Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

属性を使用してデータをフィルタリングする

Performance Monitoringを使用すると、属性を使用してパフォーマンスデータをセグメント化し、さまざまな実際のシナリオでのアプリのパフォーマンスに焦点を当てることができます。

トレーステーブル(パフォーマンスダッシュボードの下部にあります)でトレース名をクリックすると、さまざまな画面をクリックしてトレースを探索し、目的のメトリックにドリルダウンできます。ほとんどのページでは、[ フィルター]ボタン(画面の左上)を使用して、属性でデータをフィルター処理できます。次に例を示します。

属性でフィルタリングされているFirebasePerformanceMonitoringデータの画像

  • ページのURLでフィルタリングして、サイトの特定のページのデータを表示します
  • 効果的な接続タイプでフィルタリングして、3g接続がアプリに与える影響を確認します
  • 国でフィルタリングして、データベースの場所が特定の地域に影響を与えていないことを確認します

デフォルトの属性

Performance Monitoringは、トレースのタイプに応じて、さまざまなデフォルト属性を自動的に収集します。

これらのデフォルト属性に加えて、カスタムコードトレースカスタム属性作成して、アプリに固有のカテゴリでデータをセグメント化することもできます。たとえば、ゲームでは、ゲームレベルごとにデータをセグメント化できます。

Webアプリ用に収集されたデフォルトの属性

Webアプリのすべてのトレースは、デフォルトで次の属性を収集します。

ユーザーデータの収集

カスタム属性を作成する

インストルメント化されたカスタムコードトレースのいずれかにカスタム属性を作成できます。

Performance Monitoring Trace API使用して、カスタム属性をカスタムコードトレースに追加します。

カスタム属性を使用するには、属性を定義し、それを特定のカスタムコードトレースに関連付けるコードをアプリに追加します。カスタム属性は、トレースの開始時から停止時までの間にいつでも設定できます。

次の点に注意してください。

  • カスタム属性の名前は、次の要件を満たしている必要があります。先頭または末尾の空白、先頭の下線( _ )文字、最大長は32文字です。

  • 各カスタムコードトレースは、最大5つのカスタム属性を記録できます。

  • Googleに対して個人を個人的に識別する情報を含むカスタム属性を使用しないでください。

    このガイドラインの詳細

Web v8

const trace = perf.trace("test_trace");
trace.putAttribute("experiment", "A");

// Update scenario
trace.putAttribute("experiment", "B");

// Reading scenario
const experimentValue = trace.getAttribute("experiment");

// Delete scenario
trace.removeAttribute("experiment");

// Read attributes
const traceAttributes = trace.getAttributes();

Web v9

import { trace } from "firebase/performance";

const t = trace(perf, "test_trace");
t.putAttribute("experiment", "A");

// Update scenario
t.putAttribute("experiment", "B");

// Reading scenario
const experimentValue = t.getAttribute("experiment");

// Delete scenario
t.removeAttribute("experiment");

// Read attributes
const traceAttributes = t.getAttributes();