Firebase CLI を使用してテスターに Android アプリをテスターに配布する

テスターにビルドを配布するには Firebase CLI を使用します。CLI ツールを使用すると、ビルドのテスターとリリースノートを指定し、ビルドを配布できます。

始める前に

まだ Firebase を Android プロジェクトに追加していない場合は追加します。

他の Firebase プロダクトを使用していない場合は、プロジェクトを作成してアプリを登録するだけでかまいません。ただし、今後追加のプロダクトを使用する場合は、上記のリンク先のページの手順をすべて完了してください。

1. アプリをビルドする

アプリのプレリリース版をテスターに配布する準備ができたら、通常のプロセスに従って APK をビルドします。デバッグキーまたはアプリ署名キーを使用して APK に署名する必要があります。

2. テスターにアプリを配布する

テスターにアプリを配布するには、Firebase CLI を使用して APK ファイルをアップロードします。

  1. Firebase CLI の最新バージョンをインストールするか、最新バージョンに更新します(ご使用の OS 固有の CLI のスタンドアロン バイナリをダウンロードすることをおすすめします)。ログインして、プロジェクトにアクセスできることを確認してください。
  2. Firebase コンソールの App Distribution ページで、配布するアプリを選択し、[開始] をクリックします。
  3. appdistribution:distribute コマンドを実行してビルドをテスターに公開します。次のパラメータを使用して配布を構成します。

    appdistribution:distribute のオプション
    --app

    必須: アプリの Firebase アプリ ID。アプリ ID は Firebase コンソールの全般設定ページで確認できます。

    
    --app 1:1234567890:android:0a1b2c3d4e5f67890
    --release-notes
    --release-notes-file

    このビルドのリリースノート。

    リリースノートを直接指定します。

    
    --release-notes "Text of release notes"

    または、書式なしテキスト ファイルのパスを指定します。

    
    --release-notes-file /path/to/release-notes.txt
    --testers
    --testers-file

    招待するテスターのメールアドレス。

    メールアドレスのカンマ区切りのリストとしてテスターを指定します。

    
    --testers "ali@example.com, bri@example.com, cal@example.com"

    または、メールアドレスのカンマ区切りのリストを含む書式なしテキスト ファイルへのパスを指定します。

    
    --testers-file="/path/to/testers.txt"
    --groups
    --groups-file

    招待するテスター グループ(テスターを管理するをご覧ください)。グループはグループ エイリアスで指定します。これは、Firebase コンソールで検索できます。

    グループをカンマ区切りのリストとして指定します。

    
    --groups "qa-team, trusted-testers"

    または、グループ名のカンマ区切りのリストを含む書式なしテキスト ファイルのパスを指定します。

    
    --groups-file="/path/to/groups.txt"
    --debug

    詳細なログを出力するためのフラグ。

    例:

    firebase appdistribution:distribute test.apk  \
        --app 1:1234567890:android:0a1b2c3d4e5f67890  \
        --release-notes "Bug fixes and improvements" --testers-file testers.txt
    

    アプリのテストに招待されていないテスターには招待メールが届きます。既存のテスターには、新しいビルドの準備ができていることを知らせるメールが届きます。

新しいビルドを配布した後、テスターのステータス(招待の承諾状況やアプリのダウンロード状況)を Firebase コンソールでモニタリングできます。