コンソールへ移動

Firebase アプリ内メッセージングplat_iosplat_android

コンテキストに応じたメッセージを使用して、アプリのアクティブ ユーザーの心を掴みましょう。

Firebase アプリ内メッセージングを使用すると、ターゲットを絞り込んだコンテキスト メッセージ(主要なアプリ機能を使用するようにユーザーに促すメッセージなど)を送信することができ、アプリのアクティブ ユーザーのエンゲージメントを獲得するのに役立ちます。たとえば、アプリ内メッセージを送信して、登録、動画の視聴、レベルのクリア、アイテムの購入を行うようユーザーを誘導できます。また、カード、バナー、モーダル、イメージとして表示されるメッセージをカスタマイズし、トリガーを設定して、ユーザーに最適なタイミングで表示されるようにすることができます。

Firebase アプリ内メッセージングは、ユーザーに調査や発見を促すためのツールとして使用してください。たとえば、e コマースアプリでセールやクーポンをハイライト表示する、ゲーム内で手がかりやヒントを表示する、ソーシャル メディア アプリ内でいいねを付ける、または共有するよう求めることができます。

使ってみる

主な機能

関連性の高い、人を惹きつけるメッセージの送信 Firebase アプリ内メッセージングは、最も必要とされるタイミングで(ユーザーがアプリを実際に操作しているときに)メッセージを送信します。たとえば、ユーザーが食料品店で買い物をしているときではなく、アプリ内ストアにアクセスしたときに、セールスをプロモーションします。ユーザーがテレビでスポーツの試合を見ているときではなく、実際にゲームをプレイしているときに、クールな新しいレベルのゲーム内容を紹介します。
オーディエンスや行動によるメッセージのターゲット設定 Firebase アプリ内メッセージングは、アナリティクスや Predictions と連携して、最もアプローチしたいユーザーにメッセージを配信できます。たとえば、ユーザーの属性、過去の行動、または将来の行動予測に基づいてメッセージを送信できます。
柔軟なカスタム アラートの作成 Firebase アプリ内メッセージングには、メッセージのスタイル、外観、表示トリガー、コンテンツを数回のクリック操作でカスタマイズできる機能が備わっています。そのため、プロモーションの特典を送信したり、アプリの新バージョンへのアップデートを促したりするなど、さまざまな場面で役立ちます。

実装パス

アプリを接続する Firebase コンソールで、アプリに Firebase を追加します。
SDK を統合する CocoaPods または Gradle を介して Firebase アプリ内メッセージング SDK をアプリに追加します。
最初のメッセージを作成する Firebase コンソールにアクセスして、最初のメッセージの作成、カスタマイズ、ターゲット設定を行います。