コンソールへ移動

Firebase A/B テストplat_iosplat_android

Firebase A/B テストを使用すると、製品とマーケティングのテストを簡単に実行、分析、スケーリングできるため、アプリの使用体験の最適化に役立ちます。アプリの UI、機能、エンゲージメント キャンペーンに対する変更をテストし、変更を広範囲にロールアウトする前に変更内容が実際に主要な指標(収益や維持など)に大きな変化をもたらすかどうかを確認できます。

A/B テストは、さまざまなマーケティング メッセージをテストできるように FCM と連携し、アプリ内での変更をテストできるように Remote Config と連携します。

Remote Config テストの作成 メッセージング テストの作成

主な機能

製品の使用体験をテストして改善する Remote Config でテストを作成して、テストのバリアント間でアプリの動作や外観を変更し、最も重視する結果の獲得に最も高い効果を発揮するのはどの製品の使用体験であるかをテストします。
Notifications Composer を使用してユーザーに再度アプローチする方法を見つける A/B テストを使用して、アプリへのユーザーの取り込みに最も効果的な言い回しやメッセージの設定を見出すことができます。
新機能を安全にロールアウトする 新機能をロールアウトするには、まず小規模のユーザーのサブセットで目標を満たすことを確認します。A/B テストの結果で確証が得られたら、すべてのユーザーにその機能をロールアウトします。
予測に基づいてユーザー グループのターゲットを設定する Firebase Predictions を使用すると、特定のアクションを行うと予測されるユーザーに対して A/B テストを実施できます(たとえば、購入を行うかどうか、アプリの利用を停止するかどうか、アナリティクスで定義した他のコンバージョン イベントを行うかどうかなど)。

仕組み

テストを作成する場合は、テスト可能なアクションの 1 つ以上のバリアントを試し、各バリアントが達成目標(アプリ内購入を増やすなど)をどの程度達成するかを評価します。対象にするユーザー グループは、「AND」論理演算により結合された複数の条件により定義できます。たとえば、ユーザー グループを、特定のアプリ バージョンのユーザーで、「クラッシュが頻発するユーザー」などのアナリティクス オーディエンスと、チャーンの可能性に基づいて Firebase Predictions により自動的に作成されるグループの両方に属するユーザーのみに制限できます。

Remote Config を使用して複数のバリアントでいくつかのパラメータの変更を試し、各バリアント グループ内でアプリの動作や外観をさまざまに変えることができます。この方法は、最適な配色やメニュー オプションの配置といった軽微な変更にも、まったく新しい機能や UI デザインのテストのような大きな変更にも使用できます。Notifications Composer を使用すると、テストを実施して、通知メッセージに含める適切な言い回しを見つけることができます。

Remote Config と Notifications Composer のどちらをテストに使用する場合でも、有効な結果が得られるまでテストをモニタリングし、目標達成度が最も高いバリアントを特定できます。このようなバリアントのことを「リーダー」と呼びます。テストはまず少数のユーザーで開始し、時間とともにテストに参加するユーザーの割合を増やすことができます。最初のテストで現在のアプリよりも目標達成度が高いバリアントが見つからなかった場合は、新しいテストラウンドを開始してアプリの最良の改善方法を見つけることができます。

目標に加えてその他の指標(アプリのクラッシュ、定着率、エンゲージメント)を追跡することもできます。これにより、テストの結果をより深く理解でき、テストがアプリの使用体験にどの程度影響するかがわかります。

実装のプロセス

アプリに Remote Config または Firebase Cloud Messaging を追加する アプリですでに Remote Config または Cloud Messaging(またはその両方)を使用している場合は、これを省略して次のステップに進むことができます。
A/B テストで評価するバリアントを定義する 変更が軽微であるか、新しい UI や機能を追加するような大きなものであるかを問わず、Remote Config を使用してその変更を制御できれば、その変更に関する複数のバリアントを A/B テストでテストできます。

また、A/B テストに Notifications Composer を使用することで、再エンゲージメント キャンペーンに関する複数のバリアントを、すべてのユーザーに公開する前にテストできます。
成功をどのように測定するかを定義する Notifications Composer を使用するテストでは、アナリティクス イベントを使用してテストの目標を定義し、テストのバリアントを比較できます。 Remote Config によるテストでは、アナリティクス イベントまたはコンバージョン プロセスを使用してテストの目標を定義できます。
テストをモニタリングして最良のバリアントを見つける まず少数のユーザーでテストを開始し、初期の結果が良好であればテストユーザーの数を増やすことができます。テストのモニタリングが進むにつれて、アプリのクラッシュ頻度が高いバリアントや、アプリのユーザー エクスペリエンスに対する影響度が高いバリアントがわかります。また、目標達成度が最も高いバリアントも明らかになります。

次のステップ