Firebase Summit で発表されたすべての情報をご覧ください。Firebase を使用してアプリ開発を加速し、自信を持ってアプリを実行する方法を紹介しています。詳細

WebViewでAnalyticsを使用する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

イベントをログに記録したり、WebView 内から発生したユーザー プロパティを設定したりするための呼び出しは、Google アナリティクスに送信する前に、ネイティブ コードに転送する必要があります。

JavaScript ハンドラを実装する

WebView で Google アナリティクスを使用するための最初のステップは、イベントとユーザー プロパティをネイティブ コードに転送する JavaScript 関数を作成することです。次の例は、Android と Apple の両方のネイティブ コードと互換性のある方法でこれを行う方法を示しています:
function logEvent(name, params) {
  if (!name) {
    return;
  }

  if (window.AnalyticsWebInterface) {
    // Call Android interface
    window.AnalyticsWebInterface.logEvent(name, JSON.stringify(params));
  } else if (window.webkit
      && window.webkit.messageHandlers
      && window.webkit.messageHandlers.firebase) {
    // Call iOS interface
    var message = {
      command: 'logEvent',
      name: name,
      parameters: params
    };
    window.webkit.messageHandlers.firebase.postMessage(message);
  } else {
    // No Android or iOS interface found
    console.log("No native APIs found.");
  }
}

function setUserProperty(name, value) {
  if (!name || !value) {
    return;
  }

  if (window.AnalyticsWebInterface) {
    // Call Android interface
    window.AnalyticsWebInterface.setUserProperty(name, value);
  } else if (window.webkit
      && window.webkit.messageHandlers
      && window.webkit.messageHandlers.firebase) {
    // Call iOS interface
    var message = {
      command: 'setUserProperty',
      name: name,
      value: value
   };
    window.webkit.messageHandlers.firebase.postMessage(message);
  } else {
    // No Android or iOS interface found
    console.log("No native APIs found.");
  }
}

ネイティブ インターフェイスを実装する

JavaScript からネイティブの Apple コードを呼び出すには、 WKScriptMessageHandlerプロトコルに準拠するメッセージ ハンドラー クラスを作成します。 userContentController:didReceiveScriptMessage:コールバック内で Google アナリティクスの呼び出しを行うことができます。

Swift

注:この Firebase 製品は、macOS ターゲットでは使用できません。
func userContentController(_ userContentController: WKUserContentController,
                         didReceive message: WKScriptMessage) {
  guard let body = message.body as? [String: Any] else { return }
  guard let command = body["command"] as? String else { return }
  guard let name = body["name"] as? String else { return }

  if command == "setUserProperty" {
    guard let value = body["value"] as? String else { return }
    Analytics.setUserProperty(value, forName: name)
  } else if command == "logEvent" {
    guard let params = body["parameters"] as? [String: NSObject] else { return }
    Analytics.logEvent(name, parameters: params)
  }
}

Objective-C

- (void)userContentController:(WKUserContentController *)userContentController
      didReceiveScriptMessage:(WKScriptMessage *)message {
  if ([message.body[@"command"] isEqual:@"setUserProperty"]) {
    [FIRAnalytics setUserPropertyString:message.body[@"value"] forName:message.body[@"name"]];
  } else if ([message.body[@"command"] isEqual: @"logEvent"]) {
    [FIRAnalytics logEventWithName:message.body[@"name"] parameters:message.body[@"parameters"]];
  }
}

最後に、メッセージ ハンドラーを webview のユーザー コンテンツ コントローラーに追加します。

Swift

注:この Firebase 製品は、macOS ターゲットでは使用できません。
self.webView.configuration.userContentController.add(self, name: "firebase")

Objective-C

注:この Firebase 製品は、macOS ターゲットでは使用できません。
[self.webView.configuration.userContentController addScriptMessageHandler:self
                                                                     name:@"firebase"];

次のステップ

WebView での Google アナリティクスの完全に機能する実装については、 analytics-webviewサンプルを参照してください。