Firebase console から Firebase Test Lab for Android を使用する

Firebase Test Lab for Android は、Android アプリをテストするためのクラウドベースのインフラストラクチャを提供します。このドキュメントでは、Firebase console を使用して Test Lab を開始する方法について説明します。

Firebase プロジェクトを作成

アプリの Firebase プロジェクトがない場合は、Firebase console で [プロジェクトを作成] をクリックしてプロジェクトを作成します。テストを実行するには、プロジェクトの所有権または編集権限が必要です。

Test Lab は、Spark プランと Flame プランに基づいて回数が制限された毎日のテスト実行に使用できます。毎日の割り当て制限なしで Test Lab を使用するには、Firebase Blaze プランにアップグレードする必要があります。

詳細については、Test Lab の割り当てと課金をご覧ください。

テストを実行する

Firebase Test Lab では、次のタイプのテストを実行できます。

  • アプリを動かすために特別に記述された EspressoRobotiumUI Automator 2.0 インストゥルメンテーション テスト。
  • Robo テスト。アプリのユーザー インターフェースの構造を分析してから、ユーザー アクティビティをシミュレートすることによって自動的に調べます。

テストを実行するには、Firebase Test Lab for Android を使用してテストを実行する方法についての記事をご覧ください。

テスト結果を調査する

テストが開始されると、テスト結果ページに自動的にリダイレクトされます。選択された異なる設定の数と、テストに対して設定されたテスト タイムアウト時間によっては、テストの実行に数分かかることがあります。テストが完了すると、テスト結果を確認できます。テスト結果の見方について詳しくは、Firebase Test Lab for Android の結果の分析についての記事をご覧ください。

フィードバックを送信...