コンソールへ移動

ベロシティ アラートをカスタマイズする

個別の問題がアプリで緊急の問題の原因になっている場合にチームに通知されるようにするには、ベロシティ アラートを使用します。Crashlytics では、同じ種類のクラッシュが 1 つの問題として扱われます。

アラートをトリガーする条件

アプリの問題が Firebase コンソールで定義したしきい値を超えると、ベロシティ アラートがトリガーされます。

ベロシティ アラートのしきい値は、「クラッシュの影響を受けたユーザー セッションの割合」によって定義します。セッションの詳細については、Google アナリティクスのドキュメントをご覧ください。しきい値はセッションの 0.1%~1% の範囲で設定できます。デフォルトでは、ベロシティ アラートのしきい値はセッションの 1% に設定されています。

この場合、1 時間の間に次の条件を満たすと、アラートがトリガーされます。

  • アプリの問題がそのアプリに定義されているしきい値を超える。
  • その期間中にアプリに 250 のセッションがある。
  • このアプリの問題に対して以前にアラートが発生していない。

アラートしきい値を更新する

ベロシティ アラートを更新するには権限が必要です。必要な権限を持つ役割は、Firebase 品質管理者、プロジェクトのオーナーまたは編集者などです。

登録したアプリにベロシティ アラートのしきい値を設定します。アプリごとに異なるアラートしきい値を設定できます。

  1. Firebase コンソールで、Crashlytics ダッシュボードに移動します。
  2. ページ上部にあるアプリのプルダウン リストからアプリを選択します。
  3. [問題] ペインの上部バーでオーバーフロー メニュー(more_vert)を開き、[ベロシティ アラートの設定] を選択します。
  4. 画面の指示に従ってアプリのアラートしきい値を設定します。

アラートを受信する

次のいずれかの方法を使用すると、ベロシティ アラートをチームにルーティングできます。

  • メール - Firebase の [アラート] > アラート設定を選択し、Crashlytics のアラート登録で構成します。

  • 統合SlackJiraPagerDuty など)- Firebase の [プロジェクトの設定] > [統合] で構成します。