イベントのデバッグ

DebugView を使用すると、開発端末上のアプリによってロギングされる生のイベントデータをほぼリアルタイムで見ることができます。開発のインストゥルメンテーション フェーズにおける検証に役立ち、アナリティクスの実装でのエラーを検出するとともに、イベントとユーザー プロパティがすべて正しくロギングされていることを確認するのにも便利です。

デバッグモードの有効化

一般的に、アプリによってロギングされるイベントは、約 1 時間の周期でバッチ処理され、まとめてアップロードされます。このアプローチにより、エンドユーザーの端末のバッテリーを節約し、ネットワーク データの使用量を削減します。ただし、アナリティクスの実装を検証する(また、DebugView レポートでアナリティクスを確認する)目的では、開発端末でデバッグモードを有効にすることで、最小限の遅延でイベントをアップロードできます。

Android

Android 搭載端末でアナリティクスのデバッグモードを有効にするには、次のコマンドを実行します。

adb shell setprop debug.firebase.analytics.app <package_name>

この動作は次のコマンドを実行してデバッグモードを明示的に無効にするまで継続します。

adb shell setprop debug.firebase.analytics.app .none.

iOS

開発端末でアナリティクスのデバッグモードを有効にするには、Xcode で次のコマンドライン引数を指定します。

-FIRDebugEnabled

この動作は次のコマンドライン引数を指定してデバッグモードを明示的に無効にするまで継続します。

-FIRDebugDisabled

レポート

開発端末でデバッグモードを有効にしたら、Firebase 向け Google アナリティクスの上部ナビゲーションで [StreamView] の横の矢印をクリックして [DebugView] を選択し、DebugView に移動します。

Firebase 向け Google アナリティクスの上部ナビゲーションで [StreamView] の横の矢印をクリックして [DebugView] を選択し、DebugView に移動します

次にアプリの使用を開始して、アプリのイベントが DebugView レポートにロギングされることを確認します。

DebugView レポート。

Seconds ストリーム(中央の列)には、直近 60 秒間にロギングされたイベントが表示されます。Minutes ストリーム(左側の列)には、直近 30 分間にロギングされた一連のイベント アーカイブが表示されます。右側の列には、30 分間にロギングされた上位のイベントとともに、現在選択されている開発端末の現在のユーザー プロパティが表示されます。

Seconds ストリーム

デフォルトでは、直近 60 秒間にロギングされたイベントのリストが表示されます。各イベントには、開発端末でロギングされたときの時間がタイムスタンプとして示されます。イベントをクリックすると、そのイベントに関連付けられたパラメータのリストが表示されます。

イベント パラメータのリストの例。

アプリの使用中にユーザー プロパティの値が変わると、その変更に対応するエントリが表示されます。

ユーザー プロパティの例。

Minutes ストリーム

このストリームには、直近 30 分間を表す一連の円が表示されます。それぞれの円は 1 分間に対応します。円内の数字は、その 1 分間に受信したイベントの数を示します。いずれかの円をクリックすると、その 1 分間にロギングされたイベントが Seconds ストリームに読み込まれます。 これにより、直近 30 分間にロギングされたイベントを詳細に調査できます。

Minutes ストリームの例。

上位のイベントと現在のユーザー プロパティ

Top Events テーブルには、30 分間にロギングされた上位のイベントが示されます。Current User Properties テーブルには、現在選択されている開発端末の一連のユーザー プロパティの最新状態が示されます。

上位イベント テーブルの例。

デバイス セレクタ

さまざまな開発端末でデバッグモードを有効にできるため、DebugView レポートで集中的に分析する特定の端末をデバイス セレクタを使用して選択できます。これにより、複数のデベロッパーが互いに干渉することなく、各自のインストゥルメンテーションと検証作業に集中できます。

デバイス セレクタの例。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。