コンソールへ移動

C++ 用 Firebase 向け Google アナリティクスを使ってみる

Firebase 向け Google アナリティクスは、アプリの使用状況や動作に関するデータを収集します。この SDK は主に次の 2 種類の情報をロギングします。

  • イベント: ユーザーの操作、システム イベント、エラーなど、アプリで起こっていること。
  • ユーザー プロパティ: 言語や地域など、ユーザー層を示す属性。自由に定義できます。

アナリティクスは、一部のイベントユーザー プロパティのログを自動的に記録します。これらのログ記録を有効にするためのコードを追加する必要はありません。それ以外のデータをアプリで収集する必要がある場合は、アナリティクスのユーザー プロパティを設定(最大 25 個まで)したり、アナリティクス イベントをログに記録(最大 500 種類まで)したりできます。アプリで記録できるログの量に制限はありません。

このデータにアクセスするには、次のように操作します。

  1. Firebase コンソールでプロジェクトを開きます。
  2. メニューで [アナリティクス] を選択し、アナリティクスのレポート ダッシュボードを表示します。

[イベント] タブには、アプリによってログに記録されたアナリティクス イベントの種類ごとに自動的に作成されたイベント レポートが表示されます。アナリティクスのレポート ダッシュボードの詳細については、Firebase ヘルプセンターをご覧ください。

アナリティクス SDK には、小売、e コマース、旅行、ゲームなどといったさまざまな種類のアプリでよく使われるイベントが推奨イベントとして多数定義されており、すぐに使うことができます。こうしたイベントの詳細と使い方については、Firebase ヘルプセンターのイベントとプロパティをご覧ください。できる限り詳細なレポートを取得するには、アプリと既定のパラメータに対して適切な推奨アナリティクス イベントを記録します。これにより、Firebase 向け Google アナリティクスに新しい機能が追加されたときにその機能を確実に利用できます。

始める前に

Firebase 向け Google アナリティクスを使用するには、次の作業が必要です。

  • C++ プロジェクトを登録して Firebase を使用するように構成します。

    C++ プロジェクトですでに Firebase を使用している場合、この登録と構成はすでに行われています。

  • プロジェクト レベルの build.gradle ファイルの buildscript セクションと allprojects セクションに Google の Maven リポジトリを含めます。

  • Firebase C++ SDK を C++ プロジェクトに追加します。

Firebase を C++ プロジェクトに追加するには、Firebase コンソールと開いている C++ プロジェクトの両方でこのタスクを行う必要があります(コンソールから Firebase 構成ファイルをダウンロードし、それを C++ プロジェクトに移動するなど)。

firebase App を作成して初期化する

最初に、firebase App を作成して初期化する必要があります。

Android

firebase App を作成し、引数として JNI 環境と jobject 参照を Java アクティビティに渡します。

app = ::firebase::App::Create(::firebase::AppOptions(), jni_env, activity);

アナリティクス ライブラリを初期化します。

::firebase::analytics::Initialize(app);

iOS

firebase App を作成します。

app = ::firebase::App::Create(::firebase::AppOptions());

アナリティクス ライブラリを初期化します。

::firebase::analytics::Initialize(app);

イベントをログに記録する

firebase::App インスタンスを構成すると、LogEvent() メソッドを使ってイベントをログに記録できるようになります。

次の例は、ユーザーの得点を更新するコードです。

analytics::LogEvent(analytics::kEventPostScore, analytics::kParameterScore, 42);

次のステップ