テスト結果の分析

テストを Firebase コンソールで実施する場合も、コマンドライン インターフェースで実施する場合も、テストの詳細な結果を Firebase コンソールで確認できます。テスト結果の分析方法については、こちらをお読みください。

主な概念

テスト結果を確認するには、Firebase コンソールの [Test Lab] セクションに移動します。

これまでに実行したすべてのテストのリストが表示されます。結果を理解するには、テスト マトリックスについて少し知っておくと役立ちます。テスト ディメンション × テスト実行 = テスト マトリックス

  • テスト ディメンション: 端末の機種、OS バージョン、ロケール、画面の向きなど、アプリをテストするデバイス属性。

  • テスト実行: テスト対象として選択したテスト ディメンションの組み合わせがそれぞれ異なる個々のテスト実行。

  • テスト マトリックス: 選択したテスト ディメンションに対してテストを実行した結果。マトリックス内のいずれかのテストが失敗した場合、Test Lab ではマトリックス全体に失敗のマークが表示されます。

テスト マトリックスの結果の見方

Firebase コンソールでテストを開始すると、Test Lab によって進行中のテスト マトリックスがすぐに表示され、テストの進捗状況を逐次確認できます。コマンドライン ツールを使用した場合は、提示される URL にアクセスして、進行中のテスト マトリックス ページを表示できます。

マトリックスには、Test Lab によって実行されるテストごとに行があります。名前の前に表示されるアイコンは、実行のステータスを表しています。

  • play_circle_outline 進行中: テスト実行はまだ進行中です。アプリのテスト数と複雑さによっては、完了するまで最大 1 時間かかる場合があります。
  • check_circle 成功: 失敗したテストはありません。
  • warning 失敗: 1 つ以上のテストが失敗しました。
  • error 不確定: テスト結果が不確定です。Test Lab エラーの可能性があります。
  • block スキップ: 選択した端末 / OS バージョンの組み合わせが利用できないため、Test Lab はテストをスキップしました。

1 回のテスト実行結果の解釈

テスト マトリックス結果ページでいずれかのテスト実行をクリックすると、そのテストの結果が表示されます。

このページには、テストで発生した問題、テストケースのリスト、実行ログ、テスト実行の動画など、テストの統計情報が表示されます。

詳細なテスト結果

詳細なテスト結果は、Google Cloud Storage(GCS)バケットで 90 日間使用できます。テスト実行結果ページで [ソースファイルを表示] をクリックすると、バケットが表示されます。

詳細なテスト結果を 90 日間より長く保持するには、--results-bucket gcloud コマンドライン オプションを使用して、ご自身で所有する GCS バケットにテスト結果を送信します。その後、保存期間の設定を行って、結果を GCS バケットに保存する期間を設定します。保存期間の設定を変更する方法については、ライフサイクルの条件を参照してください。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。