This guide contains instructions for the latest version of the Firebase Crashlytics SDK. If you migrated your app from Fabric, make sure it's been upgraded and no longer uses the deprecated legacy Fabric SDK.

Firebase Crashlytics スタートガイド

このクイックスタートでは、Firebase コンソールで包括的なクラッシュ レポートを表示できるよう、Firebase Crashlytics SDK を使用してアプリに Firebase Crashlytics を設定する方法について説明します。

始める前に

  1. まだ Firebase を iOS プロジェクトに追加していない場合は追加します。iOS アプリをお持ちでない場合は、サンプルアプリをダウンロードできます。

  2. 省略可: クラッシュに遭遇していないユーザー、パンくずリスト、カスタム イベントなどのクラッシュ指標を取得するには、Firebase プロジェクトで Google アナリティクスを有効にする必要があります。

    1. 既存の Firebase プロジェクトで Google アナリティクスが有効になっていない場合は、 > [プロジェクトの設定] の [統合] タブで Google アナリティクスを有効にできます。

      新しい Firebase プロジェクトを作成する場合は、プロジェクトの作成ワークフローで Google アナリティクスを有効にします。

    2. 最後に、Google アナリティクス コンソールの、[管理] タブ > [アカウント設定] > [データ共有設定] で、データ共有を有効にします。

      古い Firebase プロジェクトでは、(Firebase コンソールの) > [プロジェクト設定] の [統合] タブで、データ共有を有効にしなければならない場合があります。

ステップ 1: Firebase コンソールで Crashlytics を設定する

  1. Firebase コンソールの左側のナビゲーション パネルにある [Crashlytics] をクリックします。

  2. Firebase プロジェクトに複数のアプリが登録されている場合は、コンソールの上部バーにある [Crashlytics] の横にあるプルダウンから追加したアプリを選択します。

  3. [Crashlytics を有効にする] をクリックします。

ステップ 2: アプリに Firebase Crashlytics を追加する

  1. Firebase プロジェクト用に作成した podfile を開き、FirebaseCrashlytics ポッドを追加します。Firebase Crashlytics でのエクスペリエンスを最適化するために、Google アナリティクス用の Firebase ポッドもアプリに追加して、プロジェクトで Google アナリティクスを有効にすることをおすすめします。クラッシュの影響を受けていないユーザーとパンくずリストをリアルタイムで取得するには、バージョン 6.3.1 以降の Google アナリティクスを追加してください。

    pod 'Firebase/Crashlytics'
    
    # Recommended: Add the Firebase pod for Google Analytics
    pod 'Firebase/Analytics'
    
  2. ポッドをインストールし、.xcworkspace ファイルを再度開いて Xcode でプロジェクトを表示します。

    pod install
    open your-project.xcworkspace
    
  3. Firebase モジュールを UIApplicationDelegate にインポートします。

    Swift

    import Firebase

    Objective-C

    @import Firebase;
  4. FirebaseApp 共有インスタンスを構成します。通常はアプリの application:didFinishLaunchingWithOptions: メソッドで行います。

    Swift

      // Use the Firebase library to configure APIs.
      FirebaseApp.configure()
      

    Objective-C

      // Use the Firebase library to configure APIs.
      [FIRApp configure];
      
  5. アプリを再コンパイルします。

ステップ 3: Crashlytics を初期化する

Crashlytics を初期化するには、実行スクリプトをプロジェクトのビルドフェーズに追加します。実行スクリプトを使用すると、アプリがクラッシュするたびに Xcode が自動的にプロジェクトの dSYM ファイルをアップロードするため、Crashlytics は自動的にクラッシュ レポートを生成できます。

  1. Xcode でプロジェクトを開き、左側のナビゲータでプロジェクト ファイルを選択します。

  2. [Select a project or target] プルダウンから、メインのビルド ターゲットを選択します。

  3. [Build Phases] タブを選択し、 > [New Run Script Phase] の順にクリックします。

  4. 表示される [Run Script] セクションを展開します。スクリプト フィールド([Shell] フィールドの下)で、新しい実行スクリプトを追加します。

    "${PODS_ROOT}/FirebaseCrashlytics/run"
  5. アプリの dSYM の場所を、大規模なアプリに対する Crashlytics の自動 dSYM 生成を高速化する入力ファイルとして追加します。次に例を示します。

    ${DWARF_DSYM_FOLDER_PATH}/${DWARF_DSYM_FILE_NAME}/Contents/Resources/DWARF/${TARGET_NAME}
    

    アプリのビルド済み Info.plist の場所を、ビルドフェーズの [Input Files] フィールドに指定することもできます。

    $(SRCROOT)/$(BUILT_PRODUCTS_DIR)/$(INFOPLIST_PATH)

SDK をアプリに追加すると、Crashlytics が自動的にクラッシュ レポートをリッスンして収集するようになります。

ステップ 4: プロジェクトを実行する

最後に、アプリを実行します。デバイスログに、初期化が完了したという Firebase の確認が表示されます。

次のステップ