Firebase Cloud Messagingplat_iosplat_androidplat_web

Firebase Cloud Messaging(FCM)は、メッセージを無料で確実に配信するためのクロスプラットフォーム メッセージング ソリューションです。

FCM を使用すると、同期可能な新しいメールやその他のデータがあることをクライアント アプリに通知することができます。通知メッセージを送信することで、ユーザーにアプリを再度アピールし、定着率の向上へとつなげられます。インスタント メッセージなどの用途では、メッセージで最大 4 KB のペイロードをクライアント アプリに転送することも可能です。

Google クラウド メッセージングを既にご利用の場合は、ご利用可能なオプションの詳細をご確認ください。

iOS での設定 Android での設定 ウェブでの設定

主な機能

通知メッセージまたはデータ メッセージの送信 ユーザーに対して表示される通知メッセージを送信します。または、データ メッセージを送信して、アプリケーション コードで行われている処理を詳細に確認できます。メッセージのタイプをご覧ください。
汎用性の高いメッセージのターゲット設定 クライアント アプリにメッセージを配信する対象を、単一の端末、端末グループ、または特定トピックの配信登録をしている 3 つの端末のいずれかに設定できます。
クライアント アプリからのメッセージの送信 信頼性が高くバッテリー効率の良い FCM の接続チャネルを介して、端末からサーバーへと受信確認、チャット、その他のメッセージを送り返します。

仕組み

Firebase Cloud Messaging アーキテクチャ図

FCM の実装に含まれるのは、HTTP または XMPP プロトコル経由で FCM とやり取りするアプリサーバーと、クライアント アプリです。 アプリサーバーまたは Notifications コンソールを使用して、メッセージの作成と送信を行うことができます。

Firebase Notifications は Firebase Cloud Messaging 上に構築されていて、クライアント開発用と同じ FCM SDK を共有します。Notifications は、マーケティングやエンゲージメントのメッセージをテストまたは送信するために使用でき、ビルトインされた強力なターゲット設定や分析も活用できます。より複雑なメッセージ要件があるデプロイの場合は、FCM の方が適しています。

実装パス

FCM SDK を設定する ご使用のプラットフォームに応じた設定手順に沿って、アプリに Firebase と FCM を設定します。
クライアント アプリを開発する メッセージ処理機能、トピックの配信登録ロジック、その他のオプション機能をクライアント アプリに追加します。開発中は、Notifications コンソールからテスト メッセージを簡単に送信することができます。
アプリサーバーを開発する FCM とのやり取りに使用するサーバー プロトコルを決定して、認証用ロジックの追加、送信リクエストの構築、応答の処理などを行います。クライアント アプリからのアップストリーム メッセージングを使用する場合は、XMPP を使用する必要があります。

次のステップ

  • Android または iOS のクイックスタート サンプルを実行します。これらのサンプルでは、Notifications コンソールを使用して単一の端末にテスト メッセージを送信するコードを実行し、確認することができます。

  • Android または iOS 用のチュートリアルを試してみます。

  • Firebase Cloud Messaging を AndroidiOS、または ウェブアプリに追加します。

  • サーバーを設定します。サーバー開発に役立つサーバー設定ガイドアプリサーバーを使用したメッセージ送信ガイド、および HTTPXMPP の完全リファレンスも用意されています。

  • データ ペイロードの送信、メッセージの優先順位付け、その他のメッセージング オプションなど、FCM で提供されている機能の詳細を確認してください。

  • Firebase Cloud Messaging を使用できるように、既存の Android または iOS の GCM 実装を移行します。

フィードバックを送信...