Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Firebase アプリ内メッセージングを使ってみる

このクイックスタートでは、Firebase アプリ内メッセージングを設定して最初のメッセージを送信する方法について説明します。

始める前に

作業を開始する前に、iOS プロジェクトに Firebase を追加していることを確認してください。

プロジェクトに Firebase アプリ内メッセージング SDK を追加する

始めに、Firebase アプリ内メッセージング CocoaPods を追加して、Firebase アプリ内メッセージング SDK フレームワーク ファイルをプロジェクトに追加します。

  1. 新しいターミナル ウィンドウを開き、Xcode プロジェクトのディレクトリに移動します。
  2. Podfile を開き、ハイライト表示されている行を追加します。
    # Uncomment the next line to define a global platform for your project
    # platform :ios, '9.0'
    
    target 'YourProject' do
    # Comment the next line if you're not using Swift and don't want to use dynamic frameworks
    use_frameworks!
    
    # Pods for YourProject
    pod 'Firebase'
    pod 'Firebase/InAppMessaging'
    pod 'Firebase/Analytics'
    end
  3. ターミナルで、ポッドの依存関係をインストールします。
    pod install
  4. Xcode でアプリのプロジェクトを開きます。
    open YOUR-PROJECT.xcworkspace

次に、アプリで SDK を初期化します。

  1. Firebase モジュールをまだインポートしていない場合は、UIApplicationDelegate にインポートします。
    Swift
    import Firebase
    Objective-C
    @import Firebase;
  2. FirebaseApp 共有インスタンスを構成します(まだの場合)。通常これはアプリの application:didFinishLaunchingWithOptions: メソッドで行います。
    Swift
    // Use Firebase library to configure APIs
    FirebaseApp.configure()
    Objective-C
    // Use Firebase library to configure APIs
    [FIRApp configure];
  3. アプリをコンパイルして実行します。

テスト メッセージを送信する

アプリのインストール ID を取得する

電力を節約するため、Firebase アプリ内メッセージングはサーバーからのメッセージの取得を 1 日に 1 回だけ行います。このような設定ではテストが困難になることがあるため、Firebase コンソールでは、メッセージをオンデマンドで表示するテストデバイスを指定することができます。

このテストデバイスは、Firebase インストール サービスによって提供される Firebase のインストール ID によって決まります。テスト用アプリのインストール ID を確認するには、ランタイム コマンドの引数 -FIRDebugEnabled を指定してアプリを実行します。

  1. Xcode プロジェクトを開き、上部のメニューバーから [Product] > [Scheme] > [Edit scheme] の順に選択します。
  2. ポップアップ表示されたダイアログで [Arguments] タブを開きます。
  3. [Arguments Passed On Launch] で [+ Add items] をクリックします。
  4. 新しく作成されたフィールドに「-FIRDebugEnabled」と入力します。
  5. [Close] をクリックし、アプリを実行します。

アプリの実行が開始されたら、Xcode コンソールのログで次の行を探します。

[Firebase/InAppMessaging][I-IAM180017] Starting InAppMessaging runtime with Firebase Installation ID YOUR_INSTALLATION_ID

テストデバイスにメッセージを送る

テストデバイスでアプリを起動し、Firebase インストール ID(FID)を取得したら、テスト メッセージを送信して Firebase アプリ内メッセージングの設定を試すことができます。

  1. Firebase コンソールで [アプリ内メッセージング] を開きます。
  2. [新しいキャンペーン] をクリックします。
  3. 最初のメッセージのタイトルを入力します。
  4. [デバイスでテスト] をクリックします。
  5. [インストール ID の追加] フィールドにアプリの Firebase インストール ID を入力します。
  6. [テスト] をクリックしてメッセージを送信します。

[テスト] をクリックするとすぐに Firebase アプリ内メッセージングからテスト メッセージが送信されます。このメッセージを表示するには、テストデバイスでアプリを閉じてから開き直します。

デバイスがテストデバイスかどうかを確認するには、次のログメッセージを探します。

[Firebase/InAppMessaging][I-IAM180017] Seeing test message in fetch response. Turn the current instance into a testing instance.