ユーザー プロパティを設定する

ユーザー プロパティとは、ユーザー層を示す属性のことを言います。たとえば、言語や地域などがあり、自由に定義できます。

アナリティクスは一部のユーザー プロパティに関するログを自動で記録します。実行用コードを記述する必要はありません。それ以外のデータをアプリで収集する必要がある場合は、最大 25 個までアナリティクスのユーザー プロパティをアプリに設定できます。

準備

Firebase 向け Google アナリティクスを使用するには、Firebase プロジェクトを作成してから、Firebase Unity SDK パッケージを Unity プロジェクトに追加する必要があります。

設定:

前提条件

Android

  • Unity 5.0 以降
  • Android NDK バージョン 10d 以降

iOS

  • Unity 5.0 以降
  • Xcode 7.0 以降

Unity プロジェクトをまだ用意していない場合は、いずれかのクイックスタート サンプルをダウンロードし、特定の Firebase 機能をお試しいただけます。クイックスタートを使用する場合は、次のステップでバンドル識別子が必要になるため、プロジェクト設定からバンドル識別子を忘れずに取得してください。

Firebase コンソールでアプリを設定する

アプリに Firebase を追加するには、Firebase プロジェクトと、アプリ用の Firebase 構成ファイルが必要です。

Firebase プロジェクトをまだ用意していない場合は、Firebase コンソールで Firebase プロジェクトを作成します。モバイルアプリと関連付けられた既存の Google プロジェクトがある場合は、[Google プロジェクトをインポート] をクリックします。それ以外の場合は、[プロジェクトを追加] をクリックします。

Android

  1. [Android アプリに Firebase を追加] をクリックし、設定手順に沿って操作します。既存の Google プロジェクトをインポートする場合、このステップは自動的に実行されることがあります。その場合は、設定ファイルをダウンロードするだけでかまいません。
  2. プロンプトが表示されたら、アプリのパッケージ名を入力します。必ずアプリで使用しているパッケージ名を入力してください。パッケージ名を設定できるのは、アプリを Firebase プロジェクトに追加するときだけです。
  3. 指示されたら google-services.json ファイルをダウンロードします。このファイルはいつでも再ダウンロードできます。
  4. このファイルを、プロジェクトのアセット フォルダ内の任意の場所にコピーします。

iOS

  1. [iOS アプリに Firebase を追加] をクリックして設定手順に沿って操作します。既存の Google プロジェクトをインポートする場合、このステップは自動的に実行されることがあります。その場合は、設定ファイルをダウンロードするだけでかまいません。
  2. 求められたら、アプリのバンドル ID を入力してください(必ずアプリで使用しているバンドル ID を入力してください)。バンドル ID を設定できるのは、アプリを Firebase プロジェクトに追加するときだけです。
  3. 指示されたら GoogleService-Info.plist ファイルをダウンロードします。このファイルはいつでも再ダウンロードできます。
  4. プロジェクトに GoogleService-Info.plist ファイルを追加します。

    • Firebase コンソールからダウンロードした GoogleService-Info.plist を、Unity プロジェクトの任意のフォルダにドラッグします。

アプリに Firebase Unity SDK を追加する

  1. Firebase Unity SDK をダウンロードします。
  2. [Assets] > [Import Package] > [Custom Package] メニュー項目を選択します。
  3. ダウンロードしておいた Firebase Unity SDK から FirebaseAnalytics.unitypackage パッケージをインポートします。
  4. [Import Unity Package] ウィンドウが表示されたら [Import] をクリックします。

アプリをビルドする

Android

  1. [File] > [Build Settings] メニュー項目を選択します。
  2. [Platform] リストから [Android] を選択します。
  3. [Switch Platform] をクリックし、ターゲット プラットフォームとして [Android] を選択します。
  4. Unity ステータスバーの右下隅にあるスピナー(コンパイル中)アイコンが停止するまで待ちます。
  5. [Build and Run] をクリックします。

iOS

  1. [File] > [Build Settings] メニュー項目を選択します。
  2. [Platform] リストから [iOS] を選択します。
  3. [Switch Platform] をクリックし、ターゲット プラットフォームとして [iOS] を選択します。
  4. Unity ステータスバーの右下隅にあるスピナー(コンパイル中)アイコンが停止するまで待ちます。
  5. [Build and Run] をクリックします。

ユーザー プロパティを設定する

アナリティクスのユーザー プロパティを設定して、アプリのユーザーの属性を追加することができます。設定したプロパティはフィルタとしてレポートに適用し、さまざまなユーザー セグメントの行動分析に利用することができます。

ユーザー プロパティを設定するには、次のように操作します。

  1. Firebase コンソールの [Analytics] タブで、プロパティを登録します。

  2. SetUserProperty() メソッドを使用してアナリティクスのユーザー プロパティを設定するコードを追加します。各プロパティの名前と値は自由に設定できます。

次の例では、好きな食べ物に関する架空のプロパティを追加し、文字列 mFavoriteFood の値をアクティブなユーザーに割り当てています。

Firebase.Analytics.FirebaseAnalytics.SetUserProperty("favorite_food", "ice cream");

このデータにアクセスするには、次のように操作します。

  1. Firebase コンソールでプロジェクトを開きます。
  2. メニューで [Analytics] を選択し、アナリティクスのレポート ダッシュボードを表示します。

[ユーザー プロパティ] タブに、アプリで定義したユーザー プロパティのリストが表示されます。このプロパティは、Firebase 向け Google アナリティクスで作成できるレポートの多くでフィルタとして使用できます。アナリティクスのレポート ダッシュボードについて詳しくは、[Firebase ヘルプセンター][ヘルプセンター]をご覧ください。

ヘルプセンター

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。