実装状況をテストする

このドキュメントでは、マニフェスト内の URL から運用環境の完成したアプリにいたるまで、実装状況をテストするさまざまな方法について説明します。

Android Studio を使用した URL のテスト

アプリのマニフェストを開発する際に次のユーティリティを使用すると、ビルドや URL のテストの際に役立ちます。

リンクの Lint チェック

アプリへの URL をサポートするマニフェストを作成する際、Android Studio lint バージョン 2.x を使用すると、インテント フィルタの構文エラーにフラグを付けることができます。このユーティリティでは、マニフェストを自動的かつ継続的にスキャンして、下記のようにマニフェストのエラーを表示します。

自動 URL チェックを無効にするには:

  1. [File] > [Other Settings] > [Default Settings] > [Editor] > [Inspections] > [Android Lint] の順に選択します。
  2. [URL not supported by app for Firebase App Indexing] と [Missing support for Google App Indexing] のチェック ボックスをオフにします。

構文チェックを手動で実行するには、アプリケーション メニューまたは右クリック メニューから [Analyze] > [Inspect Code] を選択します。Android Studio 向けの lint に関するドキュメントAndroid での lint の設定方法をご覧ください。

HTTP URL 構文の警告は黄色で強調表示されます。

HTTP URL エラーは赤色の下線で示されます。

エディタの下部ウィンドウにすべてのエラーが表示されて、マニフェストの該当行にすばやくアクセスできます。

Android Studio でのリンクのテスト

Android Studio バージョン 2.x のディープリンク テスト機能を使用すると、指定した URL でアプリを起動できることを確認できます。この設定を行うには、まず [Android Application] > [General] セクションで、[Run] > [Edit Configurations] を選択します。HTTP URL をテストするには、[Launch Options] で [URL] を選択してから、テスト対象の URL を入力します。リンクが正常に動作する場合、アプリがエミュレーターまたは接続端末で起動します。正常に動作しない場合は、[Run] ウィンドウにエラー メッセージが表示されます。

Android Debug Bridge

Android Debug Bridge を使用すると、リンクからアプリが開くかどうかテストすることができます。ここで、{URL} はアプリのマニフェストで宣言された HTTP URL です。

      adb shell am start -a android.intent.action.VIEW -d "{URL}" {package name}
    

App Indexing API の動作テスト

API 実装の構文が正しく、エラーがないことを確認するには、以下の方法を使用します。

Android Debug Bridge

Android Debug Bridge を使用すると、App Indexing API の呼び出しで送信されたデータをログに記録したり確認したりできます。

  1. ログを有効にするには、次のコマンドを実行します。
    操作
    adb shell setprop log.tag.FirebaseUserActions VERBOSE
    インデックス
    adb shell setprop log.tag.FirebaseAppIndex VERBOSE
  2. ログを表示するには、次のコマンドを実行します。
    ユーザー アクション
    adb logcat -v time -s FirebaseUserActions:V
    アプリのインデックス
    adb logcat -v time -s FirebaseAppIndex:V
  3. App Indexing API 呼び出しをトリガーするアプリのアクティビティを起動します。

その後、ログに記録された API 呼び出しを表示できます。

App Indexing API ログを確認する

HTTP URL によって起動された activity が App Indexing API と統合されている場合は、Android Monitor を使用して App Indexing API 呼び出しを確認できます。ログを確認するには、Android Monitor の設定を次のように変更します。

  1. [Log level] を [Verbose] に設定します。
  2. [Search] フィールドに「FirebaseUserActions」と入力します。
  3. 右側にある [Filter] プルダウン リストから [No Filters] を選択します。
    Android Monitor の設定

App Indexing ログエントリが表示されない場合は、次の手順を行います。

  • Google Play 開発者サービスを端末またはエミュレーターにインストールします。
  • インストールした Google Play 開発者サービスのバージョンが、build.gradle で指定されたバージョンよりも上位のバージョンであることを確認します。

端末上のインデックスのテスト

端末上のインデックスをテストするには、Google アプリで [アプリ内] に移動し、パーソナル コンテンツに含まれる項目を検索します。

アプリで端末上のパーソナル コンテンツのインデックスに追加しているすべての Indexable オブジェクトのリストを表示して検証するには、Android スマートフォン上で [設定] > [Google] に移動し、[開発者向けオプション] セクションで [Firebase App Indexing](スマートフォンでデベロッパー モードが有効になっている場合のみ選択可能)をタップします。インデックス可能なオブジェクトのリストを確認し、それぞれのオブジェクトをタップしてメタデータが正しいことを確認します。

Android で検索結果をプレビューする

オートコンプリートのテスト

クエリのオートコンプリートが、API 呼び出しを実行しているページで表示されることを確認します。これを行うには、まずアプリを新しくビルドして、API を呼び出すいくつかのページにアクセスします。その後、端末で Google アプリにアクセスして、アプリに関連するクエリを入力します。検索結果の一覧が表示され、結果に表示されたアプリアイコンから、アプリの該当するページを直接開くことができるはずです。

Search Console で APK をプレビューする

APK を Search Console にアップロードして「Fetch as Google」機能を使用すると、Google システムでアプリのクロール時に発生したエラーの検出およびデバッグを行うことができます。このプレビューにアプリとサイトの関連付けは必要ありませんが、テストを行う少なくとも 24 時間前には、アプリを Google Play に公開しておく必要があります。また、テストを行うには Google Play のアプリ所有者であることも必要です。詳しくは、アプリ用 Fetch as Google を使用する方法についての記事をご覧ください。

Search Console の使用

アプリを Google Play に公開したら、そのアプリを Search Console に追加して自分のサイトと関連付けます(詳しくは、ヘルプセンターのアプリ用 Fetch as Google を使用する方法についての記事をご覧ください)。Google によってインデックスへのアプリの登録が開始されます。数日後にクロールエラー レポートをチェックして、Google システムがアプリのコンテンツにアクセスしたことを確認できます。詳しくは、クロールエラー レポートに関するドキュメントをご覧ください。

HTTP URL テストツール

QR コード ジェネレータを使用すると、書式および動作が正しいことを確認できます。以下のテキスト ボックスに HTTP URL を入力すると QR コードが生成されるので、Android バーコード スキャナー アプリを使ってこれをスキャンします。スキャンすると、リンクを含むブラウザページが表示されます。スマートフォンでリンクをクリックすると、テキスト ボックスに入力した HTTP URL が開きます。

最後の手順: 検索パフォーマンスの改善

フィードバックを送信...