コンソールへ移動

Firebase Crashlytics を使ってみる

このクイックスタートでは、Firebase コンソールで包括的なクラッシュ レポートを表示できるよう、Firebase Crashlytics をセットアップする方法を説明します。

始める前に

Crashlytics を設定する前に、Firebase を使用するように iOS アプリを登録して構成する必要があります。

  • iOS アプリですでに Firebase を使用している場合、この登録と構成はすでに行われています。

  • iOS アプリがない場合は、サンプルアプリをダウンロードできます。

    Firebase を iOS アプリに追加するには、Firebase コンソールと開いている Xcode プロジェクトの両方でタスクを行う必要があります(コンソールから Firebase 構成ファイルをダウンロードし、それを Xcode プロジェクトに移動するなど)。

ステップ 1: Firebase コンソールで Crashlytics を設定する

  1. Firebase コンソールの左側のナビゲーション パネルにある [Crashlytics] をクリックします。

  2. Firebase プロジェクトに複数のアプリが登録されている場合は、コンソールの上部バーにある [Crashlytics] の横にあるプルダウンから追加したアプリを選択します。

  3. [Crashlytics を設定] をクリックします。

  4. [このアプリでは Crashlytics を初めて使用します(SDK のいずれのバージョンもインストールされていません)] を選択します。

ステップ 2: Crashlytics SDK を追加する

まず始めに、Crashlytics SDK フレームワーク ファイルをプロジェクトの Xcode ワークスペースに追加します。ほとんどのプロジェクトでは、Crashlytics CocoaPods を追加するのが最も簡単な方法です。ただし、プロジェクトが CocoaPods をサポートできない場合は、ファイルを手動で追加することもできます。

ステップ 3: Crashlytics を初期化する

追加したフレームワークには、Crashlytics を初期化する実行スクリプトが含まれています。それをプロジェクトのビルドフェーズに追加します。

  1. Xcode でプロジェクトを開き、ナビゲータでプロジェクト ファイルを選択します。

  2. [Select a project or target] プルダウンでメインのビルド ターゲットを選択します。

  3. ターゲットの [Build Phases] タブを開きます。

  4. [+ Add a new build phase] をクリックし、[New Run Script Phase] を選択します。

  5. [Type a script] テキスト ボックスに次の行を追加します。

    CocoaPods インストール
    "${PODS_ROOT}/Fabric/run"
    手動インストール
    "${PROJECT_DIR}/Fabric.framework/run"

  6. Xcode 10 のみ: アプリがビルドされた Info.plist の場所をビルドフェーズの [Input Files] フィールドに追加します。

    $(SRCROOT)/$(BUILT_PRODUCTS_DIR)/$(INFOPLIST_PATH)

    SDK をアプリに追加すると、Crashlytics が自動的にクラッシュ レポートをリッスンして収集するようになります。

ステップ 4: プロジェクトをビルドまたは実行する

アプリを実行して、Firebase の統合に成功したという確認を Firebase に送信します。

デバイスログには、初期化が完了したという Firebase の確認が表示されます。

動画チュートリアルを視聴する

Crashlytics を使用する際の詳しいガイダンスについては、以下の動画チュートリアルをご覧ください。

Firebase の YouTube チャンネルにはさらに多くの動画があります。

次のステップ

  • 実装をテストする - 強制的にクラッシュさせて Firebase コンソールでクラッシュ レポートを生成することにより、Crashlytics の設定をテストします。

  • クラッシュ レポートをカスタマイズする - SDK を追加すると Crashlytics はすぐ自動的にクラッシュ レポートの収集を開始します。設定をカスタマイズして、オプトインのレポート、ログ、キーを追加したり、重大でないエラーを追跡したりすることもできます。