実装状況をテストする

このドキュメントでは、マニフェスト内の URL から、完成した本番用アプリの Google 検索結果にいたるまで、さまざまな実装をテストする各種方法について説明します。

URL をテストする

アプリのマニフェストを開発するときは、URL のテストに役立つさまざまなツールを使用できます。

lint による URL のチェック

アプリへの URL をサポートするマニフェストを作成する際、Android Studio lint バージョン 2.x を使用してインテント フィルタの構文エラーにフラグを付けることができます。このユーティリティはマニフェストを自動的かつ継続的にスキャンして、マニフェストのエラーを表示します。

構文チェックを手動で実行するには、アプリケーション メニューから [Analyze] > [Inspect Code] を選択してエラーをチェックします。

  • HTTP URL 構文の警告は黄色で強調されます。
  • HTTP URL エラーには赤の下線が付きます。
  • エディタの下部ウィンドウにすべてのエラーが表示され、マニフェストの該当行にすばやくアクセスできます。

lint チェックの設定の詳細については、Android Studio の lint に関するドキュメントAndroid での lint の設定をご覧ください。

アプリのアクティビティを開く URL を確認する

特定の URL によってアプリが正しく開くことを確認するには次の 3 つの方法があります。それぞれの方法について以下に詳しく説明します。

  • Android Studio での URL のテスト
  • Android Debug Bridge
  • URL QR コード テストツール

Android Studio での URL のテスト

Android Studio バージョン 2.x のディープリンク テスト機能を使用すると、指定した URL でアプリを起動できることを確認できます。

  1. Android Studio で、プロジェクトを Android ビューで開きます。
  2. プロジェクトを開いたら、[Run] > [Edit Configurations] を選択し、[Run/Debug Configurations] ダイアログで URL テストの設定を編集します。
  3. [Android Application] の下で、テストするモジュールを選択します。
  4. [General] タブを選択します。
  5. [Launch] フィールドで [URL] を選択します。
  6. [URL] フィールドで [] をクリックし、定義済み URL のリストから URL を選択します。
  7. または、テストする URL を入力します(例: http://example.com/gizmos)。

  8. [OK] をクリックします。
  9. [Run] > [Run app] または [Debug app] を選択します。
  10. [Select Deployment Target] ダイアログが表示された場合は、接続されている端末またはエミュレータを選択して [OK] をクリックします。
  11. リンクが正常に機能する場合は、端末またはエミュレータでアプリが起動し、指定したアクティビティでアプリが表示されます。正常に機能しない場合は、[Run] ウィンドウにエラー メッセージが表示されます。

Android Debug Bridge

Android Debug Bridge を使用して、リンクからアプリが開くかどうかをテストできます。ここで、{URL} はアプリのマニフェストで宣言されている HTTP URL です。

      adb shell am start -a android.intent.action.VIEW -d "{URL}" {package name}
    

HTTP URL テストツール

QR コード ジェネレータを使用すると、書式および動作が正しいことを確認できます。以下のテキスト ボックスに HTTP URL を入力すると QR コードが生成されるので、Android バーコード スキャナー アプリを使ってこれをスキャンします。スキャンすると、リンクを含むブラウザページが表示されます。スマートフォンでリンクをクリックすると、テキスト ボックスに入力した HTTP URL が開きます。

公開コンテンツのインデックス処理をテストする

次のツールを使用して、URL が Google 検索の結果に表示されることを確認します。

Android で検索結果をプレビューする

クロールエラーのチェック

数日後、Google によって公開アプリのインデックスが作成されたら、Search Console のクロールエラー レポートをチェックして、Google システムからアプリのコンテンツへのアクセスがあったことを確認します。詳しくは、クロールエラー レポートに関するドキュメントをご覧ください。

パーソナル コンテンツのインデックス処理をテストする

端末上のパーソナル コンテンツのインデックスをテストするには、Google アプリで [アプリ内] に移動し、パーソナル コンテンツに含まれる項目を検索します。

アプリで端末上のパーソナル コンテンツのインデックスに追加されることになるすべての Indexable オブジェクトを一覧表示して検証するには、Android スマートフォンで [設定] > [Google] の順に移動し、[開発者向けオプション] セクションで [Firebase App Indexing](スマートフォンでデベロッパー モードが有効になっている場合のみ選択可能)をタップします。インデックス可能なオブジェクトのリストを確認し、それぞれのオブジェクトをタップしてメタデータが正しいことを確認します。

Gboard ステッカーをテストする

Gboard ステッカーをテストするには、スマートフォンで最新バージョンの Gboard を開きます。次に、ステッカー パレットに移動し、パネルでステッカーを確認します。

ユーザー アクションのロギングをテストする

次の方法を使用して、アプリでの App Indexing API の呼び出しを確認します。

Android Debug Bridge を使用する

Android Debug Bridge を使用すると、App Indexing API の呼び出しで送信されたデータをログに記録したり確認したりできます。

  1. ログを有効にするには、次のコマンドを実行します。
    操作
    adb shell setprop log.tag.FirebaseUserActions VERBOSE
    インデックス
    adb shell setprop log.tag.FirebaseAppIndex VERBOSE
  2. ログを表示するには、次のコマンドを実行します。
    ユーザー アクション
    adb logcat -v time -s FirebaseUserActions:V
    アプリのインデックス
    adb logcat -v time -s FirebaseAppIndex:V
  3. App Indexing API 呼び出しをトリガーするアプリのアクティビティを起動します。

その後、ログに記録された API 呼び出しを表示できます。

Android Monitor を使用する

HTTP URL によって起動された activity が App Indexing API と統合されている場合は、Android Monitor を使用して App Indexing API 呼び出しを確認できます。ログを確認するには、Android Monitor の設定を次のように変更します。

  1. [Log level] を [Verbose] に設定します。
  2. [Search] フィールドに「FirebaseUserActions」と入力します。
  3. 右側にある [Filter] プルダウン リストから [No Filters] を選択します。
    Android Monitor の設定

App Indexing ログエントリが表示されない場合は、次の手順を行います。

  • Google Play 開発者サービスを端末またはエミュレーターにインストールします。
  • インストールした Google Play 開発者サービスのバージョンが、build.gradle で指定されたバージョンよりも上位のバージョンであることを確認します。

オートコンプリートのテスト

クエリのオートコンプリートが、API 呼び出しを実行しているページで表示されることを確認します。これを行うには、まずアプリを新しくビルドして、API を呼び出すいくつかのページにアクセスします。その後、端末で Google アプリにアクセスして、アプリに関連するクエリを入力します。検索結果の一覧が表示され、結果に表示されたアプリアイコンから、アプリの該当するページを直接開くことができるはずです。

最後の手順: 検索パフォーマンスの改善

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。