コンソールへ移動

Firebase CLI を使用してテスターに iOS アプリを配布する

テスターにビルドを配布するには Firebase CLI を使用します。CLI ツールを使用すると、ビルドのテスターとリリースノートを指定し、ビルドを配布できます。

始める前に

まだ Firebase を iOS プロジェクトに追加していない場合は追加します。

他の Firebase プロダクトを使用していない場合は、プロジェクトを作成してアプリを登録するだけでかまいません。ただし、今後追加のプロダクトを使用する場合は、上記のリンク先のページの手順をすべて完了してください。

1. アプリをビルドする

アプリのプレリリース版をテスターに配布する準備が整ったら、署名付きの配布用アーカイブを作成します。以下の要件を満たしていれば、通常のビルドプロセスを使用できます。

  • 開発チーム以外にアプリを配布するには、Ad Hoc または Enterprise のいずれかの配布プロファイルを使用する必要があります。
  • アプリで Game Center、APN(さらに Cloud Messaging)、iCloud を使用する場合は、プロビジョニング プロファイルでワイルドカード ID ではなく、明示的なアプリ ID を使用する必要があります。
  • Ad Hoc 配布プロファイルを使用する場合は、テスターのデバイスに固有のデバイス ID(UDID)を含める必要があります。新しい iOS テスターがテスト プログラムに登録されるたびに、プロビジョニング プロファイルを更新し、テスターのデバイスの UDID を追加する必要があります。追加のテスター デバイスの登録をご覧ください。
  • 前回のビルド以降にコードを変更した場合(つまり、登録済みのデバイスを更新しただけで、再ビルドしていない場合)、ビルド ターゲットでユーザーに表示されるバージョン番号(Version)と一意のビルド番号(Build)を更新します。

ビルドが完了すると、指定したフォルダに IPA ファイルと一部のログファイルが保存されます。次の手順で、IPA ファイルをテスターに配布します。

2. テスターにアプリを配布する

テスターにアプリを配布するには、Firebase CLI を使用して IPA ファイルをアップロードします。

  1. Firebase CLI の最新バージョンをインストールするか、最新バージョンに更新します(ご使用の OS 固有の CLI のスタンドアロン バイナリをダウンロードすることをおすすめします)。ログインして、プロジェクトにアクセスできることを確認してください。
  2. Firebase コンソールの App Distribution ページで、配布するアプリを選択し、[開始] をクリックします。
  3. appdistribution:distribute コマンドを実行してビルドをテスターに公開します。次のパラメータを使用して配布を構成します。

    appdistribution:distribute のオプション
    --app

    必須: アプリの Firebase アプリ ID。アプリ ID は Firebase コンソールの全般設定ページで確認できます。

    
    --app 1:1234567890:ios:0a1b2c3d4e5f67890
    --release-notes
    --release-notes-file

    このビルドのリリースノート。

    リリースノートを直接指定します。

    
    --release-notes "Text of release notes"

    または、書式なしテキスト ファイルのパスを指定します。

    
    --release-notes-file /path/to/release-notes.txt
    --testers
    --testers-file

    招待するテスターのメールアドレス。

    メールアドレスのカンマ区切りのリストとしてテスターを指定します。

    
    --testers "ali@example.com, bri@example.com, cal@example.com"

    または、メールアドレスのカンマ区切りのリストを含む書式なしテキスト ファイルへのパスを指定します。

    
    --testers-file="/path/to/testers.txt"
    --groups
    --groups-file

    招待するテスター グループ(テスターを管理するをご覧ください)。グループはグループ エイリアスで指定します。これは、Firebase コンソールで検索できます。

    グループをカンマ区切りのリストとして指定します。

    
    --groups "qa-team, trusted-testers"

    または、グループ名のカンマ区切りのリストを含む書式なしテキスト ファイルのパスを指定します。

    
    --groups-file="/path/to/groups.txt"
    --debug

    詳細なログを出力するためのフラグ。

    次に例を示します。

    firebase appdistribution:distribute test.ipa  \
        --app 1:1234567890:ios:0a1b2c3d4e5f67890  \
        --release-notes "Bug fixes and improvements" --testers-file testers.txt
    

    アプリのテストに招待されていないテスターには招待メールが届きます。既存のテスターには、新しいビルドの準備ができていることを知らせるメールが届きます。

App Distribution の招待メールを送信した後、招待したテスターのステータス(招待の承認状況やアプリケーションのインストール状況)を Firebase コンソールでモニタリングできます。

3. 追加のテスター デバイスを登録する

招待を受け入れたテスターが、Enterprise プロファイルを使用して未署名のビルドをテストしようとすると、デバイスの UDID を共有するかどうか確認されます。テスターが同意すると、App Distribution はデバイスから UDID を収集し、新しく共有された UDID をメールで通知します。

このようなメールが届いたら、次の手順に従ってプロビジョニング プロファイルを更新して UDID を追加し、新しいビルドをテスターに配布します。

  1. Apple Developer ポータルの Add Devices ページで、受信したメールに記載されている新しい UDID を登録します。
  2. iOS Provisioning Profiles ページで、登録済みのデバイスをプロビジョニング プロファイルに追加します。
  3. プロビジョニング プロファイルをダウンロードし、このプロファイルでアプリを再ビルドします。登録済みデバイスの更新だけを目的に再ビルドする場合は、ビルド番号またはバージョンを更新しないでください。
  4. Firebase コンソールまたは CLI からアプリを再配布します。同じビルド番号とバージョンのビルドをすでに配布している場合は、新しく登録されたデバイスのユーザーだけに通知メールが送信されます。

これらの手順を完了すると、テスターがオンボーディング フローを完了し、アプリをインストールできるようになります。