Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

テストラボの使用レベル、割り当て、および価格

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Firebase Test Lab は、標準の Spark および Blaze 料金プランに含まれている Cloud API 割り当てとテスト割り当てを提供します。これらの割り当ては、プロジェクトのテスト リソースまたはCloud APIの使用量に基づいています。

テスト ラボのクォータは、サイト レベルではなく、プロジェクト レベルで適用されます。これらの制限は、すべてのテスト タイプ (インストルメンテーション、Robo、およびゲーム ループ) とテスト マトリックスで共有されます。テストを実行すると、その実行時間 (つまり、テストの実行にかかる時間) を [テストの実行] で確認し、Firebase コンソールのテスト マトリックスの結果を確認できます。各デバイスの横にランタイムが表示されます。 Blaze プランを使用している場合は、テストの実行時間が課金に使用されます。

クォータ

テスト割り当て

Test Lab のテスト クォータは、1 日あたりのテスト実行数によって測定されます。

  • Spark プラン (無料) :リソース制限は、合計で 1 日あたり最大 15 回のテスト実行に対して一覧表示されます。

    • 仮想デバイスで 1 日あたり 10 回のテスト実行

    • 物理デバイスで 1 日あたり 5 回のテスト実行

  • Blaze プラン: Blaze プランのすべてのプロジェクトに同じクォータがあるわけではありません。 Google Cloud の使用量が時間の経過とともに増加すると、それに応じて割り当てが増加する可能性があります。今後使用量が大幅に増加することが予想される場合は、事前にクォータ調整をリクエストできます。

    請求は、テストの実行に費やされた分数によって計算されます。 Blaze プランは、Spark プランで提供されるリソース制限と同様の無料の時間制限から始まります。

    • 物理デバイスでの 1 日あたり 30 分のテスト時間

    • 仮想デバイスでの 1 日あたり 60 分のテスト時間

    これらの制限を超える使用には、次の時間料金に従って課金されます。

    • 物理デバイスごとに 1 時間あたり $5

    • 仮想デバイスごとに 1 時間あたり $1

料金は分単位で計算され、分単位で切り上げられます。たとえば、22 秒のテストは 1 分間、75 秒のテストは 2 分間の料金が請求されます。テストの実行にかかった時間に対してのみ課金されます (アプリのインストールとテスト結果の収集にかかる時間は課金されません)。

Google Cloud Consoleでテスト割り当ての使用状況をモニタリングできます。

Cloud API の割り当て

Testing API と Tool Results API には、2 つの API 制限があります。1 プロジェクトあたり 1 日あたりのリクエスト数と、プロジェクトあたり 1 分あたりのリクエスト数です。

  • Cloud Testing API の制限:

    • 1 日あたり 10,000,000 コール
    • 1 分間隔あたり 120,000 コール

    この API の使用状況は、 Google Cloud Consoleで監視できます。

  • Cloud Tool Results API の制限:

    • 1 日あたり 200,000 コール
    • 1 分間隔あたり 2,400 コール

    この API の使用状況は、 Google Cloud Consoleで監視できます。

クォータを増やす

Cloud API または Blaze プランのテスト クォータに達した場合は、次のいずれかを実行して上限の引き上げをリクエストできます。