Google AdWords

オンライン広告で見込み顧客にリーチ

Firebase 向け Google アナリティクスのオーディエンス リストを活用してインストールを促進し、広告のコンバージョンに対する詳細な分析情報を得て、ターゲットを絞り込んだキャンペーンを実施することで、ユーザーの関心を引き付けることができます。Firebase と AdWords をリンクさせると、AdWords への投資がアプリのインストール数やアプリ内操作の増加にどのように貢献しているかを確認するためのツールが使えるようになります。Firebase と AdWords を組み合わせて使うと、オーディエンス リストを AdWords 用にエクスポートしたり、Firebase 向け Google アナリティクスから AdWords にイベントをインポートしたりできるようになります。

主な機能

アナリティクス オーディエンス セグメンテーション 端末データ、カスタム イベント、またはユーザー プロパティに基づいて、Firebase コンソールでカスタム オーディエンス リストを定義することができます。
AdWords にオーディエンス リストをエクスポートする Firebase のプロジェクトを複数の AdWords アカウントと接続すると、Firebase で作成されたオーディエンス リストにそのアカウントからアクセスできます。
アナリティクスから AdWords にイベントをインポートする Firebase と AdWords をリンクさせると、AdWords でコンバージョン アクションとして追跡する Firebase 向け Google アナリティクス イベントを選択できます。

仕組み

AdWords アカウントを Firebase プロジェクトにリンクすると、アナリティクス オーディエンス リストに基づいてモバイルアプリのマーケティング リストを作成できます。デフォルトのオーディエンス リストには次のようなものがあります。

  • 購入者: アプリを購入した、またはアプリ内購入を行ったユーザー。
  • すべてのユーザー: アプリをインストールしたユーザー。

Firebase では、あらゆるイベントとユーザー プロパティを組み合わせてオーディエンス リストを作成し、そのオーディエンス リストを対象として広告キャンペーンを実施することができます。たとえば、「カナダ在住の Android ユーザー」というオーディエンス リストを作成し、このオーディエンス リストに向けて広告キャンペーンを実施することができます。

アナリティクス データに基づいて作成されたリストは、ディスプレイ ネットワーク キャンペーンでのみ使用できます。

実装パス

AdWords アカウントを作成する まだ作成していない場合、AdWords アカウントを作成します。
Firebase 向け Google アナリティクスをアプリに追加する Firebase SDK で構築したアプリであれば、数行のコードを追加するだけでアナリティクスを追加できます。
AdWords アカウントと Firebase をリンクする AdWords アカウントの管理者権限と、その AdWords アカウントとリンクさせたい Firebase プロジェクトの所有者権限を持つ Google アカウントを使用します。

次のステップ:

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。