Catch up on everthing we announced at this year's Firebase Summit. Learn more

パフォーマンスの問題を表示する

Performance Monitoring は、トレースやネットワーク リクエストの数が著しく増加し、事前定義した 1 か月あたりのしきい値を超えた場合に、アプリ内の潜在的なパフォーマンスの問題を自動的に報告します。

問題のリストを確認する

  1. Firebase コンソールの Performance Monitoring セクションに移動し、[問題] タブをクリックします。

  2. 潜在的なパフォーマンスの問題の一覧を確認します。最新の問題は最初に表示されます。

問題をミュートまたは閉じる

問題を閉じたり、ミュートしたり、再度開いたりすることができます。

ミュートを選択すると、現在または将来のステータスに関係なく問題が表示されなくなります。閉じるを選択すると、問題は修正済みとしてマークされます。回帰が発生した場合に Performance Monitoring で問題を再オープンにできます。

  1. Firebase コンソールの Performance Monitoring セクションに移動し、[問題] タブをクリックします。

  2. 非表示にする問題で、[] をクリックし、[ミュート] または [閉じる] を選択します。

    もう一度開くにするには、閉じたまたはミュートにした問題に戻り、メニューから [再開] を選択します。