Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

速度アラートをカスタマイズする

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ベロシティ アラートを使用して、個々の問題がアプリで緊急の問題を引き起こしている場合にチームに通知します。 Crashlytics の場合、問題は同様のクラッシュのグループ化です。

何がアラートをトリガーしますか?

アプリの問題が、Firebase コンソールで定義したしきい値を超えると、ベロシティ アラートがトリガーされます。

ベロシティ アラートのしきい値は、クラッシュの影響を受けたユーザー セッションの割合で定義します。セッションの詳細については、Google アナリティクスのドキュメントをご覧ください。セッションの 0.1% から 1% の間のしきい値を設定できます。デフォルトでは、ベロシティ アラートのしきい値はセッションの 1% に設定されています。

具体的には、1 時間の間に次の条件が当てはまる場合にアラートがトリガーされます。

  • アプリの問題が、そのアプリに定義されたしきい値を超えています。
  • アプリには、その期間に 250 のセッションがあります。
  • アプリの問題に対して以前に発生したアラートはありませんでした。

アラートのしきい値を更新する

ベロシティ アラートを更新するには、 firebasecrashlytics.config.update権限が必要です。 Firebase Crashlytics AdminFirebase Quality AdminFirebase Admin 、プロジェクトオーナーまたは編集者の役割には、この必要な権限がデフォルトで含まれています。

登録済みアプリごとにベロシティ アラートのしきい値を構成します。アプリごとに異なるアラートしきい値を設定できます。

  1. Firebase コンソールで、Crashlytics ダッシュボードに移動します。
  2. ページの上部で、アプリのドロップダウン リストからアプリを選択します。
  3. [課題] ウィンドウの上部バーで、オーバーフロー メニュー ( ) を開き、[ベロシティ アラート設定] を選択します。
  4. 画面の指示に従って、アプリのアラートしきい値を構成します。

アラートを受け取る

デフォルトのアラートを取得する

デフォルトでは、Firebase は Crashlytics アラートをメールで送信できます。ベロシティ アラートとリグレッションの場合、Firebase はこれらのアラートを Firebase コンソールに表示することもできます。

このデフォルトのメカニズムを使用して Crashlytics アラートを受信するには、 firebase.projects.update権限が必要です。次のロールには、デフォルトでこの必要な権限が含まれています: Firebase 管理者、プロジェクトオーナー、または編集者

デフォルトでは、Crashlytics からのアラートがトリガーされると、すべてのプロジェクト メンバー (アラートを受信するために必要な権限を持つ) にメールが送信されます。

自分のアカウントのアラートをオン/オフにする

自分のアカウントでは、他のプロジェクト メンバーに影響を与えることなく、Crashlytics アラートをオンまたはオフにすることができます。アラートを受信するには、引き続き必要なアクセス許可が必要であることに注意してください。

Crashlytics アラートをオンまたはオフにするには、次の手順に従います。

  1. Firebase コンソールの右上隅にある Firebase アラートに移動します。
  2. 次に、[設定] に移動し、Crashlytics アラートのアカウント設定します。

サードパーティ サービスへの基本的なアラートを設定する

Crashlytics アラートの場合、Firebase は次のサードパーティ サービスにアラートを送信するメカニズムを提供します: SlackJira 、またはPagerDuty 。設定の [プロジェクト設定[統合] タブでプロンプト ワークフローを使用して、これらの基本的なアラート オプションを設定します。

サードパーティ サービス (Slack、Jira、または PagerDuty のみに限定されない) にアラートを送信するための詳細な制御とカスタマイズが必要な場合は、高度なアラート オプションについて説明している「サードパーティ サービスへの高度なアラートの設定」セクションを確認してください。

サードパーティ サービスへの高度なアラートを設定する

Cloud Functions for Firebase を使用して、Crashlytics アラートをチームの優先通知チャネルに送信できます。たとえば、ベロシティ アラートのアラート イベントをキャプチャし、アラート情報を Discord、Slack、Jira などのサードパーティ サービスに投稿する関数を作成できます。この高度なアラート メカニズムを使用すると、サードパーティ サービスに送信される情報を完全にカスタマイズできます。たとえば、役立つディープ リンクを Firebase コンソールに含めたり、会社固有のトラブルシューティング情報を追加したりできます。

Cloud Functions for Firebase を使用して高度なアラート機能を設定するには、次の手順に従います。

  1. Cloud Functions for Firebase をセットアップします。これには、次のタスクが含まれます。

    1. Node.js と npm をダウンロードします。
    2. Firebase CLI をインストールしてサインインします。
    3. Firebase CLI を使用して Cloud Functions for Firebase を初期化します。
  2. Crashlytics からアラート イベントをキャプチャし、イベント ペイロードを処理する関数を作成してデプロイします(たとえば、Discord のメッセージにアラート情報を投稿します)。

キャプチャできるすべての Crashlytics アラート イベントについては、Crashlyticsアラートのリファレンス ドキュメントを参照してください。