Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

Firebaseコンソールでメッセージを送信する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Firebase コンソールの Notifications Composer を使用して、通知メッセージを送信できます。これは、 Admin SDKまたはHTTP および XMPP プロトコルを使用してメッセージを送信する場合ほどの柔軟性やスケーラビリティを提供しませんが、テストやターゲットを絞ったマーケティングやユーザー エンゲージメントには非常に役立ちます。 Firebase コンソールは、分析ベースの A/B テストを提供して、マーケティング メッセージを改良および改善するのに役立ちます。

アプリでメッセージを受信するロジックを開発したら、技術者以外のユーザーが Notifications composerを使用してメッセージを送信できるようにすることができます。

Notifications composerから通知メッセージを送信すると、Google はフォーム フィールドに入力した値を次のように使用します。

  • ユーザー セグメント有効期限などのフィールドは、メッセージのターゲットと配信オプションを決定します。
  • 通知テキストカスタム データなどのフィールドは、キーと値のペアで構成されるペイロードでクライアントに送信されます。

これらのフィールドは、 Messageオブジェクトを介して使用可能なキーにマップされます。たとえば、コンポーザーのカスタム データフィールドに入力されたキーと値のペアは、通知のdataペイロードとして処理されます。他のフィールドは、 notificationオブジェクトまたはプラットフォーム固有の通知構成のキーに直接マップされます。

Notifications Composer の一部のフィールドは、FCM API では使用できないことに注意してください。たとえば、サーバー API では利用できない方法で、アプリのバージョン、言語、ブラウザの種類とバージョン、またはユーザー プロパティに基づいてユーザー セグメントをターゲティングできます。

Firebase コンソールがクライアントに送信するキーは次のとおりです。

コンソール フィールド ラベル説明
notification.title通知タイトル通知のタイトルを示します。
notification.body通知テキスト通知本文を示します。
dataカスタムデータユーザーが定義するキーと値のペア。これらは、アプリが処理するデータ ペイロードとして配信されます。

メッセージ配信を決定するキーは次のとおりです。

コンソール フィールド ラベル説明
sound

デバイスが通知を受信したときに再生するサウンドを示します。

time_to_live期限切れ

このパラメーターは、デバイスがオフラインの場合にメッセージを FCM ストレージに保持する時間 (秒単位) を指定します。詳しくは、メッセージの存続期間の設定を参照してください。