Firebase Crashlytics を使ってみる

このクイックスタートでは、Firebase コンソールで包括的なクラッシュ レポートを表示できるよう、Firebase Crashlytics をセットアップする方法を説明します。

iOS
android

準備

iOS

最初に、Firebase Crashlytics を有効にした Firebase アプリが必要です。

android

最初に、Firebase Crashlytics を有効にした Firebase アプリが必要です。

プロジェクトに Crashlytics SDK を追加する

iOS

Xcode ワークスペースに Crashlytics フレームワークを追加する

まず始めに、Crashlytics SDK フレームワーク ファイルをプロジェクトに追加します。ほとんどのプロジェクトでは Crashlytics CocoaPods を追加するのが最も簡単な方法となりますが、プロジェクトで CocoaPods をサポートしていない場合は、ファイルを手動で追加することもできます。

Crashlytics の実行スクリプトを追加する

追加したフレームワークには、Crashlytics を初期化する実行スクリプトが含まれています。それをプロジェクトのビルドフェーズに追加します。

  1. Xcode でプロジェクトを開き、ナビゲータでプロジェクト ファイルを選択します。
  2. [Select a project or target] プルダウンでメインのビルド ターゲットを選択します。
  3. ターゲットの [Build Phases] タブを開きます。
  4. [+ Add a new build phase] をクリックし、[New Run Script Phase] を選択します。
  5. [Type a script...] テキスト ボックスに次の行を追加します。
    CocoaPods インストール
    "${PODS_ROOT}/Fabric/run"
    手動インストール
    "${PROJECT_DIR}/Fabric.framework/run"
  6. Xcode 10 のみ: アプリのビルドされた Info.plist の場所をビルドフェーズの [Input Files] フィールドに追加します。
    $(BUILT_PRODUCTS_DIR)/$(INFOPLIST_PATH)

SDK をアプリに追加すると、Crashlytics が自動的にクラッシュ レポートをリッスンして収集するようになります。

注: 新しいビルドフェーズがプロジェクトの最後のビルドフェーズであることを確認してください。そうでない場合、Crashlytics が正しく初期化されません。
android

ビルドファイルに SDK を追加する

  1. プロジェクトレベルの build.gradle で、google-services のバージョンを 3.1.2 以降に更新し、Crashlytics のリポジトリと依存関係を追加します。
    buildscript {
        repositories {
            // ...
    
            // Add repository
            maven {
               url 'https://maven.fabric.io/public'
            }
        }
        dependencies {
            // ...
    
            // Check for v3.1.2 or higher
            classpath 'com.google.gms:google-services:4.1.0'
    
            // Add dependency
            classpath 'io.fabric.tools:gradle:1.25.4'
        }
    }
    
    allprojects { // ... repositories { // ... // Add repository maven { url 'https://maven.google.com/' } } }
  2. アプリケーション レベルの build.gradlefirebase-core を v11.4.2 以降にアップデートし、Crashlytics の依存関係を追加します。
    apply plugin: 'com.android.application'
    apply plugin: 'io.fabric'
    
    dependencies { // ... // Check for v11.4.2 or higher implementation 'com.google.firebase:firebase-core:16.0.4' // Add dependency implementation 'com.crashlytics.sdk.android:crashlytics:2.9.5' }

SDK をアプリに追加すると、Crashlytics が自動的にクラッシュ レポートをリッスンして収集するようになります。

次のステップ

  • 実装をテストする - 強制的にクラッシュさせて Firebase コンソールでクラッシュ レポートを生成することにより、Crashlytics の設定をテストします。

  • クラッシュ レポートをカスタマイズする - SDK を追加すると Crashlytics はすぐ自動的にクラッシュ レポートの収集を開始します。設定をカスタマイズして、オプトインのレポート、ログ、キーを追加したり、重大でないエラーを追跡したりすることもできます。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。