Firebase Remote Config の iOS 向けサンプルアプリのチュートリアル

このガイドでは、Remote Config を iOS アプリに統合する手順を説明します。iOS 向け Remote Config API について詳しくは、FIRRemoteConfig クラスの説明をご覧ください。

要件

Firebase を iOS プロジェクトに追加する方法で説明されている手順に沿ってプロジェクトを設定します。

クライアント ライブラリをインストールする

  1. Podfile に次の依存関係を追加します。

    pod 'Firebase/RemoteConfig'
    

  2. ファイルを保存して以下を実行します。

    pod install
    

これにより、アプリケーションの .xcworkspace ファイルが作成されます。このファイルは、アプリケーションで今後行うあらゆる開発で利用できます。

クイックスタート サンプル用の Remote Config プロジェクトを作成する

クイックスタート サンプルを使うと、サンプルアプリのウェルカム メッセージを、Remote Config を使って定義する方法を試すことができます。クイックスタート サンプルを実行するには、まず Remote Config プロジェクトを設定する必要があります。

Firebase console で、[新規プロジェクトを作成] をクリックし、Firebase Remote Config プロジェクトの設定手順に沿って操作します。

次のパラメータを使用します。

パラメータキー デフォルト値 注:
welcome_message Welcome to this sample app 別のウェルカム メッセージを使用するように変更します。
welcome_message_caps false ウェルカム メッセージをすべて大文字で表示する場合は true に設定します。

プロジェクトの設定後、クイックスタート サンプルを実行すると Firebase console で定義したウェルカム メッセージが表示されます。プロジェクトの上記のパラメータの値を変更してクイックスタート サンプルの [Remote Config をフェッチ] ボタンをタップすると、Remote Config によってアプリをどう更新できるかを確認できます。

クイックスタート サンプルをビルドして実行する

  1. クイックスタート サンプルのコードをダウンロードして解凍します。

  2. ターミナル ウィンドウを開き、サンプル プロジェクトの場所に移動します。pod install を実行し、.xcworkspace ファイルを開きます。

  3. サンプルをビルドして実行します。

仕組み

サンプルはまず Remote Config オブジェクトのインスタンスを取得し、デベロッパー モードを有効にしてキャッシュ更新の頻度を増やせるようにします。

Objective-C

Swift

次に、サンプルはアプリ内デフォルト値を plist ファイルから取得します。

Objective-C

Swift

サンプルは fetchWithExpirationDuration:completionHandler: リクエストを作成して Remote Config サーバーから値をフェッチし、それらの値をアプリで使用できるようにするため activateFetched を呼び出します。

Objective-C

Swift

ウェルカム メッセージが更新されると、更新されたウェルカム メッセージをアプリに表示できるようになります。

Objective-C

Swift

Remote Config パラメータには、stringValuenumberValuedataValueboolValue プロパティのいずれか、または configValueForKey: メソッドを使ってアクセスできます。

キャッシュと制限

リクエストが成功すると、Remote Config は値をローカルにキャッシュ保存します。 デフォルトではキャッシュは 12 時間で有効期限切れになりますが、希望するキャッシュ有効期限(秒単位)を fetchWithExpirationDuration:completionHandler: に渡すことによって、特定のリクエストのキャッシュの有効期限を変更することもできます。キャッシュにある値が希望するキャッシュ有効期限より古い場合、Remote Config はサーバーに新しい設定値をリクエストします。アプリが fetchWithExpirationDuration:completionHandler: を使って新しい値を数回リクエストすると、リクエストが制限されてアプリにはキャッシュされた値が提供されます。

アプリの開発中は、開発とテストを繰り返すための反復処理がすばやくできるように、頻繁なキャッシュの更新(1 時間に何度も)が必要となることがあります。最大 10 人までのデベロッパーがかかわるプロジェクトで反復処理をすばやく行えるようにするには、isDeveloperModeEnabled の値を true に設定した FIRRemoteConfigSettings プロパティを一時的にアプリに追加し、FIRRemoteConfig オブジェクトのキャッシュ設定を変更します。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。