追跡のスクリーン表示

Firebase 向け Google アナリティクスでは画面の遷移が追跡され、現在の画面に関する情報がイベントに関連付けられるため、ユーザー エンゲージメントや画面ごとのユーザー行動などの指標を追跡できます。こうしたデータ収集は多くが自動的に行われますが、手動で画面名を追跡することもできます。手動による画面の追跡は、ゲーム内などのように、追跡する画面ごとにアプリで別の UIViewControllerActivity を使用しない場合に便利です。

画面を自動的に追跡する

アナリティクスは、現在フォーカスされている UIViewController または Activity のクラス名など、アプリケーション内の画面に関する一部の情報を自動的に追跡します。画面遷移が発生すると、新しい画面を識別する screen_view イベントが記録されます。これらの画面で発生するイベントには、firebase_screen_class パラメータ(例: menuViewControllerMenuActivity など)と、生成された firebase_screen_id が自動的にタグ付けされます。アプリで各画面に異なる UIViewController または Activity を使用している場合は、すべての画面遷移を自動的に追跡することが可能で、画面ごとに分類されたユーザー エンゲージメントのレポートが生成されます。アプリがそのように設定されていない場合でも、API を使用して画面名を手動で設定すれば、このレポートを生成できます。

画面を手動で追跡する

画面遷移の発生時に、画面名を手動で設定し、オプションでクラス名を上書きすることができます。画面名を設定すると、これらの画面で発生するイベントにはさらに firebase_screen パラメータによるタグが付けられます。たとえば、「メインメニュー」または「友だちリスト」という名前の画面を作成できます。次の例は、画面名を手動で設定する方法を示しています。

Swift

Analytics.setScreenName(screenName, screenClass: screenClass)

UIViewController が変更されるか、setScreenName() を新たに呼び出すまで、画面名と画面クラスは同じままになります。

Objective-C

[FIRAnalytics setScreenName:screenName screenClass:screenClass];

ViewController が変更されるか、setScreenName:screenClass: を新たに呼び出すまで、画面名と画面クラスは同じままになります。

Android 版

mFirebaseAnalytics.setCurrentScreen(this, screenName, null /* class override */);

Activity が変更されるか、setCurrentScreen() を新たに呼び出すまで、画面名と画面クラスは同じままになります。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。