最新のビルドをダウンロードする]をタップして、テストアプリの新しいビルドをインストールできます。

最後に、デバイスのホーム画面に戻り、テストアプリを開きます。

ステップ4 :(オプション)新しいビルドアラートを有効にする

Firebase App Distribution SDKがテストアプリに追加されている場合は、オプションで、新しいビルドがテストに利用できるときに表示されるアプリ内アラートを有効にすることができます。 SDKをテストアプリに追加する方法など、SDKの詳細については、スタートガイドを参照してください。

  1. デバイスのホーム画面から、テストアプリを開きます。

  2. [アラートを有効にする]ダイアログが表示されたら、[はい]をタップします。

  3. 手順1で以前に使用したGoogleアカウント(アプリの招待を受け入れるために使用したアカウント)でサインインします。アプリ内アラートは自動的にオンになります。

    Googleアカウントへのログインに問題がある場合は、トラブルシューティングガイドにアクセスしてください。

  4. テストアプリに戻ります。これで、新しいアプリバージョンがテストに利用できるようになると、アプリ内アラートを受け取ります。

アラートから直接新しいアプリバージョンをダウンロードするには、アラートダイアログで[更新]をタップします。新しいアプリバージョンがダウンロードされ、デバイスのホーム画面に追加されます。

テスターアカウントを削除します

App Distributionテスターアカウントとそのデータを削除するには、AppDistributionのトラブルシューティングとFAQを参照してください。