C++ を使用して Firebase Cloud Messaging クライアント アプリを設定する

クロスプラットフォーム対応の Firebase Cloud Messaging クライアント アプリを C++ で記述するには、Firebase Cloud Messaging API を使用します。 Android と iOS それぞれに必要な設定を追加すれば、両方のプラットフォームで C++ SDK を動作させることができます。

Firebase と FCM SDK を設定する

Android

  1. FCM クライアント アプリには、Android 4.0 以降を実行している端末が必要です。また、Google Play 開発者サービス アプリケーションがインストールされていて、Android Studio 1.4 以降を使用して Gradle で構築されている必要があります。
  2. まだ追加していない場合は、Firebase を C++ プロジェクトに追加します
  3. Android Studio でアプリレベルの build.gradle ファイルに FCM との依存関係を追加します。
    repositories {
      flatDir {
        dirs project.ext.firebase_cpp_sdk_dir + "/libs/android"
      }
    }
    dependencies {
         compile 'com.google.firebase:firebase-messaging:10.2.6'
         compile 'com.google.firebase.messaging.cpp:firebase_messaging_cpp@aar'
    }
  4. libapp.a および libmessaging.a 静的ライブラリに C++ SDK からリンクします。
  5. JNI 環境とアクティビティを引数で渡し、Firebase App オブジェクトを作成します。
    app = ::firebase::App::Create(::firebase::AppOptions(), jni_env, activity);
    
  6. firebase::messaging::Listener インターフェースを実装するクラスを定義します。
  7. アプリと構築済みリスナーを引数で渡し、Firebase Cloud Messaging を初期化します。
    ::firebase::messaging::Initialize(app, listener);
    
  8. Google Play 開発者サービスの SDK に依存するアプリについては、機能にアクセスする前に必ず、互換性のある Google Play 開発者サービスの APK が端末にインストールされているかチェックする必要があります。詳しくは、Google Play 開発者サービスの APK のチェック手順をご覧ください。

iOS

  1. 有効な APNs 証明書が必要です。まだお持ちでない場合は、APNs の SSL 証明書のプロビジョニング手順をご覧ください。
  2. まだ追加していない場合は、Firebase を C++ プロジェクトに追加します
  3. プロジェクトの Podfile に FCM の依存関係を追加します。
    pod 'Firebase/Messaging'
  4. フレームワーク firebase.frameworkfirebase_messaging.frameworkC++ SDK から XCode プロジェクトにドラッグします。
  5. Firebase アプリ オブジェクトを作成します。
    app = ::firebase::App::Create(::firebase::AppOptions());
  6. firebase::messaging::Listener インターフェースを実装するクラスを定義します。
  7. アプリと構築済みリスナーを引数で渡し、Firebase Cloud Messaging を初期化します。
    ::firebase::messaging::Initialize(app, listener);

端末登録トークンにアクセスする

Firebase Cloud Messaging ライブラリの初期化の際に、クライアント アプリのインスタンス用に登録トークンがリクエストされます。アプリは OnTokenReceived コールバックで登録トークンを受け取ります。このトークンは firebase::messaging::Listener を実装するクラスで定義される必要があります。

その特定の端末をターゲットにする場合は、このトークンにアクセスする必要があります。

次のステップ

クライアント アプリを設定したら、Firebase でダウンストリーム メッセージやトピック メッセージを送信できる状態になります。詳細については、ダウンロードして実行可能なクイックスタート サンプルでこの機能に関するデモをご確認ください。

別のより高度な動作をアプリに追加するには、アプリサーバーからのメッセージの送信に関するガイドをご覧ください。

これらの機能を利用するには、サーバーの実装が必要です。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。