Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

アプリの起動、アプリインフォアグラウンド、アプリインバックグラウンドのパフォーマンスデータについて学ぶ(AppleおよびAndroidアプリ)

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Performance Monitoring は、トレースを使用して、アプリ内の監視対象プロセスに関するデータを収集します。トレースは、アプリ内の 2 つの時点の間でキャプチャされたデータを含むレポートです。

Apple および Android アプリの場合、Performance Monitoring は、アプリのライフサイクルに関連するいくつかのトレースを自動的に収集します。これらのトレースはすべて、プロセスの実行にかかる時間 (「期間」) を測定するため、タイマーのようなものです。

これらのトレースはメトリック「期間」のみを収集するため、「期間トレース」と呼ばれることがあります。

これらのトレースからのデータは、パフォーマンスダッシュボードの下部にあるトレース テーブルの [カスタム トレース] サブタブで表示できます (コンソールの使用については、このページで後述します)。

各トレースの定義

Performance Monitoring は、アプリ内のメソッド呼び出しと通知を使用して、各タイプのトレースの開始と停止のタイミングを決定します。これらのトレースはすべて、プロセスの実行にかかる時間を測定するため、タイマーのようなものです。

アプリ起動トレース

このトレースは、ユーザーがアプリを開いてからアプリが応答するまでの時間を測定します。コンソールでは、トレースの名前は_app_startです。このトレースで収集されるメトリックは「期間」です。

  • アプリケーションが最初のObjectをメモリにロードしたときに開始します。

  • アプリケーションがUIApplicationDidBecomeActiveNotification通知を受信した後に発生する最初の実行ループが成功した後に停止します。

アプリインフォアグラウンド トレース

このトレースは、アプリがフォアグラウンドで実行され、ユーザーが利用できる時間を測定します。コンソールでは、トレースの名前は_app_in_foregroundです。このトレースで収集されるメトリックは「期間」です。

  • アプリケーションがUIApplicationDidBecomeActiveNotification通知を受信すると開始します。

  • UIApplicationWillResignActiveNotification通知を受け取ると停止します。

アプリのバックグラウンド トレース

このトレースは、アプリがバックグラウンドで実行されている時間を測定します。コンソールでは、トレースの名前は_app_in_backgroundです。このトレースで報告される指標は「期間」です。

  • アプリケーションがUIApplicationWillResignActiveNotification通知を受信すると開始します。

  • UIApplicationDidBecomeActiveNotification通知を受け取ると停止します。

これらのトレースによって収集される指標

これらのトレースはすぐに使用できるトレースであるため、カスタム メトリックまたはカスタム属性を追加することはできません。

これらのトレースはすべて、監視対象のプロセスの実行にかかる時間を測定するため、タイマーのようなものです。この収集されたメトリックの名前は「期間」と呼ばれます。

パフォーマンス データの追跡、表示、フィルタリング

リアルタイムのパフォーマンス データを表示するには、アプリがリアルタイム データ処理と互換性のある Performance Monitoring SDK バージョンを使用していることを確認してください。リアルタイムのパフォーマンス データについて詳しくは、こちらをご覧ください

ダッシュボードで主要な指標を追跡する

主要な指標の傾向を知るには、パフォーマンスダッシュボードの上部にある指標ボードに追加します。週ごとの変更を確認することでリグレッションをすばやく特定したり、コードの最近の変更によってパフォーマンスが向上していることを確認したりできます。

Firebase Performance Monitoring ダッシュボードのメトリクス ボードの画像

メトリクス ボードにメトリクスを追加するには、次の手順に従います。

  1. Firebase コンソールのパフォーマンスダッシュボードに移動します。
  2. 空のメトリック カードをクリックし、既存のメトリックを選択してボードに追加します。
  3. メトリックの置換や削除など、その他のオプションについては、入力済みのメトリック カードでをクリックします。

メトリクス ボードには、収集されたメトリクス データが経時的にグラフ形式と数値の変化率の両方で表示されます。

ダッシュボードの使用について詳しくは、こちらをご覧ください。

トレースとそのデータを表示する

トレースを表示するには、Firebase コンソールのパフォーマンスダッシュボードに移動し、トレース テーブルまで下にスクロールしてから、適切なサブタブをクリックします。テーブルには、各トレースのいくつかの上位メトリックが表示され、特定のメトリックの変化率でリストを並べ替えることもできます.

Performance Monitoring は Firebase コンソールのトラブルシューティング ページを提供し、メトリックの変化を強調表示するため、アプリやユーザーに対するパフォーマンスの問題に迅速に対処し、影響を最小限に抑えることが容易になります。たとえば、次のシナリオで、潜在的なパフォーマンスの問題について学習したときに、トラブルシューティング ページを使用できます。

  • ダッシュボードで関連する指標を選択すると、大きな差があることに気付きます。
  • トレース テーブルで、最大のデルタを一番上に表示するように並べ替えると、大幅な変化率が表示されます。
  • パフォーマンスの問題を通知する電子メール アラートを受け取ります。

トラブルシューティング ページには、次の方法でアクセスできます。

  • メトリック ダッシュボードで、[メトリックの詳細を表示] ボタンをクリックします。
  • 任意の指標カードで、 => 詳細を表示を選択します。トラブルシューティング ページには、選択したメトリックに関する情報が表示されます。
  • トレース テーブルで、トレース名またはそのトレースに関連付けられている行のメトリック値をクリックします。
  • 電子メール アラートで、[今すぐ調査] をクリックします。

トレース テーブルでトレース名をクリックすると、関心のあるメトリックにドリルダウンできます。 [フィルター ] ボタンをクリックして、属性別にデータをフィルター処理します。次に例を示します。

属性でフィルタリングされた Firebase Performance Monitoring データの画像
  • アプリのバージョンでフィルターして、過去のリリースまたは最新のリリースに関するデータを表示します
  • デバイスでフィルタリングして、古いデバイスがアプリをどのように処理するかを確認します
  • でフィルター処理して、データベースの場所が特定の地域に影響していないことを確認します

トレースのデータの表示について詳しくは、こちらをご覧ください

次のステップ

  • 属性を使用してパフォーマンス データを調べる方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

  • Firebase コンソールでパフォーマンスの問題を追跡する方法の詳細をご覧ください。

  • アプリのパフォーマンスを低下させるコード変更のアラートを設定します。たとえば、アプリの開始時間が設定したしきい値を超えた場合に、チームの電子メール アラートを構成できます。

  • 同じセッション中に収集された他のトレースのタイムライン コンテキストで特定のトレースを確認できるユーザー セッションの詳細レポートを表示します。