Catch up on everything we announced at this year's Firebase Summit. Learn more

Android NDK クラッシュ レポートを取得する

Android アプリにネイティブ ライブラリが含まれている場合は、アプリのビルド構成を少し変更するだけで、Firebase Crashlytics でネイティブ コードの完全なスタック トレースを行い、詳細なクラッシュ レポートを作成できます。

このガイドでは、NDK 用の Firebase Crashlytics SDK を使用してクラッシュ レポートを構成する方法について説明します。

Unity プロジェクトで Crashlytics の使用を開始する方法については、Unity 向けのスタートガイドをご覧ください。

始める前に

  1. まだ Firebase を Android プロジェクトに追加していない場合は追加します。Android アプリをお持ちでない場合は、サンプルアプリをダウンロードできます。

  2. 推奨: クラッシュに遭遇していないユーザー数の表示、パンくずリストのログ、ベロシティ アラートなどの機能を利用するには、Firebase プロジェクトで Google アナリティクスを有効にする必要があります。

    • 既存の Firebase プロジェクトで Google アナリティクスが有効になっていない場合は、Firebase コンソールで、 > [プロジェクトの設定][統合] タブで Google アナリティクスを有効にします。

    • 新しい Firebase プロジェクトを作成する場合は、プロジェクトの作成ワークフローで Google アナリティクスを有効にします。

ステップ 1: Firebase コンソールで Crashlytics を有効にする

  1. Firebase コンソールの Crashlytics ダッシュボードに移動します。

  2. ページの上部にある [Crashlytics] の横にあるプルダウンで目的のアプリが選択されていることを確認します。

  3. [Crashlytics を有効にする] をクリックします。

ステップ 2: NDK 用の Firebase Crashlytics SDK をアプリに追加する

Firebase Android BoM を使用して、モジュール(アプリレベル)の Gradle ファイル(通常は app/build.gradle)で Crashlytics NDK Android ライブラリの依存関係を宣言します。

Crashlytics でのエクスペリエンスを最適化するために、Firebase プロジェクトで Google アナリティクスを有効にして、Google アナリティクス用の Firebase SDK をアプリに追加することをおすすめします。

Java

dependencies {
    // Import the BoM for the Firebase platform
    implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:29.0.0')

    // Declare the dependencies for the Crashlytics NDK and Analytics libraries
    // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
    implementation 'com.google.firebase:firebase-crashlytics-ndk'
    implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics'
}

Firebase Android BoM を使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

(別の方法)BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を宣言する

Firebase BoM を使用しない場合は、依存関係の行でそれぞれの Firebase ライブラリのバージョンを指定する必要があります。

アプリで複数の Firebase ライブラリを使用する場合は、すべてのバージョンの互換性を確保するため、BoM を使用してライブラリのバージョンを管理することを強くおすすめします。

dependencies {
    // Declare the dependencies for the Crashlytics NDK and Analytics libraries
    // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
    implementation 'com.google.firebase:firebase-crashlytics-ndk:18.2.4'
    implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics:20.0.0'
}

Kotlin+KTX

dependencies {
    // Import the BoM for the Firebase platform
    implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:29.0.0')

    // Declare the dependencies for the Crashlytics NDK and Analytics libraries
    // When using the BoM, you don't specify versions in Firebase library dependencies
    implementation 'com.google.firebase:firebase-crashlytics-ndk'
    implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics-ktx'
}

Firebase Android BoM を使用すると、アプリは常に互換性のあるバージョンの Firebase Android ライブラリを使用します。

(別の方法)BoM を使用せずに Firebase ライブラリの依存関係を宣言する

Firebase BoM を使用しない場合は、依存関係の行でそれぞれの Firebase ライブラリのバージョンを指定する必要があります。

アプリで複数の Firebase ライブラリを使用する場合は、すべてのバージョンの互換性を確保するため、BoM を使用してライブラリのバージョンを管理することを強くおすすめします。

dependencies {
    // Declare the dependencies for the Crashlytics NDK and Analytics libraries
    // When NOT using the BoM, you must specify versions in Firebase library dependencies
    implementation 'com.google.firebase:firebase-crashlytics-ndk:18.2.4'
    implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics-ktx:20.0.0'
}

ステップ 3: アプリに Firebase Crashlytics プラグインを追加する

  1. プロジェクト レベルbuild.gradle ファイルで、buildscript の依存関係として Crashlytics Gradle プラグインを追加します。

    buildscript {
        repositories {
            // Check that you have Google's Maven repository (if not, add it).
            google()
        }
    
        dependencies {
            // ...
    
            // Check that you have the Google services Gradle plugin v4.3.2 or later
            // (if not, add it).
            classpath 'com.google.gms:google-services:4.3.10'
    
            // Add the Crashlytics Gradle plugin
            classpath 'com.google.firebase:firebase-crashlytics-gradle:2.8.0'
        }
    }
    
    allprojects {
        repositories {
            // Check that you have Google's Maven repository (if not, add it).
            google()
        }
    }
  2. アプリレベルbuild.gradle ファイルで、Crashlytics Gradle プラグインを適用します。

    apply plugin: 'com.android.application'
    apply plugin: 'com.google.gms.google-services' // Google services Gradle plugin
    
    // Apply the Crashlytics Gradle plugin
    apply plugin: 'com.google.firebase.crashlytics'
    

ステップ 4: ビルドに firebaseCrashlytics 拡張機能を追加する

モジュール(アプリレベル)の Gradle ファイル(通常は app/build.gradle)に、firebaseCrashlytics 拡張機能を追加します。

Java

// ...

android {
  // ...
  buildTypes {
      release {
          // Add this extension
          firebaseCrashlytics {
              // Enable processing and uploading of native symbols to Firebase servers.
              // By default, this is disabled to improve build speeds.
              // This flag must be enabled to see properly-symbolicated native
              // stack traces in the Crashlytics dashboard.
              nativeSymbolUploadEnabled true
          }
      }
  }
}

Kotlin+KTX

// ...

android {
  // ...
  buildTypes {
      release {
          // Add this extension
          firebaseCrashlytics {
              // Enable processing and uploading of native symbols to Firebase servers.
              // By default, this is disabled to improve build speeds.
              // This flag must be enabled to see properly-symbolicated native
              // stack traces in the Crashlytics dashboard.
              nativeSymbolUploadEnabled true
          }
      }
  }
}

targetSdkLevel 30 以上で必須: AndroidManifest.xml に次の行を追加して、アプリのポインタのタグ付け機能を無効にする必要があります。

<application android:allowNativeHeapPointerTagging="false">
...
</application>

詳しくは、タグ付きポインタに関するデベロッパー サポートをご覧ください。

ステップ 5: ネイティブ シンボルの自動アップロードを設定する

NDK のクラッシュから読み取り可能なスタック トレースを生成するには、ネイティブ バイナリ内のシンボルを Crashlytics に知らせる必要があります。Crashlytics Gradle プラグインには、このプロセスを自動化する uploadCrashlyticsSymbolFileBUILD_VARIANT タスクが含まれています。

  1. 自動シンボル アップロードのタスクにアクセスするには、モジュール(アプリレベル)の Gradle ファイルで nativeSymbolUploadEnabledtrue に設定されていることを確認してください。

  2. スタック トレースにメソッド名を含めるには、NDK ライブラリをビルドするたびに uploadCrashlyticsSymbolFileBUILD_VARIANT タスクを明示的に呼び出す必要があります。次に例を示します。

    >./gradlew app:assembleBUILD_VARIANT\
               app:uploadCrashlyticsSymbolFileBUILD_VARIANT
    
  3. NDK 用の Crashlytics SDK と Crashlytics Gradle プラグインは両方とも、ネイティブ共有オブジェクト内の GNU ビルド ID の存在に依存しています。

    この ID の存在を確認するには、各バイナリに対して readelf -n を実行します。このビルド ID が存在しない場合は、ビルドシステムのフラグに -Wl,--build-id を追加することで問題を解決できます。

ステップ 6: 強制的にテスト クラッシュを発生させて設定を完了する

Crashlytics の設定を完了し、Firebase コンソールの Crashlytics ダッシュボードで最初のデータを確認するには、強制的にテスト クラッシュを発生させる必要があります。

  1. 強制的にテスト クラッシュを発生させるためのコードをアプリに追加します。

    アプリの MainActivity で次のコードを使用するとアプリにボタンが追加され、このボタンを押すとクラッシュを発生させることができます。ボタンには「Test Crash」というラベルが付いています。

    Java

    Button crashButton = new Button(this);
    crashButton.setText("Test Crash");
    crashButton.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
       public void onClick(View view) {
           throw new RuntimeException("Test Crash"); // Force a crash
       }
    });
    
    addContentView(crashButton, new ViewGroup.LayoutParams(
           ViewGroup.LayoutParams.MATCH_PARENT,
           ViewGroup.LayoutParams.WRAP_CONTENT));
    

    Kotlin+KTX

    val crashButton = Button(this)
    crashButton.text = "Test Crash"
    crashButton.setOnClickListener {
       throw RuntimeException("Test Crash") // Force a crash
    }
    
    addContentView(crashButton, ViewGroup.LayoutParams(
           ViewGroup.LayoutParams.MATCH_PARENT,
           ViewGroup.LayoutParams.WRAP_CONTENT))
    
  2. アプリをビルドして実行します。

  3. アプリの最初のクラッシュ レポートを送信するために、強制的にテスト クラッシュを発生させます。

    1. テスト用のデバイスまたはエミュレータからアプリを開きます。

    2. アプリ内で、上述のコードを使用して追加した [Test Crash] ボタンを押します。

    3. アプリがクラッシュしたら再起動します。これにより、Firebase にクラッシュ レポートが送信されます。

  4. Firebase コンソールの Crashlytics ダッシュボードに移動して、テスト クラッシュを確認します。

    コンソールを更新し、5 分経過してもテスト クラッシュが表示されない場合は、デバッグ ロギングを有効にして、アプリがクラッシュ レポートを送信しているかどうかを確認してください。


これで完了です。これで Crashlytics がアプリのクラッシュをモニタリングするようになったため、Crashlytics ダッシュボードでクラッシュ レポートと統計情報を確認、調査できます。



シンボルをアップロードするための代替オプション

このページの前述のメイン ワークフローは、標準の Gradle ビルドに適用できます。ただし、アプリによっては、別の構成やツール(Gradle 以外のビルドプロセスなど)を使用する場合があります。そのような場合は、以下のオプションを使用してシンボルをアップロードできる可能性があります。

オプション: ライブラリ モジュールと外部依存関係のシンボルをアップロードする

このオプションは次のような場合に役立ちます。

  • カスタマイズした NDK ビルドプロセスを Gradle 内で使用する場合
  • ネイティブ ライブラリがライブラリ / 機能モジュール内でビルドされている場合、またはサードパーティによって提供されている場合
  • 自動シンボル アップロード タスクが失敗する場合、またはシンボリケートされていないクラッシュがダッシュボードに表示される場合

オプション: Gradle 以外のビルドのシンボル、またはストリップされておらずアクセスできないネイティブ ライブラリのシンボルをアップロードする

このオプションは次のような場合に役立ちます。

  • Gradle 以外のビルドプロセスを使用する場合

  • ストリップされていないネイティブ ライブラリが提供されていて、Gradle ビルド中にアクセスできない場合



トラブルシューティング

Firebase コンソールのスタック トレースと logcat のスタック トレースが一致しない場合は、トラブルシューティング ガイドをご覧ください。

次のステップ