Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

パフォーマンスの問題を表示する

Performance Monitoring は、トレースやネットワーク リクエストの数が著しく増加し、事前定義した 1 か月あたりのしきい値を超えた場合に、アプリ内の潜在的なパフォーマンスの問題を自動的に報告します。

問題のリストを確認する

  1. Firebase コンソールの Performance Monitoring ダッシュボードに移動し、[問題] タブをクリックします。

  2. 潜在的なパフォーマンスの問題の一覧を確認します。最新の問題は最初に表示されます。

問題をミュートまたは閉じる

問題を閉じる、ミュート、開くことができます。Performance Monitoring が使用するしきい値を変更して、問題のタイプごとにフラグを付けることもできます。

ミュートを選択すると、現在または将来のステータスに関係なく問題が表示されなくなります。閉じるを選択すると、問題は修正済みとしてマークされます。回帰が発生した場合に Performance Monitoring で問題を再オープンにできます。

  1. Firebase コンソールの Performance Monitoring ダッシュボードに移動し、[問題] タブをクリックします。

  2. 非表示にする問題で、[] をクリックし、[ミュート] または [閉じる] を選択します。

    もう一度開くにするには、閉じたまたはミュートにした問題に戻り、メニューから [再開] を選択します。

問題のしきい値を構成する

Performance Monitoring が問題をフラグ付けする頻度や感度を変更するには、問題のタイプごとにデフォルトのしきい値を変更できます(可能な場合)。

  1. Firebase コンソールの Performance Monitoring ダッシュボードに移動し、[問題] タブをクリックします。

  2. 変更する問題タイプで [] をクリックし、[しきい値を編集] を選択します。

    該当するタイプの問題の通知を今後表示しないようにする場合は、[しきい値を削除] を選択します。

  3. [しきい値を移動] を選択してからしきい値を調整するか、[デフォルトにリセット] を選択してデフォルトのしきい値に戻します。