Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

ユーザーIDを設定する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google アナリティクスにはsetUserID呼び出しがあり、アプリを使用している個人のユーザー ID を保存できます。この呼び出しはオプションであり、通常、Analytics を BigQuery と組み合わせて使用​​して、複数のアプリ、複数のデバイス、または複数の分析プロバイダーにわたって同じユーザーの分析データを関連付けたい組織によって使用されます。

有効なユーザー ID を構成する方法は多数あります。 1 つの方法は、自分で割り当てた ID を使用することです。自分だけが個々のユーザーを追跡できます。考えられる 1 つの例として、架空のモバイル ゲーム開発者である AwesomeGameCompany について考えてみましょう。このデベロッパーは、すべてのユーザーに対して作成する独自の内部AwesomeGameCompanyIDを持っています。外部組織がそのAwesomeGameCompanyIDを元のユーザーまで追跡することができない場合は、AwesomeGameCompanyID を使用するか、 AwesomeGameCompanyIDのハッシュ バージョンをAwesomeGameCompanyIDのユーザー ID 値として使用することを検討してください。これにより、すべてのゲームでのユーザーの合計支出などの値を計算できるようになります。

Analytics が正しく機能するために、ユーザー ID を設定する必要はありません。単一のデバイスで同じアプリの同じユーザーに属するイベントを見つけることのみに関心がある場合は、 user_pseudo_idを使用できます。この値は Analytics によって自動的に生成され、イベントごとに BigQuery 内に保存されます。

ユーザーIDの設定

次の方法でユーザー ID を設定できます。

迅速

注:この Firebase 製品は、macOS ターゲットでは使用できません。
Analytics.setUserID("123456")

Objective-C

注:この Firebase 製品は、macOS ターゲットでは使用できません。
[FIRAnalytics setUserID:@"123456"]

アンドロイド

mFirebaseAnalytics.setUserId("123456");

Web version 9

import { getAnalytics, setUserId } from "firebase/analytics";

const analytics = getAnalytics();
setUserId(analytics, "123456");

Web version 8

firebase.analytics().setUserId("123456");

Dart

await FirebaseAnalytics.instance.setUserId(id: '123456');

団結

Firebase.Analytics.FirebaseAnalytics.SetUserID("123456");

C++

analytics::SetUserId("123456");

ユーザー ID を設定すると、今後のすべてのイベントがこの値で自動的にタグ付けされ、BigQuery でuser_id値を照会してアクセスできます。ユーザー ID を追加しても、Google アナリティクスによって以前に記録されたイベントには影響しません。

BigQuery でアナリティクス データにアクセスする方法について詳しくは、この開発ガイドをご覧ください。