イベントのログを記録する

イベントは、ユーザーの操作、システム イベント、エラーなど、アプリで起こっていることを把握するのに役立ちます。

Analytics は、一部のイベントに関するログを自動で記録します。受信するためのコードを記述する必要はありません。それ以外のデータをアプリで収集する必要がある場合は、最大 500 種類までの Analytics イベントをログに記録できます。アプリで記録できるログの量に制限はありません。

準備

初めてアプリに Analytics を追加する場合は、次の手順を行います。

Firebase console でアプリを接続する

  1. Firebase SDK をインストールします
  2. Firebase console でアプリを Firebase プロジェクトに追加します。

アプリに Analytics を追加する

  1. podfile に Firebase の依存関係を追加します。
    pod 'Firebase/Core'
  2. FIRApp インスタンスを設定します。通常はアプリケーションの AppDelegate を使用します。

    Objective-C

    [FIRApp configure];

    Swift

    FIRApp.configure()

イベントのログを記録する

FIRApp インスタンスを設定すると、logEventWithName() メソッドを使ってイベントを記録できるようになります。実装の詳細については、次の各ファイルを参照してください。

  • 推奨イベント: FIREventNames.h のヘッダーファイル。
  • 既定のパラメータ: FIRParameterNames.h のヘッダーファイル。

次の例は、推奨イベントの kFIRSelectContent を記録して、ユーザーがコンテンツを共有したかどうかがわかるようにする方法を示したものです。

Objective-C

[FIRAnalytics logEventWithName:kFIREventSelectContent parameters:@{
                                                           kFIRParameterContentType:@"cont",
                                                           kFIRParameterItemID:@"1"
                                                           }];

Swift

FIRAnalytics.logEventWithName(kFIREventSelectContent, parameters: [
  kFIRParameterContentType:"cont",
  kFIRParameterItemID:"1"
  ])

既定のパラメータの他にも、あらゆるイベントに次のパラメータを追加できます。

  • カスタム パラメータ: カスタム パラメータは Analytics レポートには記載されませんが、ユーザーリストの定義でフィルタとして使用でき、あらゆるレポートに適用できます。アプリが BigQuery プロジェクトとリンクされている場合、カスタム パラメータは BigQuery にエクスポートされるデータに含まれます。

  • kFIRParameterValue パラメータ: kFIRParameterValue はイベントに関連する主要な指標を蓄積するのに役立つ汎用パラメータです。そのようなイベントにはたとえば収益、距離、時間、得点などがあります。

推奨されるイベントの種類では収集できないデータをアプリで収集したい場合は、次の例で示すように独自のカスタム イベントを記録することができます。

Objective-C

 [FIRAnalytics logEventWithName:@"share_image"
                         parameters:@{
                                      @"name": name,
                                      @"full_text": text
                                      }];

Swift

FIRAnalytics.logEventWithName("share_image", parameters: [
  "name": name,
  "full_text": text
  ])

Xcode デバッグ コンソールでイベントを表示する

詳細ログを有効にして SDK によるイベントのログ記録を監視し、イベントが正しく記録されているかどうかを確認することができます。対象となるのは、自動で記録されるイベントと手動で記録されるイベントの両方です。

詳細ログを有効にするには、次のようにします。

  1. Xcode で [Product]、[Scheme]、[Edit scheme] の順に選択します。
  2. 左側のメニューから [Run] を選択します。
  3. [Arguments] タブをクリックします。
  4. [Arguments Passed On Launch] セクションに -FIRAnalyticsDebugEnabled を追加します。

以後、アプリを実行すると Xcode のデバッグ コンソールにイベントが表示され、イベントが送信されているかどうかを即座に確認することができます。

ダッシュボードでイベントを表示する

Firebase console のダッシュボードでは、Analytics イベントに関する集約された統計情報を表示することができます。これらのダッシュボードは、一日を通して定期的に更新されます。即座にテストを行いたい場合は、前のセクションで説明したデバッグ コンソールの出力を使用してください。

Firebase コンソールでこのデータにアクセスするには、次のように操作します。

  1. Firebase console でプロジェクトを開きます。
  2. メニューで [Analytics] を選択し、Analytics のレポート ダッシュボードを表示します。

[イベント] タブには、アプリによって記録された各種 Analytics イベントそれぞれについて自動的に作成されたイベント レポートが表示されます。Analytics のレポート ダッシュボードについて詳しくは、Firebase ヘルプセンターをご覧ください。

フィードバックを送信...