2022 年 10 月 18 日に開催される Firebase Summit に、直接会場で、またはオンラインでご参加ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速させ、自信を持ってアプリをリリースし、簡単にスケールする方法をご紹介します。 今すぐ申し込む

通知ペイロードで画像を送信する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

FCM HTTP v1 API と Notifications Composer は、表示通知のペイロードで画像のリンクを送信し、配信後にデバイスへ画像をダウンロードするように対応しています。この機能は、Apple アプリ用の画像と動画の両方をサポートしています(ファイルサイズの上限については Apple のドキュメントをご覧ください)。

Apple アプリで通知画像を受信して処理できるようにするには、通知サービス拡張を追加する必要があります。アプリで通知サービス拡張を使用することによって、エンドユーザーに通知を表示する前に FCM ペイロードで配信された画像を処理できます。

通知サービス拡張を設定する

サービス拡張を追加するには、APNs で通知を変更して表示するために必要な設定作業を行ってから、NotificationService.m に FCM 拡張ヘルパー API を追加します。具体的には、self.contentHandler(self.bestAttemptContent); でコールバックを完了するのではなく、以下のように FIRMessaging extensionHelper で完了します。

@interface NotificationService () <NSURLSessionDelegate>
@property(nonatomic) void (^contentHandler)(UNNotificationContent *contentToDeliver);
@property(nonatomic) UNMutableNotificationContent *bestAttemptContent;
@end

@implementation NotificationService

- (void)didReceiveNotificationRequest:(UNNotificationRequest *)request withContentHandler:(void (^)(UNNotificationContent * _Nonnull))contentHandler {
    self.contentHandler = contentHandler;
    self.bestAttemptContent = [request.content mutableCopy];

    // Modify the notification content here as you wish
    self.bestAttemptContent.title = [NSString stringWithFormat:@"%@ [modified]",
    self.bestAttemptContent.title];

  // Call FIRMessaging extension helper API.
  [[FIRMessaging extensionHelper] populateNotificationContent:self.bestAttemptContent
                                            withContentHandler:contentHandler];

}
...

送信リクエストを作成する

通知の送信リクエストで、次の ApnsConfig オプションを設定します。

  • 画像 URL を含む fcm_options.image
  • headers({ "mutable-content": 1})

次の送信リクエストの例は、すべてのプラットフォームに共通の通知タイトルを送信しますが、画像も送信します。ユーザーのデバイスの視覚効果はおおよそ次のようになります。

表示された通知内の画像を示す簡単な図

Node.js

const topicName = 'industry-tech';

const message = {
  notification: {
    title: 'Sparky says hello!'
  },
  android: {
    notification: {
      imageUrl: 'https://foo.bar.pizza-monster.png'
    }
  },
  apns: {
    payload: {
      aps: {
        'mutable-content': 1
      }
    },
    fcm_options: {
      image: 'https://foo.bar.pizza-monster.png'
    }
  },
  webpush: {
    headers: {
      image: 'https://foo.bar.pizza-monster.png'
    }
  },
  topic: topicName,
};

getMessaging().send(message)
  .then((response) => {
    // Response is a message ID string.
    console.log('Successfully sent message:', response);
  })
  .catch((error) => {
    console.log('Error sending message:', error);
  });

REST

POST https://fcm.googleapis.com/v1/projects/myproject-b5ae1/messages:send HTTP/1.1

Content-Type: application/json
Authorization: Bearer ya29.ElqKBGN2Ri_Uz...HnS_uNreA
{
  "message":{
     "topic":"industry-tech",
     "notification":{
       "title":"Sparky says hello!",
     },
     "android":{
       "notification":{
         "image":"https://foo.bar/pizza-monster.png"
       }
     },
     "apns":{
       "payload":{
         "aps":{
           "mutable-content":1
         }
       },
       "fcm_options": {
           "image":"https://foo.bar/pizza-monster.png"
       }
     },
     "webpush":{
       "headers":{
         "image":"https://foo.bar/pizza-monster.png"
       }
     }
   }
 }

メッセージ本文のプラットフォーム固有のブロックで使用できるキーの詳細については、HTTP v1 のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

送信リクエストで上記のように mutable-content を設定することによって、受信側クライアントのサービス拡張はペイロードで配信された画像を処理できます。